心構え

話は「目と耳で聞く」 すごい! 凄すぎる! 筑波大学附属小学校の指導法

凄い!

凄すぎる!

今、「小学校 体育科授業 成功の極意」を読んでいます。

筑波大学附属小学校の木下光正先生が書いた本です。

何が凄いのか?

この本の中に、凄い個所は多数あれど、

敢えて、私は、今回、「声掛け」に注目してみました。

声掛けの箇所だけでも、「凄すぎる!明日からでも使わせていただこう!」

そう思わせる場面が満載です。

本日は、その中の一つ、《話は「目と耳で聞く」》を紹介します。

話は、目では聞けないでしょ?

目は見るでしょ!

と反論されてしまいそうです。

ところが、木下先生は、こんな具合に言っています。

「静かに!」こんな声が聞こえる授業が続くと、それまで話を聞けていた子も授業に集中できなくなります。

中略

「見る」ことは相手を理解しようとする基本です。ですから、最初の約束で、誰の話でも「目と耳で聞く」ことが大切なことを伝えます。しっかりと先生や仲間に目を向け話を聞いている子を「話の聞き方が上手」と何度かほめてあげましょう。

皆さまに三つの質問をします。

一つ目:話が聞ける子と、話が聞けない子、どちらが知識を吸収するでしょうか?

二つ目:話が聞ける子と、話が聞けない子、どちらが聞き間違いが少ないでしょうか?

三つ目:話が聞ける子を相手にするのと、話が聞けない子を相手にするのでは、話し手は、どちらが話をしやすいでしょうか?

答えは三つとも、「話が聞ける子」なのですね。

当たり前と言えば当たり前です。

話が聞けないことを称賛する人も、話が聞けないことを望む人もいないわけです。

対して、話が聞けることや、話が聞けるようになることは、百人が百人、称賛しますし、そのようになってほしいと望むわけです。

話が聞けるって、こんなに素晴らしいことなのですね。

なのに、

ところが、

驚くべきことに、

話の聞き方って、ほとんどの人が教わっていないのです。

教わっていない割には、できないと、「静かに!」と、目一杯怒られてしまいます。

木下先生は、「静かに!」を奨励していません。

「静かに!」と言う前に、「最初の約束をすべきだ」と、明確に言っています。

さらに、聞くことは、即ち見ること。

見ることは、即ち相手を理解することであるとも説いています。

聞くという行為は、相手を理解することであると言っているのですね。

きっと、木下先生が、生徒の話を「目と耳」で聞いているのでしょう。

つまり、木下先生は、相手(=生徒)を理解しようとする聞き方を行っているのでしょう。

相手を理解しようとする先生に教わりたいものですね。

国立小学校には、きっとこのような先生が多数いるのでしょう。

国立小学校の先生は、たくさんの本を世に出しています。

これからも、時間の許す限り紹介していきます。

さあ、引き続き、国立小学校を目指しましょう!

凄い先生との出会いをいつも胸に    神山眞

関連記事

  1. あたりまえのことですが…言い忘れたことがあります。
  2. 国立小学校受験 合格のコツ 「おかたづけ」の習慣を身につける
  3. 今すぐ取り組む 頻出 国立小運動課題ベスト5
  4. 恩を返す
  5. イライラの原因は、本当にあなたの子どもにありますか?
  6. 至福のとき
  7. 習慣化された行動がやがて人格となる 合否を超える財産 「挨拶と返…
  8. 受験日当日までに大切にすべき生活習慣

新着記事

PAGE TOP