ブログ

知育におけるトランプゲームの有能性

本日は、ご家庭でできる「遊び」の中でも、

様々な学習に通じる力を養うことができる「トランプゲーム」に取り組むことのメリットについて、まとめてみました。

 

ぜひ、ご家庭でもトランプゲームに取り組んでみてください。 

 

知育におけるトランプゲームの有能性

 

①数字と数を対応づけることができる。

 

トランプカードの数札には、左上と右下に数字が書いてあります。

そして、同時に、カードの真ん中に、その数字と同じだけ「スペード・ハート・ダイヤ・クラブ」のいずれかのマークがあります

 

つまり、数字(算用数字)と、ものの数を対応づけて覚えることができるのです。

(小学校受験においては、数字を書く課題は課されませんが、数字を読める、書けるようにしておくことは、年少さんの時からできるようにしていく価値があります。)

 

また、数の構成を考える時にも、

たとえば「2と3で5」を考えるときも、数字を見て答えることと、

カードに描かれているマークを数えることの、

両方から学習をすることができます。

 

同じ数、を捨てる「ババ抜き」以外に、

「J」「Q」「K」を抜いた数札(「A」含む)とジョーカーで、

「2枚で10になるペアを捨てる」ルールでババ抜きをすれば、「10の構成」をスムーズに理解することもできます。

 

 

②数の順番について理解を深めることができる。

 

トランプゲームの「七並べ」に取り組むことで、

「○より1つ大きい数」

「○より1つ小さい数」

を、理解することができます。

 

さらに、理解が進むと、

「○より2つ(3つ,4つ…)大きい(小さい)数」についての理解も、進めることができるます。

(たとえば、7のカードが場に出ている状態で、6のカードが手元になく、自分が5のカードを持っている時、「誰かが6のカードを出さなかったら、自分が出せない」と考えることになります。頭の中で、数の順番を、何度も繰り返し考えることになります。)

 

「七並べ」については、

最初におくカードを、「7」にしないことで、いろいろなバリエーションを考えることができます。

 

 

③カードを配る=等分の概念を体感できる。

 

トランプゲームにおいて、参加者に同じ数ずつカードを配る時、

どのように配っていますでしょうか。

 

おそらく、カードを1枚ずつ、時計回り(あるいは反時計回り)に配っていくでしょう。

 

これが、まさしく「数の等分」の考え方の基本になります。

 

カードを配るときに、1巡ごとに「今、何枚になった?」などと、確認していくことで、数の等分の考え方が理解しやすくなります。

 

 

④記憶課題・位置の対応課題のトレーニングにもなる。

 

トランプゲームの「神経衰弱」は、

場所と、カードの内容を集中して覚えるゲームです。

 

この「意識して覚える」ということで、記憶する力を鍛えることができます。

 

神経衰弱については、カードをバラバラに置いて考える(カードの向きや偏り具合で覚える)ことだけでなく、

縦×横の形に並べて置いて考える(上から○番目、右から○番目で覚える)ことも、「方眼上の位置」の理解につながります。

 

 

⑤行動観察に必要な力が育まれる。

 

トランプゲームに限った話ではありませんが、

テーブルゲーム・パーティーゲームにおいては、「ルール」を理解することが必要不可欠です。

 

ルールの説明を聞いて、ルールを理解して遊ぶことで、

「聞いた内容を理解して取り組む」という力が育まれます。

 

これは、小学校受験における「行動観察」をはじめとした指示行動において、

「お話を聞いて、言われたことを守って取り組む」ことに強くなります。

 

また、トランプゲームは勝負事ですので、

「勝った嬉しさ」「負けた悔しさ」を感じることとなります。

そこから、次のゲームや活動に気持ちを切り替えることは、お子さまにとって容易なことではないでしょう。

 

だからこそ、そうした気持ちが動く場面を、ゲームを通して作ることが大切です。

(ゲームだからこそ、そうした気持ちの切り替えを「練習」として捉えることができます。

 

 

遊びながら、受験にも通じる知育を進めていきましょう。

ぜひ、この冬、

ご家族で集まった時などに、トランプゲームにも取り組んでみてください。

 

「あそび」も、意識しておけば、立派な「まなび」の時間になります。

 

 

年中さん・年少さん向けの定期教室の詳細はこちらから。

 
 
体験レッスン受付中
対象:年中・年少
料金:3,000円
特典:図形センスを磨く「紙パズル」をプレゼントします!
 
 

体験レッスンの申込は
こちらです。←←

 

関連記事

  1. どんな時でも「姿勢を整えられる」ということ
  2. 「ここで差がつく」学習方法①〜知識の体系化〜
  3. どこまで「手を貸す」のが良いのか。
  4. 好きこそ物の上手なれ。お勉強も「楽しく」が基本です。
  5. ありがとうございました。
  6. 明日、国立小学校の門をくぐる年長さんと、保護者のみなさまへ。
  7. 「かぞえる」問題であわせて勉強していきたい、「助数詞」の話
  8. イベントこそ、お子さまが成長する絶好の機会です。

新着記事

PAGE TOP