学習方法

筑波大学附属小学校合格 絶対に欠かすことのできない問題集はこれ!

うつしとり

筑波大学附属小学校合格 絶対に欠かすことのできない問題集はこれ!

【筑波大学附属小学校のペーパー課題】

筑波大学附属小学校のペーパー試験は、2枚に渡って行われます。

1枚は言わずと知れた「お話の内容理解」です。

非常に長い文章に対して、8問から10問ほどの設問で構成されています。

もう1枚は、「図形課題」です。

こちらも10問から15問と、非常に問題数が多いです。

回転図形が出題されたら、それ以外のジャンルのものは、問題の中に一切含まれないといった「単一課題」のみで構成されています。

なので、回転図形だけが、ひたすら10問から15問続きます。

重ね図形も線対称も同様です。

【図形課題、驚きの特徴とは?】

筑波大学附属小学校の過去問をご覧になったことはありますか?

ある特徴にお気づきになったのではないでしょうか?

そうです!

圧倒的にマス目(方眼)を使った問題が多いのです。

【マス目(方眼)を使った問題の攻略法はこれ】

回転図形もマス目を使って出題されます。

重ね図形もマス目を使って出題されます。

なので、普通の問題集を使い、ひたすら「回転図形」や「重ね図形」を行っても、なかなか合格レベルまでもっていくことができません。

筑波独特のマス目を使った問題を、正確かつスピーディーに解くためには、位置を把握する力を養うことが必要不可欠です。

【 効果的な問題集の行い方は?】

問題集は、順番通りに行うことで、効果を十分に発揮することができます。

なので、回転図形の問題集を行うよりも早く、重ね図形の問題集を行うよりも早く、この問題集を使って、位置を把握する力を身につけることをお勧めします。

お勧めの問題集は、エジソンクラブ発行「うつしとり」です。

【筑波大学附属小学校合格問題集「うつしとり」】

拍子抜けするほど、シンプルなタイトルです。

しかし、断言します。

実力的にはナンバー1です。

タイトル名を「筑波大学附属小学校合格問題集 うつしとり」にしてもいいくらいです。

そのくらい、筑波大学附属小学校合格に欠かせない問題集です。

「エジソンクラブ うつしとり」で検索してください。

Yahooショッピングでお買い求めできます。

本日紹介した、筑波大学附属小学校合格に必要な問題集は、「エジソンクラブ」の「うつしとり」でした。

国立小学校6校には、それぞれ1校ごとに、合格に欠かすことのできない問題集があります。

出し惜しみすることなく、これからたくさん紹介していきます。

もちろん、3月6日の「国立小学校合格を目指す勉強会」でも紹介させていただきます。

参加してくださる方がいましたら、こちらの案内をご覧ください。

3月6日 「国立小学校合格勉強会」の詳細はこちらです。

クリックしてご覧ください

第一回 国立小学校合格勉強会 表

第一回 国立小学校勉強会 裏

3月6日にお会いできることを楽しみにしています。

神山眞

関連記事

  1. 東京学芸大学附属小金井小学校合格の為に、今すぐ取り組むべき課題は…
  2. 国立小受験 ペーパー学習 訂正方法に関する緊急提案
  3. 国立小学校の運動課題 「力がないからできない」、「運動が得意では…
  4. 小学校受験 合格に欠かすことのできない図鑑はこれ!!
  5. 筑波小の魅力 こんな先生に教わりたい! 著書からわかる高い指導力…
  6. 図形はセンス? 断じて否である!!
  7. この力からまずつけましょう。 聴覚的記憶=聞き取る力
  8. 「本番当日にピークを作る」=「唯一無二の国立小合格法」

新着記事

  1. 言葉を添える

PAGE TOP