ブログ

楽しく勉強に取り組むためのキーワードは、「○○○○○」

前回のブログで、

お勉強は「楽しく」が基本である、ということを紹介しました。

 

お勉強を楽しむためには、お勉強の中にも「ゲーム性」を持たせることが大切で、

いかに、遊び感覚の中で、お勉強に取り組めるかがポイントとなってきます。

 

お勉強の中に、「ゲーム性」を盛り込めるかどうかは、

学習の場を企画する、大人の意識が、カギを握っていそうです

大人の側が、どれだけ、お勉強をゲームにできるか、楽しめるか、も大切だということです。

 

それこそ、お約束を守ること、ひとつを取っても、

お約束を守ることを楽しみながら行えるように、取り組んでいけたら、と考えています。

 

楽しみながら取り組める学びの機会を、お届けできるような授業を企画していくことを、毎回、考えていますが、

「より良い学びの場」の追求には、終わりがありません。

これからも、まだまだ勉強だな、と感じています。

 

 

ご家庭でも、勉強を楽しめるための「コツ」をご紹介します。

 

ゲーム感覚で、お勉強に取り組む以外にも、

親子だからできる、魔法のキーワードがあります。

 

それが、

「いっしょに」

というキーワードです。

 

子どもにとって、

お母さまや、お父さまと一緒に過ごせる時間は、とても貴重な時間です。

 

お母さまや、お父さまと一緒に、楽しく過ごせるのであれば、どんなことだって楽しい。

やはり、お母さまやお父さまは、お子さまにとって本当に好きな人なんだろうなあ、と感じさせられます。

 

そんな、お母さまやお父さまと一緒に過ごせる時間として、

お勉強の時間を企画してみるのです。

 

 

ただ、お子さまに勉強をさせるだけではなく、

お母さまも、一緒にパズルや塗り絵に取り組んでみたり、

時には、お子さまを先生役にして、授業で学んだことを教えてもらったり

 

そんな、親子で過ごす貴重な時間を積み重ねていって、

気がついたら、たくさんの学びが身についている。

 

それが、ご家庭だからこそ作れる、学びのための環境だと、思っています。

 

ぜひ、お子さまと「いっしょに」お勉強を楽しむ意識で、

日々の学習を企画してみてください。

 

お教室でご一緒させていただいている皆様とは、

ご家庭での学習の進め方についても共有させていただき、アドバイスをさせていただけたら、と思っています。

 

子どもたちにとって、楽しくて仕方がない学びの環境を、

ご家庭と連携して、一緒に、作っていけたら、これほど嬉しいことはありません。

関連記事

  1. ご自宅でもやってみましょう!「説明するお勉強」
  2. 図形学習の基礎も「遊び」感覚で
  3. 「はやい」と「きれい」、どっちが大事?
  4. 年の終わりに寄せて
  5. 「聞く姿勢」は、日常の会話から。
  6. まずは、受け止める。それから、
  7. あなたは「失敗」にどのような意味づけをしていますか?
  8. 「かぞえる」問題に正答するためのステップ①

新着記事

PAGE TOP