ブログ

年末年始の帰省中、移動の車内でもできる「知的ゲーム」6選

年の瀬も差し迫ってくる時期となりました。

 

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

 

都内から、地方への帰省ラッシュがピークとなっているそうです。

 

冬休みの帰省やご旅行で、長距離移動をされる方、

特に、ドライバーの皆様は、気力を使い大変なところかと思いますが、

今年のラストひと頑張り、安全運転で気をつけてご移動ください

 

 

長距離移動の時間は、

身体が拘束されているので、できることも限られてしまいます。

 

ですが、こういう時間も、

ゲーム感覚で、知育の時間を取り入れていけると、

知らず知らずのうちに、学ぶ力も高まります。

 

今日は、ご旅行の際の車内でもできる、知育ゲームをいくつかご紹介します

 

 

車内でもできる知育ゲーム

 

1音1文字・「同頭音」「同尾音」系

 

①「○つの音でできているもの」ゲーム

 

たとえば、「3つの音でできているもの」を、できるだけ沢山言います。

・カラス

・いるか

・ゴリラ

・ごぼう

・サクラ

・……

 

制限時間(60秒など)を決めて、いくつ言えるかを勝負します。

 

「○つの音」を理解することが、ゆくゆくの「○文字」につながります。

 

 

②「○」から始まるもの(「○」で終わるもの)ゲーム

 

たとえば、「か」から始まるものであれば、

・かめ

・貝

・かまきり

・かさ

・かぼちゃ

・……

 

と言った風に、

 

「か」で終わる言葉なら、

・しか

・イカ

・スイカ

・めだか

・サザンカ

・……

 

 

と言った風に、

こちらも、時間を決めて、いくつ言えるかを勝負します

 

お題を決めるのも、お子さまとお父さま・お母さまが交互に出してあげてください。

 

あと、お父さま・お母さまが答える場合は、

どんどん、答えていくのも良いですし、

あえて、言いよどんだり考え込んでみたりすることで、そのお題をお子さまが考えたり、「ぼく、分かったよ!」と思いついたり得意になるようにするのも、良いと思います。

 

記録がいくつでも、「たくさん答えられたね。」とほめてあげるのがポイントです。

そうすることで、楽しく続けることができます。

 

 

③しりとり

 

この手のゲームとして、もはや王道ともいえる「しりとり」。

しりとりは、「始まりの音」「終わりの音」が分かっていることでできるゲームです。

 

同じ言葉を言うことを「良し」とするか「いけない」かで、難易度を調整することができます。

 

また、「1音1文字」の要素も加えて、

「○文字しりとり」とするのも良いでしょう。

スムーズにできるのは、2文字か3文字くらいです。

 

たとえば、

お子さまは3文字、お父さまやお母さまは、5文字、6文字とかにすると、良いハンデの付け方になるでしょう。

文字数を調整して、ちょうど良いゲームバランスを探ってみてください。

 

 

分類課題系

 

④「○○の仲間」クイズ

 

これも、制限時間内に、できるだけたくさん答えるものです。

 

お題の例としては、

「動物の仲間」「お花の仲間」「野菜の仲間」「虫の仲間」「魚の仲間」「果物の仲間」と言った、理科的常識につながる分類の他にも、

「赤いもの」といった色系

「夏のもの」といった季節の仲間

なども、良いでしょう。

 

運転中でない保護者の方がいらしたら、

知らなかったものの名前を、検索して画像を見てみるのも良いかもしれません。

 

 

⑤クイズ「私は誰でしょう?」

 

あるものについて、その特徴を言いながら、いくつのヒントで当てることができるか、を競います。

 

例)「クイズ、私は誰でしょう?」

「私は、生き物です。」

「私には、羽がありません。」

「私は、赤ちゃんで生まれます。」

「私は、長い首があります。」

「私の好きな食べ物は、木の葉っぱです。」

「私の体の色は、黄色と茶色です。」

………

答えは「キリン」です。

 

最初は、いくつでも答えて良いことにしておいても良いでしょうが、

当てずっぽうで、どんどん答えてくるようなお子さまの場合は、

ひとつのヒントを言う際に、1回しか答えを言えない、といったルールを追加しておくと良いかもしれません。

 

あとは、もし、前に出ていた「私」の特徴に反する答えが出てきたら、

「でも、さっき○○って言ったよ。」と確認することも大切です。

複数の条件を、記憶に留めながら考える癖がつきます。

 

 

⑥「私は誰でしょう?」クイズ Part2

 

同じく、「私は誰でしょう?」ですが、

先ほどのものと違うのは、「答える方が質問をして考える」ということです。

少し難しくすると、

「はい」か「いいえ」でしか答えられない。

というルールをつけると良いでしょう。

 

例)「私は誰でしょう?質問をしてください。」

「動物ですか?」→「いいえ」

「食べることはできますか?」→「いいえ」

「家の中にありますか?」→「はい」

「何かの道具ですか?」→「はい」

「料理を作るときにつかいますか?」→「はい」

「木でできていますか?」→「いいえ」

「プラスチックの仲間ですか?」→「いいえ」

「鉄の仲間ですか?」→「はい」

「切ることはできますか?」→「はい」

「まな板と一緒に使いますか?」→「はい」

………

答えは「ほうちょう」です。

 

こうした質問をするのは、少し難しいかもしれませんが、

挑戦できそうであれば、ぜひ、チャレンジしてみてください。

 

あるいは、お子さまが問題を出す側になってもらって、

お父さま、お母さまが質問をする側で、取り組んでみることができても、良いでしょう。

 

答えは、「動物」「植物」「食べ物」「道具」など以外にも、

「キャラクター」「物語の人物(たとえば、桃太郎)」などでも、面白いです。

 

大切なのは、「クイズに正解すること」というよりも、

むしろ「楽しみながら考える」ことですので、

 

正解した時も、不正解だった時も、

お父さま、お母さまが楽しみながら、一緒に取り組む、ということが大切です。

 

 

もちろん、車内でもできる知育系ゲームは、他にもいくつでもあるでしょう。

 

「こんなゲーム、面白いんじゃないかな」と、

楽しめる遊びをどんどん開拓していってください。

 

 

また、お子さまに、ゲームを考えてもらうことも大切です。

 

お子さまが作ったゲームのルールが、少々、無茶があったとしても、

一度は、そのルールで、どんなゲームになるか、と一緒に遊んでみてください。

 

お父さまやお母さま、先生に与えられたルールを守る、ということだけではなく、

ときには、「ルールを作る側」にも立って、遊べる、という経験をしていくことも、良い学習となるでしょう。

 

子どもたちというのは、遊びづくりの天才です。

私自身も、幼少期には、

年齢が違う子どもたちで、ちょうど良いゲームバランスを考えながら、

独自の遊びを作って、楽しく遊んだものです。

 

 

 

ぜひ、ご旅行の際などには、

暇つぶしに、これらのような知育系ゲームで、楽しく遊んでみてください。

 

 

年中さん・年少さん向けの定期教室の詳細はこちらから。

 
 
体験レッスン受付中
対象:年中・年少
料金:3,000円
特典:図形センスを磨く「紙パズル」をプレゼントします!
 
 

体験レッスンの申込は
こちらです。←←

 

 

関連記事

  1. 夏期休業のお知らせ
  2. 勝てる学びの習慣は、「○の○○学習」!
  3. 2019年の終わりに寄せて
  4. 子どもと一緒に、成長する
  5. 年の終わりに寄せて
  6. 図形課題にも役立つ「模写」に取り組んでみましょう。
  7. 来週11日の特別講習について。(追加のお知らせ)
  8. 国立小受験で必出、「順序だてた指示の理解(記憶)」のための日常の…

新着記事

PAGE TOP