ブログ

通う可能性があるすべての小学校を「第一志望」と考える。

今日は、幼稚園で年中さんクラスの授業でした。

 

久しぶりに、一緒にお勉強をしたお子さまが、

以前と比べても、明らかに、集中力と目つきが変わってきたな、と感じました。

 

長い期間、一緒にお勉強をしていく中で、

お子さまたちが確実に成長していくのを、感じられる瞬間は、

お教室で指導をさせていただくことの醍醐味のひとつです。

 

 

子どもたちの成長は、日進月歩ですが、

大切なのは、

「今日、できるまでやる」ことを目指さないことなのかな、と思っています。

 

お子さまによって、

「ここ!」という伸びるタイミングは、それぞれです。

 

授業そのものも、その日に完結することではなく、

「学ぶ時間そのものが楽しい」という状態を、いかに、継続していけるかが、

より、重要なポイントだと考えています。

 

 

ゴールは、小学校受験ではありません。

 

なぜなら、受験は、あくまでも通過点にすぎないからです。

 

受験を通して、

学びを積み重ね、理解を深めることの、「楽しさ」に気づくことが、

1番の価値となると、考えています。

 

そういった意味では、

「合否」というのも、

お勉強を楽しく積み上げた結果論として、ご縁があるかどうか、ということであり、

小学校受験の合否で、その後の人生の優劣が決まるようなものでは、決してありません。

 

 

小学校受験、とりわけ国立小受験においては、

「ご縁」の要素がかなり大きい部分もあります。

 

そういった点から考えると、

特定の小学校に思い入れを持ちすぎるがあまり、

他の小学校について、お子さまが否定的なイメージを持つようなメッセージを伝えることは、

避けた方が良い、ということになります。

 

1%でも、通う可能性がある小学校については、

すべて、第一志望であるような感覚で、捉えることが理想です。

 

その中から、

お子さまにとってピッタリの小学校に、必ずご縁があります。

 

今、取り組む学習については、

「〇〇小学校に合格するため」ではなく、

「素敵な小学生になるためのお勉強」である認識をすることで、

バランスの取れた、受験勉強ができるのではないでしょうか。

 

そして、その感覚で臨む、試験本番だからこそ、

気負いもなく、存分に自分の力を発揮することができる

最高の試験本番を、迎えられるのではないかと思います。

 

 

素敵な小学生になるために、どんな力が必要か。

 

そんなことも、考えてみながら、

日々の学習を、進めてみてください。

 

今年度の年長さんむけ

国立小学校受験「集中講習」は、残り、以下の2講座を予定しています。


今までの学習の総仕上げをしたい方、苦手分野を克服したい方、
最後の追い込みをかけたい方、いつもと違う環境で取組みたい方、
仕上がりに不安が残る方、

ぜひご参加ください。
試験本番でお子さまが自信をもって100%の力をだしきれる
ように全力でサポートいたします。    

 

学芸大附属小金井小学校対策
■日程:11/17(日)13:00~14:30 
■会場:そろばんToz四ツ谷(旧:木原珠算学校)
    〒160-0008 新宿区三栄町25
■内容:学芸大附属小金井小学校対策
■費用:7,000円 (事前振込)

 

詳しくはこちらから

 

お申込は、

今すぐです。

こちらのお申し込みフォームに、必要事項を入力してお申し込みください。

 

受付準備中の講座

筑波大学附属小学校重点指導
■日程:12/7(土)15:00~16:30 高田馬場
■会場:日本児童教育専門学校     
    〒169-0075 新宿区高田馬場1-32-15
■内容:筑波大学附属小学校重点指導 3名限定
■費用:9,000円 (事前振込)
■受付開始:11/11(月)10時より
 

 

これまでの学習の、最後の総仕上げとして!

皆様のお子さまとお会いできるのを、楽しみにしています。

 

 

年中さん向けの定期教室の詳細はこちらから。

体験レッスン受付中
対象:年中
料金:3,000円
特典:図形センスを磨く「紙パズル」をプレゼントします!

体験レッスンの申込は
こちらです。←←

関連記事

  1. 筑波大学附属小学校 重点講座
  2. 小学校受験の後の学習にもつながる「図形系列」
  3. まずは、受け止める。それから、
  4. 多くの学習の土台となる「右」「左」の理解
  5. 国立小受験の口頭試問の練習をする際に気をつけるポイント
  6. 国立小受験において出題されないことは、まったく学習する必要がない…
  7. 小学校への、進学を控えている皆様へ
  8. 2020年の「授業初め」でした。

新着記事

PAGE TOP