1. HOME
  2. ブログ
  3. 日常の中で、自己を探究することは、まさに「メタ認知」のひとつでもあります。

日常の中で、自己を探究することは、まさに「メタ認知」のひとつでもあります。

今週末は、お教室はお休みの週です。

 

1月最後の週末、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

外は、まだまだ寒いですが、

空気の中には、だんだんと「春」の空気がまざってきているように感じます。

 

 

小学校受験における季節は

12月・1月・2月が「冬」ということになっていますが、

 

本当は、

冬の中に、うっすら春が重なっていく、というのが、実際の季節の移り変わりというものなのでしょう。

 

皆様の中にも、

「もうすぐ春だなあ」と感じている方がいらっしゃるかもしれませんね。

 

 

ところで、感じている、この「春」のおとずれの気配は、

気温的なものによるものなのか、

・だんだんと高く昇るようになっている太陽の光によるものなのか、

あるいは、

なんらかの「匂い」によるものなのか、

 

いったい、何が「春」を感じさせているのだろうか、と不思議になります。

 

 

そして、

この「感じた春の気配」について、

「何を知覚したことから、そう感じたのか」を探って、

その感覚の「原因」を認識することこそ、

 

いわゆる「メタ認知」のひとつではないか、などと感じています。

 

 

「メタ認知」とは?

 

「メタ認知スキル」というと、

お茶の水女子大学附属小学校の研究テーマとなっている

自ら学びを構想し,主体的に学ぶ新領域「てつがく創造活動」を中核に据え、メタ認知スキルや社会情意的スキルを育成する教育課程の開発

という話題が思い浮かぶ方もいらっしゃるかもしれません。

(参考:お茶の水女子大学附属小学校「学校紹介」スライド)

 

 

主体的な学びを支える上での「メタ認知スキル」については、

お茶の水小の「学びをあむ」についての説明の中で、以下のようにまとめられています。

 

メタ認知スキル(meta-cognitive skills)

メタ認知とは,一般的には,認知についての認知,すなわち,自分や自分たちの行う認知活動を意識化して,一段上からとらえることと言われている。本校では,主体的に探究していく過程において,自分(自分たち)の考えや行為を立ち止まって省察し,調整する資質・能力と定義している。

 

 

この「メタ認知スキル」というのは、

どうやら、単なる「学び方」の範疇を超えて、「生き方」にまでつながるスキルでもあるようです。

 

 

日常生活における「メタ認知」とは

 

例えば、

「わが子が言うことを聞かず、『つい』声を荒げてしまった。」

ということがあったとします。

 

「つい」とあるくらいですから、

これは、目の前の状況に対して、自分の感情をコントロールできなかったことによるものでしょう。

 

このように、わが子に怒りの感情をぶつけてしまった時に、

「ああ、なんて自分はダメな親なんだろう」

と嘆くことには、あまり意味がありません。

(むしろ、自分やわが子に「ダメ」のレッテルを貼ること自体、あまり好ましいことではないようにも思います。)

 

そうではなく、

「なぜ、ここで怒りの感情を抑えられなかったのか」

について考えることが大切です。

 

 

怒りの感情は2次感情ですから、

その原因は、手前にあります。

 

例えば、

「出発の時刻まで時間が迫っていて焦っていた」とか、

「他の悩み事で頭がいっぱいだった」とか、

あるいは「自分が寝不足で疲れていた」とか。

 

その上で、「わが子が言うことを聞かない」ことが、

「焦り」や「不安」や「疲労」の限界を超えるきっかけとなり、

「怒り」の感情に繋がっていた、ということになっていることが考えられます。

 

 

 

このことを認識し、理解することができれば、

 

コントロールできない「怒り」の感情が出る前に、

「あ、今、自分は焦っているな」とか、

「イライラが溜まっているな」といった、

自分の感情について知覚をすることが、できるようになります。

 

その上で、

「じゃあ、どうしたら焦らないで済むかな」とか

「ここは重要じゃないから後にしておこう」とか

「イライラしがちだから、無理をしないように気をつけよう」とか

「疲れてるから、いっそのこと早く寝よう」などといったふうに、

自分の思考や感情をコントロールできるような対策を講じることも、できるでしょう。

 

こういった一連の思考・行動の流れこそ、まさに

「自分の考えや行為を立ち止まって省察し,調整する」

ということに他ならないのではないでしょうか。

 

 

つまり、ご家庭の中でも(もちろん、学校や職場においても)、メタ認知スキルを活用できる機会はたくさんありうる、ということです。

 

 

日常的に、「自らの知覚」を知覚していく習慣が果たす役割。

 

日常から、自分の興味・関心や、思考・感情について意識を向けることが習慣づいていたら、

それは、「学ぶ力」だけではなく、

「生きる力」にもつながっていきそうな気がします。

 

 

「メタ認知」という言葉自体は、あまり耳慣れない言葉かもしれませんが、

似たようなことについては、古くから言及されており、決して新しい概念でもありません。

 

例えば、室町時代、「能」を大成した世阿弥は、優れた演者となるための教えとして「離見の見(りけんのけん)」を説きました。

(「演者は、舞台に立っている自分を、観客の視点から見るように捉えることが大切である」という教えです。)

 

「自分自身を客観視する」という点で、これもまさしくメタ認知的な思考活動でしょう。

 

また、「岡目八目」(囲碁を打っている本人よりも、横で見ていたほうが8目も先まで手を読むことができる、という意味)という四字熟語にもあるとおり、

人は、主観的に物事を捉えるよりも、客観的に物事を捉えるほうが、冷静な認識・判断がくだせるものです。

 

 

つまり、小学校受験に向けたご家庭での学びを企画する際にとどまらず、

より良い日々を過ごす上でも、

「自分を客観視する」視点を持つこと、

言い換えれば、「自分を研究材料と捉えて「自己探究」をする」ということは、

大切な視点であるのではないでしょうか。

 

(ただし、「自己探究」が目的となってしまう場合には注意も必要です。

大切なのは、自己の思考や感情を理解した上で、それをどう日常に役立てていくか、だからです。

日々の生活を「自分探しの旅」にするのではなく、新しい「自己発見」は、何かを目指す上での「副産物」と考えるのがちょうど良いバランスではないかと思います。)

 

 

ぜひ、日常の中の「学び」や「生活」のなかで、

自分の思考や感情にも目を向けてみてください。

 

日々の生活や学びが、より有意義で、充実するものになるかもしれません。

 


開講中のレギュラークラスについて

 

新年長さん向けの定期教室の詳細は→→こちらから。

 

国立小受験 専門 定期教室 体験レッスン受付中
対象:新年長
料金:3,000円
特典:図形センスを磨く「パズル」をプレゼントします!

 

体験レッスンの申し込みは、こちらです。←←

 


提携教室

 

2歳から始める幼児教育

CROIRE(クロワール)幼児教室

ホームページは、→→→こちらをご覧ください(外部ページにリンクします)

CROIRE(クロワール)幼児教室のブログは、→→→こちらです(外部ページにリンクします)

 

関連記事

最近の記事