ブログ

新年、初の定期教室でした

本日は、2018年、最初の定期教室の授業でした。

 

定期教室のクラスがあって、2018年が本格的に始まったような気がします。

 

ペーパークラスでは、「分類計数」と「同數発見」の課題に取り組みました。

 

お正月休みを経て、しばらくぶりの授業でしたが、

ペーパーの「おなまえ」の字が、とても丁寧に書けるようになっていたり、

かぞえた数を、覚えることができるようになっていたりと、

日進月歩の成長を実感した授業でした。

 

 

「分類計数」

数を「かぞえる」だけの課題のようにも思えますが、

「もれなく、重複なく数える」ために、数える順番を気をつけること

かぞえた数を、「一時的に記憶にとどめる」ことなどができる必要があります。

基礎的な問題ですが、しっかりとした実力がついていないと、これを当たり前のようにこなすのは難しいです。

 

「覚える」ことは、意識を積み重ねていくことが重要です。

 

「覚えよう!」という意識は、ゲーム感覚で養うことができます。

例えば、目の前を通り過ぎた車の数を覚えたり、

手をたたいた数を、記憶したりするようなゲームです。

 

覚えた数を、すぐに聞くのではなくて、

ひと呼吸おいてから、答えてもらうようにしましょう。

 

そして、ひとつひとつのことを「記憶にとどめる」力が身につけば、

受験で出される、たくさんの指示を聞き取って、

その通りに、行動することができるようになるでしょう。

 

授業でも、ひとつひとつ、「お約束を意識しながら課題に取り組む」練習を、積み重ねていきます。

楽しみにしていてください。

 

次回の定期教室は1/28(日)です。

3週間先になってしまいますが、また、みなさんとお会いできるのを、楽しみにしています。

 

藤田和彦

関連記事

  1. 明日、国立小学校の門をくぐる年長さんと、保護者のみなさまへ。
  2. 幼児期の学習において「計算」は重要か?
  3. 評価表には書かれないかもしれない、重要なポイント
  4. 「かぞえる」問題に正答するためのステップ③
  5. ペーパー問題の「まちがい」に対して、どのように対処すべきか
  6. 明日10時から、筑波大学附属小学校重点指導のお申し込みスタートで…
  7. 規則的な生活リズムの1丁目1番地
  8. 直前期の学習で気をつけること。

新着記事

PAGE TOP