1. HOME
  2. ブログ
  3. 9/20(月祝)の「製作・巧緻性講座」は、これまでで1番、手を動かした、といえるような時間にしましょう。

9/20(月祝)の「製作・巧緻性講座」は、これまでで1番、手を動かした、といえるような時間にしましょう。

都内の国立小受験の本番まで、まだ2ヶ月以上もあります。

 

9月も後半に入り、

国立小受験の本番までを考えても、残すところ2〜3ヶ月となってきています。

 

 

そのように考えると、

本番まで「あと2ヶ月(3ヶ月)しかない」と感じるかもしれませんが、

 

裏を返せば、

本番まで「まだ2ヶ月(3ヶ月)もある」とも言えます。

 

試験本番まで、夏休みが、あと2回分もあるのです。

 

 

ここからも、まだまだ、新しい「できる」「わかる」が増えていきます。

 

そのためにも、日々の、細かな積み重ねが大切です。

 

毎日、無理なく、着実に、

お勉強を継続していきましょう。

 

 

製作課題の練習は、まだまだ「工程練習」を中心に

 

ご自宅での製作練習ですが、

「指示製作」一色にする頃かというと、決して、そんなことはありません。

 

9月の後半でも、

まだまだ、基本の「ちぎる」「むすぶ」「折る」などの作業を反復・継続していくことが大切です。

 

 

以前と比べて、

「ちぎる」スピードも早くなってきている。

・着実に、ていねいさも向上している。

「かたむすび」「ちょうむすび」ができるようになった。

 

日々、製作練習に取り組んでいるお子さまだと、

そんな変化や成長を実感していることでしょう。

 

ですが、

「今が完成形」というお子さまは、それほど多くないはずです。

 

逆に言えば、

練習の継続をすることで、

これらの作業のスピードや正確さは、まだまだ伸びていきます

 

 

「もう十分オッケー」というお子さまの場合も、

それが、工程の大量活動をやめて良い理由にはなりません。

 

今の「できる」をキープしていくためにも、

こまめに、練習が大切になってきます。

 

 

1日、ほんの少しずつでも良いです。

 

少しずつの積み重ねが、手先の巧緻性を高め、製作課題の精度を高めます。

 

 

9/20(月祝)の「製作・巧緻性講座」も、まだまだ大量活動を行います。

 

来週の月曜日に控えた「製作・巧緻性講座」でも、

 

「ちぎる」と「むすぶ」を、たくさん、たくさん取り組みます。

 

「できる」ことがゴールではありません。

素早く、丁寧に、できる!を目指して取り組みます。

 

 

また、巧緻性の課題として、

「クリップ」と「輪ゴム」を使った活動

「お箸」を使ったつかみとりにも取り組みます。

 

 

これまでの練習でつちかった「できる!」をお教室でも実践するチャンスです。

 

また、慣れない作業についても体験をすることで、次の「できる」の足がかりを作りましょう。

 

 

講座の最後には、「指示製作」の時間も設けています。

 

こちらは、

「説明を注意して見て聞いて、工程を記憶すること」

「指示された工程通りに、正確に、素早く作品を作り完成を目指すこと」

を目指します。

 

 

たくさん、手を動かして、手を動かして、手を動かす。

 

そんな90分を、楽しみにしていてください。

 

 


開講中のレギュラークラスについて

 

国立小受験を目指す年長さん・年中さん向けの定期教室の詳細は→→こちらから。

 

国立小受験 専門 定期教室 体験レッスン受付中
対象:年長
料金:3,000円
特典:図形センスを磨く「パズル」をプレゼントします!

 

体験レッスンの申込は

年長さんの皆様は、こちらです。←←

年中さんの皆様は、こちらです。←←

 


提携教室

 

2歳から始める幼児教育

CROIRE(クロワール)幼児教室

ホームページは、→→→こちらをご覧ください(外部ページにリンクします)

CROIRE(クロワール)幼児教室のブログは、→→→こちらです(外部ページにリンクします)

 

 

関連記事

最近の記事