ブログ

効果的な声かけの方法とは

本日から、三連休ですね。

 

まとまった休みが取れる時こそ、

どこかに遊びに出かけたり、

ご自宅で、ゆっくりお子さまと過ごしたり、

お子さまの、小さな挑戦を見守ったり、

いつもと、違うことを経験できる、良い機会かもしれません。

 

ぜひ、充実の三連休をお過ごしください。

 

 

さて、本日は、「効果的な声のかけ方」について、ご紹介したいと思います。

 

ものごとに取り組むときは、「意識」が通用な鍵をにぎる

 

これは、「お勉強」に限った話だけではありません。

何かをする際には、「意識」がその効果を左右します。

 

例えば、同じ「筋トレ」をするにしても、

「どこの筋肉を鍛えているのか」を意識しながら行うのと、

特に何も意識しないまま行うのとでは、

トレーニングの効果が違ってくるそうです。

 

車で旅行に行く際にも、

カーナビで行き先を入力したら、目的地付近にたどり着けるでしょうが、

何も考えずに車を走らせたら、あさっての方向に走り出してしまうかもしれません。

 

 

何かを行う際に、

意識のスクリーンに何を描くかが、大切になってきます。

それは、もちろん、お子さまを導いたり、サポートする上でも重要なことです。

 

 

お子さまに、どのような「意識」を抱かせるか、を考えたときに、

重要な法則があります。

 

それは、

「脳は、否定形を認識しない。」

ということです。

 

 

「失敗しないように」と考えすぎて、結局、うまくいかなかったというご経験は、ないでしょうか。

 

 

例えば、3つのコップに水を入れて、「同じ量にする」という等分の課題に取り組む場合を、考えてみましょう。

 

この時に、

「コップに、こぼさないように水を入れてね。」

とアドバイスをしたとします。

 

「こぼさない」という指示を聞いた場合、

意識の中に「水をこぼす」というイメージが浮かんでしまいます。

そのイメージを、強く打ち消そうとしても、心の中に浮かんだ「こぼす」イメージは、より強くイメージされてしまいます

 

結果的に、「こぼさないように」と言われたにも関わらず、水をこぼしてしまった。

というような結果に、なってしまうことは、よくあることです。

 

 

「〜しない」という言葉を言い換える。

 

お子さまに指示を出したり、アドバイスをする時に、

「〜しない」という言い方ではなく、描いてほしいイメージを、言葉にして伝えるようにすると、良い結果に繋がりやすいです。

 

例えば先ほどの例でいうと、

「お水をこぼさないように入れてね。」の代わりに、

「お水を上手に入れてね。」とするのです。

 

このように心がけるだけで、

物事が、より効果的に伝わっていくことを、実感できるかもしれません。

 

私自身、教室でお子さまにアドバイスをする際や、授業説明の際も、

なるべく、「何を意識してほしいか」を具体的にイメージしていただけるような、伝え方を心がけています。

 

 

もちろん、心がけている、なので、「全てを肯定的な表現にしなければならない」というわけではありません。

あくまでも、伝え方のひとつのコツとして、

ふっと、思いついた時に、実践してみていただけたらと、思います。

関連記事

  1. 春期講習「金生先生の行動観察講座」の内容について
  2. 激動の2019年度末に思うこと。
  3. 元日から、「今年の年末」を望む。
  4. 10年後の学力について考える。
  5. 明日は、国立小受験 専門 定期教室のフル・オンラインVer.です…
  6. お子さまの成長は「相対評価」でも「絶対評価」でもなく、「当社比」…
  7. ご自宅でも取り組める「しりとり」の基本から応用まで
  8. 小学校受験の「聞き取り」の力を高めるのは、日々の工夫した学習の「…

新着記事

PAGE TOP