「坂東先生の運動講座」のご案内

国立小受験で出題される運動課題をやり抜くために必要な「基礎体力」を身につけるために、「運動」に特化して、しっかりと身体を動かす60分の講座です。

「運動講座」への申込はこちらから
6月23日 10時受付開始

対象 年長さん(2015.4.2~2016.4.1生れ対象)
日時

6/20(日) 8/22(日) 9/19(日) 10/17(日)  

①9:30~10:30 ②11:15~12:15

①と②は同じ内容

受講料(税込) 6,000円
講師 志道館 館長 坂東先生
会場

文武一道塾 志道館 四ツ谷本部道場
(〒160-0011 東京都新宿区若葉1-3-33)


志道館長 坂東先生について

志道館は、四ツ谷で人気の柔道教室です。
館長の坂東先生は、本格的に柔道に取り組まれきたアスリートでもありながら、
中高の保健体育の教員免許をお持ちの教育者でもあります。
(「志道館 館長の思い」については、こちらのリンクからぜひ、ご覧ください。)



「基礎体力」はなぜ必要なのでしょうか?

①国立小受験において出題される運動課題が「基礎体力」を要求するものだからです。

たとえば「くま歩き」
たとえば「ケンパー」
たとえば「模倣体操」

これらの運動が上手にできるために必要なのは、
卓越した運動センス、というよりは、
思い通りに身体を支え、動かす力、
特に体幹の筋力を中心とした基礎体力です。

②基礎的な体力は、「運動課題」だけのものではありません。

体幹を支える筋力は、
「運動課題」だけに必要なものではありません。
ペーパー課題や製作課題に取り組む際、
つまり、椅子に座っている状態で、姿勢を整える上でも、
「体幹の筋力」が必要です。

「基礎体力をつける」ということは、
小学校受験の運動課題のための力をつけるだけでもなければ、
小学校受験の姿勢を整えるための力を身につけること、だけでもなく、
小学生になった後に、着実に学習を積み重ねていくための
土台を身につけることにも、繋がっていると言えるでしょう。

「運動講座」への申込はこちらから

6月23日 10時受付開始