ブログ

お父さんは、お家で何をしていますか?

秋も、少しずつ深まってくる季節ですが、都内は相変わらず暑さが残る日が続いています。

 

この時期は、運動会や、発表会など、行事がひかえているところも、たくさんあるかと思います。

 

「受験が迫ってくるこの時期に」と、思うかもしれません。

ですが、心配はご無用です。

 

ご自宅やお教室での学習にも増して、

お子さまたちは、園の行事に向けた取り組みでも、多くのことを学び、体験していっているはずです。

 

むしろ、国立小学校では、保護者の方がサポートする行事が、たくさん存在します。

 

「わが子のそばで、イベントを一緒に楽しめることは、とても貴重だ」と感じるようなお母さま・お父さまにとっては、

国立小学校での行事や学びの数々は、この上なく魅力的に映ることでしょう。

 

 

今年の行事は、1度だけ。

ぜひ、受験の前の行事に向けた日々も、存分に味わいながら、過ごしていってください

 

 

 

さて、本日は、

先日の年長さんの授業の際にあった会話について、ご紹介します。

 

その授業では、「動き言葉」を使った、発表の課題に取り組みました。

 

様々な動きをしている「お父さん」の絵をみて、

「お父さんは、何をしていますか?」の質問に、答えてもらいました。

 

お約束は、

「お父さんは、〜〜〜ます。」

の言い方で答えること。

(普段の話し言葉の中では、「歯磨きしてる!」かもしれませんが、今回は、それでは「お約束を思い出してくださいね」となります。)

 

こうすることで、「お父さんは」という「主語」の存在や、

「です」「ます」を使った丁寧な表現を、意識して使えるようになります。

 

先ほどの例で言えば、

「お父さんは、歯磨きをしています。」

であれば正解です。

 

他にも、

「お父さんは、歯を磨いています。」

という言い回しもあって、どちらも正解です。

 

こうして、

「説明のしかたは、ひとつだけではないんだな」

といったことも、勉強になります。

 

 

ひと通りの、「お父さんクイズ」が終わったので、

お子さまたちに、ついでに質問をしてみました。

 

「お休みの日に、お父さんは何をしていますか?」

 

 

これは、過去、実際に国立小の個別課題で聞かれた質問です。

(その時は、いろいろなお父さんの様子の絵を見せて、その中から選んでもらう課題でした。)

 

普段のお父さま、お母さまの様子については、

試験当日だけで、なかなか取りつくろえるものではありません。

そういった意図もあり、このような質問がなされたものかと考えられます。

 

 

お休みの日のお父さまの様子を聞く。

 

こうした質問で、ご家庭の様子が、具体的に見えてくるものです。

世のお父さまがたにとっては、なんとも酷な質問ですが。

 

 

ちなみに、

授業の際に出てきた答えをいくつかご紹介すると、

 

「自分のお部屋に隠れて、ゲームをしている!」

「ソファに寝転がって、くつろいでいます。」

「お部屋でお仕事をしています。」

「タバコを吸っています。」

「おもちゃを買ってくれます。」

 

などといった答えが、返ってきました。

 

 

内容の良し悪しを判断することは置いておいて、

これらは、けっして、お父さまの全てではない、はずです。

 

ただ、子どもたちが、「休日のお父さま」を思い出すときに、

パッと浮かぶイメージがどのようなものか、を考えると、

お子さまと一緒に過ごせる時こそ、心に残る時間を、一緒に過ごしていくことも、大切なのかもな、と感じました。

 

それは、なにも「受験のため」というのではなく、

お子さまが将来、自らの幼少期を振り返ったときに、

両親との関わりを、どのように思い出すか、にも、関わってくるのではないかと思います。

 

ちなみに、私個人の記憶の中では、幼少期の父の姿は、

・車を運転している

・一緒にお絵かきをしている

・公園でビデオを撮っている

というのがトップ3でした。

皆様が子どもだった時の、お父さま・お母さまとの記憶は、

どのようなものでしょうか。

ご自身のどのような記憶を、わが子との間にも引き継ぎたいでしょうか。

 

少しの間、考えていただけたらと思います。

 

 

そして、授業の様子について、

最後にひとつだけつけ加えたいのが、

休日のお父さんの姿を「暴露」してくれるお子さまたちの表情は、

みな、とても生き生きと輝いていた、ということです。

 

あるお子さまは、

「お父さんは、お休みの日はソファで居眠りをしています。…誰も座れなくて、困ってるの。」

と言いながらも、

そんなことをお話することを、どこか楽しんでいるようにも感じました。

 

ひょっとしたら、その子は、

お休みの日に、お父さんがソファを「占拠」していることには、本当に困っているのかもしれませんが、

それでも、「そこにお父さんがいる」ということは、どこかで嬉しく思っていたり、するのかもしれません。

 

子どもたちにとって、

お父さん、お母さんのことが大好きなのは、変わらないのかな、などとも感じた授業でした。

 

 

お休みの日は、

ゆっくり休むことも、とても大切ですが、

たまには、お子さまと、

お勉強をするだけではなく、思いっきり、遊んでみてください。

 

それはそれで、ひとつの「休息」にも、つながるかもしれません。

関連記事

  1. 小学校受験に向けたご家庭での習慣づくり③
  2. 今週末が、今年度の定期教室の「まとめの学習」です。
  3. 国立小受験の「制作」「運動」「行動観察」課題のための単発講座を準…
  4. お教室が目指す「あり方」そして私の「ねがい」
  5. 明日は、筑波小の一次選考です。
  6. 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する教室対応につ…
  7. 国立小受験のペーパー対策、ご家庭でどのように取り組めば良いか。
  8. ラストスパート。「受験のため」を超えた受験対策を進めましょう。

新着記事

PAGE TOP