ブログ

お勉強で「うまくできない」を経験したときは、

明日1/22(金)の10:00から、行動観察講座のお申し込みスタートです。

 

2/14(日)に開催予定の、金生先生の行動観察講座、

 

お申し込みスタートは、1/22(金)10:00からです。

 

専用のお申し込みページは、→→→こちらです。←←←

 

前回同様、9:00〜と11:00〜の、2クラスの開講をいたします。

お申し込みの際は、参加を希望する時間帯のほか、必要事項を入力の上、お申し込みください。

(各回の講座の内容は、同じ内容です。)

 

 

皆様からのお申し込みを、お待ちしています。

 

 

「初めての課題や質問」に戸惑ってしまう。そんな時。

 

ご自宅で、お勉強をしている時でも、

あるいは、お教室でお勉強をしている時でも、

 

「初めて」取り組む問題に、

「どうしたらいいか分からない」と戸惑ってしまうことも、あるかもしれません。

 

 

そして、

「思い通りにいかない」「うまくできない」という経験をすると、

気持ちが落ち着かなくなるかもしれません。

 

それが、緊張感のあるお教室であれば、

なおのこと、心は動揺するかもしれません。

 

 

でも、大丈夫です。

 

そうした「うまくいかない経験」こそが、

 

有益な「学び」につながっています。

 

 

最初から「完璧」にできる人なんて、きっといないはずです。

 

成長する過程で、

「うまくできなかった」経験を、すっかり忘れてしまうくらいの

たくさんの「できた」で上書きした人が、

「なんでもできる」ように見えるだけに過ぎません。

 

 

つまり、お勉強を進めるということは、

よりたくさんの「初めて」に出会っていく、ということで、

むしろ、よりたくさんの「うまくいかない」を経験していくことだ、とも言えるかもしれません。

 

 

「思い通りに、うまくできなかった。」

 

そんな経験をしたときは、

 

本当は、

 

「よしっ!またひとつ勉強になったぞ。」

と、心の中で小さくガッツポーズをする時なのかもしれません。

 

 

ご自宅で、

あるいはお教室で、

お勉強をするとき、

 

「わからない」「できない」ことは、ストレスに感じうることなのは、確かでしょうが、

 

同時に、そんな「分からない」瞬間を「面白い」と思えるようになったら、

どんどんと、勉強が積み上がっていくようになることでしょう。

 

 

私たち大人が、

学びはじめの子どもたちと、最初に分かち合っていくことは、

 

「うまくいかない」こととの、上手な付き合いかた、

なのかもしれません。

 

 

「できたね!」

「すごいね!」

だけではない喜びも、

 

学びを通して、体験していきましょう。

 

 

「上手にやる」だけではなく、

「まっすぐ取り組む」ということの大切さを、

 

お教室でも、お伝えしていきたいと、思っています。

 

 

それが、

小学生になった後においても、

大切なことだと、思うからです。

 

 

 

ぜひ、ご家庭でも、

 

「うまくいかない」時こそ、

 

楽しみながら取り組む、ということを

心の片隅に、意識してお勉強を進めてみてください。

 

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

お申し込み受付準備中の講座

 

金生先生の行動観察講座

 

日時:2021年2月14日(日) ①9:00〜10:30 ②11:00〜12:30

   ※①②ともに、同じ内容の講座です。

会場:四ツ谷

受講料:10,000円(税込)

講師:金生先生

 

お申し込みは、

1月22日(金)10:00からです。

専用のお申し込みページに、必要事項を入力の上、お申し込みください。

 

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

 

新年長(年中さん)向けの定期教室の詳細はこちらから。

体験レッスン受付中
対象:新年長(年中)
料金:3,000円
特典:図形センスを磨く「紙パズル」をプレゼントします!

 

体験レッスンの申込は
こちらです。←←

関連記事

  1. 週末のお教室も「限定感」のある時間をご一緒しましょう。
  2. 2019年の都内国立小受験も終了です。
  3. お勉強の継続で、着実に力がついてきています。
  4. 昨日、定期教室にご参加予定だった皆様へ
  5. 形の学習は、実際に手を動かして、そして、言葉を使って説明もしなが…
  6. 大泉小・小金井小の調査当日に「身に付けるもの」に慣れておく。
  7. 冬休み期間に、意識すると良いこと。
  8. 受験直前期であっても、大切なのは、「基礎」「基礎」「基本」「基礎…

新着記事

PAGE TOP