ブログ

日々の学びに「ライブ感」を。

今日は、幼稚園での課外教室でした。

 

授業の中で、マッチ棒を使った「長さくらべ」をおこなったところ、

「なんで、マッチはこすったら火が付くの?」

という質問が、とびだしました。

 

今日のマッチ棒は、「長さの単位」に使うだけの役目だったのですが、

急きょ、「なぜ、火は燃えるのか」という話に発展(むしろ脱線?)しました。

 

教室内の全員で、

右手と左手を合わせて、ひたすらこすり合わせると、

「なんか、熱くなった!」

と、驚きの声が。

教室内の空気も、心なしか温かくなりました。

 

「マッチをこすったところは、火がつくくらいに熱くなっているんだね。」

という理解は、(材質の違いもあるので)少々、乱暴な気もしなくはないですが、

厳密には、いずれ、「燃焼」や「摩擦熱」などという現象を理科や物理の時間に学ぶことになるでしょう。

今日の経験が、ゆくゆくの理解の下地に、なればいいなと思っています。

 

こうした、身の回りの現象についての興味や関心を持っておくことは、

後々の理解を下支えする「土台」となるはずです。

 

授業は、少し脱線しましたが、

こういったイレギュラーなことこそ、貴重な学びの機会です。

 

学習を「計画どおり」に進めることこそが、必ずしも最善というわけではありません。

 

 

ご家庭でのお勉強や、日常生活の中でも、

「予定どおり」に物事が進まないことは、少なからずあることでしょう。

 

もちろん、ある程度は事前に予定や計画を立てておくに越したことはありませんが、

その中でも、「予定外」や「イレギュラー」も、楽しめるような「ゆとり」を持っておくことができると、

より、学びの幅が広がっていきます。

 

たまには、いつもと違う帰り道を歩いてみたり、

お子さまの、素朴な疑問について一緒に考えてみたりするのも、

新たな学びや発見に、つながります。

 

 

ぜひ、日々のお勉強の中にも、

ナマの「ライブ感」を取り入れてみてください。

 

 

今年度の年長さんむけ

国立小学校受験「集中講習」は、残り1講座を予定しています。


今までの学習の総仕上げをしたい方、苦手分野を克服したい方、
最後の追い込みをかけたい方、いつもと違う環境で取組みたい方、
仕上がりに不安が残る方、

ぜひご参加ください。
試験本番でお子さまが自信をもって100%の力をだしきれる
ように全力でサポートいたします。    

 

筑波大学附属小学校重点指導
■日程:12/7(土)10:00~11:30
■会場:日本児童教育専門学校     
    〒169-0075 新宿区高田馬場1-32-15
■内容:筑波大学附属小学校重点指導 5名限定 残席わずかです。
■費用:9,000円 (事前振込)

お申し込みは

今すぐです!

こちらのお申し込みページから、必要事項を入力してお申し込みください。

 

直前期に自信を高める、最後の総仕上げとして!

皆様のお子さまとお会いできるのを、楽しみにしています。

 

 

年中さん・年少さん向けの定期教室の詳細はこちらから。

体験レッスン受付中
対象:年中・年少
料金:3,000円
特典:図形センスを磨く「紙パズル」をプレゼントします!

体験レッスンの申込は
こちらです。←←

関連記事

  1. お子さまの「今の興味・関心」を、小学校受験の学習に活かす。
  2. 図形学習の基礎も「遊び」感覚で
  3. 「かぞえる」問題に正答するためのステップ②
  4. できることは、全てやる。
  5. 小学校受験の後の学習にもつながる「図形系列」
  6. 国立小受験において出題されないことは、まったく学習する必要がない…
  7. 国立小受験の「傾向と対策」の前にやっておきたいこと
  8. 12月がスタートしました。

新着記事

PAGE TOP