ブログ

2020年の「授業初め」でした。

本日は、国立小受験専門 定期教室の2020年の「授業初め」でした。

 

新年中クラス・新年長クラスとも、

体験参加のお子さまも含めて、全員参加で授業をすることができました。

 

お子さまたちと一緒に、楽しく、真剣に学ぶ時間を過ごし、

2020年、ようやくスタートをした実感です。

 

 

新年中クラスは、「図形の学習」をしました。

 

まる、さんかく、ましかく、ながしかく、ひしがた、

 

形の特徴をイメージしながら、その特徴を言葉で説明することは、

受験での口頭試問個別課題にも通じます。

 

ぜひ、身の回りにある様々な形を探したり

 

自分の手で、「まる」や「さんかく」を、書いてみてください。

 

 

新年長クラスは「数の構成」に取り組みました。

 

5は、「1と4」「2と3」に分けられます。

 

数をかぞえなくても、この組み合わせを理解できるようになると、

小学校受験の数の課題だけでなく、

小学校での、「足し算」「引き算」の理解や計算もスムーズにできるようになっていきます。

 

「5の構成」だけでなく、

「7」や「10」、あるいは他の数についても、

数がいくつといくつに分かれるかを、実際の物を使いながら確かめて理解をしていってみてください。

 

 

次回の定期教室は、2週間後の1月19日。

 

また、みなさまと一緒にお勉強できるのを、楽しみにしています。

 

 

年中さん・年少さん向けの定期教室の詳細はこちらから。

 
 
体験レッスン受付中
対象:年中・年少
料金:3,000円
特典:図形センスを磨く「紙パズル」をプレゼントします!
 
 

体験レッスンの申込は
こちらです。←←

 

関連記事

  1. 2020春の特別講習のお知らせ
  2. 「成長」は、子どもためだけのものではない。
  3. 筑波大学附属小学校 重点講座
  4. 1日のスタートに必ず取り入れたいもの
  5. ここで差がつく学習法②〜効果的な復習〜
  6. 「お手伝い」のススメ。〜お子さまの成長を加速させるために〜
  7. 知育におけるトランプゲームの有能性
  8. 第2回「国立小学校 合格勉強会」ご参加いただいたみなさま、本当に…

新着記事

PAGE TOP