ブログ

緊急事態宣言が、小学校受験に与える「プラスの効果」について

全国的な緊急事態宣言の延長が、決定しました。

 

5月途中での緊急事態の解除もあるということのようですが、

都内は特に、5月いっぱいは緊急事態を覚悟しておる必要がありそうです。

 

とはいえ、「外出そのものがNGというわけではない」といったコメントも出されており、

これまでと比べたら、目的を持った外出も、可能になってくるのかなという印象も受けます。

 

いずれにせよ、感染症への対策を徹底して、習慣化させるということが重要なことは、これまで以上に大切で、

おそらく、そういった意識は、緊急事態宣言が明けた後も、変わらず継続していくのではないか、と考えられます。

 

 

緊急事態宣言が、小学校受験にもたらした「プラス効果」があるとすれば

 

緊急事態宣言があったために、

お子さまたちの学びの機会が減ってしまった、という事実はあるでしょう。

(園でのお友達との関わり合いから、学べることも多くあるからです。)

 

ですが、

こと、「受験」を考える上では、

今回の新型コロナウイルス感染症の拡大や、それに伴う緊急事態宣言の期間が

直前期において「プラスの成果」をもたらしてくれる可能性も、あるように感じます。

 

 

全国的に、感染症対策への意識が高まった

  

この数ヶ月で、全国的(世界的)に感染症対策に対する意識が高まったことは、明らかでしょうし、

国からも指針が出されるくらいですから、今後も、感染症対策の意識は高いまま維持されるはずです。

 

ひょっとしたら、感染症対策そのものが「文化」レベルにまで落とし込まれるかもしれません。

 

 

そのように考えた時に、

受験直前期において、

「受験生」とそのご家族だけが、自衛に最新の注意を払う、ということにはならず、

受験に関わらない人も含めた社会全体で、感染症対策がなされている状態が作られていくのではないか、と、

この点において、今回の緊急事態は、確かな成果を挙げていくことになるのではないかと感じます。

 

 

実際に、今春の季節性インフルエンザの患者数は例年より少なく、また早期に収束しており、

コロナ対策での効果が指摘されています。

 

今年は、1年を通して、感染症対策が全国的に徹底されるでしょうから、

例年のように、幼稚園や保育園が「クラスター化(と、あえて表現しています)」する危険性は、かなり、下がるのではないか、と見ています。

 

 

小学校受験において、基本的には、

園内で受験生と非受験生が一緒に生活しているのが普通です。

 

そのために、ご家族だけでの自衛では、防ぎきれなかった感染症があったことでしょう。

 

それが、今年に関しては(ひょっとしたら今後ながきにわたって)、

園内だけではなく、

社会全体が、ともすれば例年の受験生以上に感染症対策をした中で、

秋、冬を迎えることになるのではないでしょうか。

(日本が、よほど、「喉元すぎれば熱さを忘れる」人で溢れていない限りは、この予想は的中するはずです。)

 

 

例年、受験直前期に、「受験生」とそのご家族が特に頭を悩ませていた「感染症対策」が、

年がら年中、社会のスタンダードになるであろうこと。

 

この変化に関しては、特に受験を目指す立場としては、好意的に捉えられる変化です。

 

 

物事に、負の側面があれば、必ず、プラスの要素もあります。

 

引き続き、大変な生活が続くかもしれませんが、

そんな中での、「良かったこと」にも意識的に目を向けつつ、

今日という1日を、味わっていきたいと思います。

 

 

1日も早く、社会や経済が正常に動き出すことを願いつつ、

「今だからできること」も、探していきましょう。

 

 

新年長さん・新年中さん向けの定期教室の詳細はこちらから。

 
 
体験レッスン受付中
対象:年長・年中
料金:3,000円
特典:図形センスを磨く「紙パズル」をプレゼントします!
 
 

体験レッスンの申込は
こちらです。←←

関連記事

  1. 「学びの本質」は変わりません。
  2. 夏の特別講習のお申し込みURLを修正しました。
  3. 受験本番に向けた、「心の準備」。
  4. ご自宅でできる行動観察対策〜基本的な生活習慣〜
  5. 「夏の特別講習」第2クールのお申し込みがスタートします。
  6. あなたは「失敗」にどのような意味づけをしていますか?
  7. どこまで「手を貸す」のが良いのか。
  8. 規則的な生活リズムの1丁目1番地

新着記事

PAGE TOP