イベント

第2回「国立小学校 合格勉強会」ご参加いただいたみなさま、本当にありがとうございます。

本日は、今年2回目の「国立小学校 合格勉強会」でした。

 

今年、書籍の出版もされた、ちきゅうまる神山眞先生「筑波小対策講座」の前のお時間をいただき、

「試験本番にピークを持っていくには」というテーマで、お話をさせていただきました。

 

普段の、お教室でご一緒させていただいている方、

スポットの講習でご一緒させていただいた方、

はじめて、会場にお越しいただいた方、

それぞれの皆様のお顔を見ながら、

何かひとつでも、本番に向けての日々がよくなるための「きっかけ」をお持ち帰りいただければと、思ってお話させていただきました。

 

平日の日中の、お忙しいところスケジュールを調整していただき、会場にお集まりいただいたお父さま・お母さまがたと、

受験に向けての思いを共有させていただけたことに、ただただ、感謝をしています。

 

 

みなさまからの、貴重なお時間をいただいてお話をさせていただくことには、大きな責任が伴います。

なぜなら、お伝えさえていただくことによっては、みなさまのこれからの日々に、少なからず影響する可能性があるからです。

「可能性」というような曖昧なものでは、ないはずです。

そしてそれは、お子さまをお預かりしている教室や講座でも、そうです。

 

ですから、「少しでも良いものを」と準備をしていくのですが、

それでも、「すべてを上手くお伝えできたか?」と考えると、「もっと上手くできていたら……、」と、考えてしまうことも、しばしばです。

 

 

これまで、何度も教室でご一緒させていただいた子どもたちについては特に、

その素晴らしさや魅力に、たくさん触れさせていただいているだけに、

「そのままでも、充分に素晴らしいんだ。」

「むしろ、そのまま、素晴らしいんだ。」

というようなことも、強く感じています。

 

そんな、素晴らしい子どもたちの魅力を、

そのまま全部、本番の会場にも届けていきたいです。

 

そんな思いを、もっと上手に伝えられる自分であったら良いのになぁと、思っているのも、事実です。

自身の力不足を残念に思います。

 

ですが、それでも、

今、できることを、精一杯。

思いの限り、楽しい学びの時間を、直前まで、共有していけたらと、思っております。

 

 

直前期は、いちばん大変な時期ですが、

いちばん、思いの詰まった楽しい時期でもあります。

 

ぜひ、一度きりの、この1ヶ月・2ヶ月、

思う存分に味わって、味わって、味わい尽くして、

できることは、やりきって、

 

振り返った時に、

「楽しかったね。」と言い合えるような、

そんな年末を目指して、過ごしていただけたら、

受験までの日々を応援させていただく身として、これほど嬉しいことはありません。

 

 

皆さまとお子さまが、

本番当日、笑顔で「いってらっしゃい」と「いってまいります」ができるように

微力ながら、心から、応援しています。

 

いつも、本当にありがとうございます。

関連記事

  1. 「すぐ答えられない問題」に立ち向かえなくなる2つの原因
  2. ペーパー問題の「まちがい」に対して、どのように対処すべきか
  3. 小学校への、進学を控えている皆様へ
  4. 国立小学校合格勉強会のご案内
  5. 言葉の「引き出し」を増やすための!ことば遊びゲームをしましょう。…
  6. 「かぞえる」問題に正答するためのステップ③
  7. 国立小受験を考える上で知っておきたい、国立小の2つの使命
  8. 「お手伝い」のススメ。〜お子さまの成長を加速させるために〜

新着記事

PAGE TOP