ブログ

小学校受験をする上で、直前期まで変わらず大切な習慣

本日は、国立小学校受験 定期教室の年長クラスでした。

 

早いもので、今年度のレギュラークラスも、あと2回です。

 

これまでの間、一緒にお勉強してきたお子さまたちが、

自然と、お約束を守れるようになったり、

素敵なお返事ができるようになったり、

以前は、ペーパー問題もよく分からない、となっていたお子さまが、難しい問題をサラッと正解するようになったり、

と、お子さまたちの成長を実感しています。

 

素敵な小学生になるための準備も、着々と進んでいて、頼もしいです。

 

必ずや、ベストな小学校と、ご縁があるであろうことを、信じています。

 

 

もうすぐ、受験本番を控えている年長さんの皆様も、

来年度以降に、受験を考えている年中さんや、年少さんの頃から、

変わらずに、大切にしてほしい習慣があります。

 

それは、

・ご家庭での、ご挨拶。

(朝起きた時の「おはようございます」、ご飯を食べる時の「いただきます」と「ごちそうさまでした」、お出かけの時の「いってきます」、寝る前の「おやすみなさい」)

・早寝早起き、朝ごはん

・玄関ではお靴を揃える。

・椅子に座る姿勢を整える。

・寝る前の「読み聞かせ」から、「お話の内容理解」へ

・「ちぎる」「むすぶ」「ぬりえ」「折り紙」などの制作動作は、1日に少しだけでも。

・親子でたくさんお話をする。

・お勉強だけでなく、遊びも全力で。

・「できた」をたくさん認める。

・「大好きだよ」を伝える。

 

受験直前期だからといって、毎日に必要な習慣は、変わりません

むしろ、直前期だからこそ、毎日の習慣が、大切です。

 

皆様が、小学校受験を通して、

これからの学びのための、大切な基盤をご家庭で作っていくことを、心から願っています。

 

来週の日曜日は! 

学芸大附属大泉小学校対策
■日程:10/27(日)10:00~11:30 
■会場:EQUELチャイルドアカデミー
    石神井公園教室
    〒177-0041 練馬区石神井町2-13-17 
    龍英ビル202号 
■内容:学芸大附属大泉小学校対策 
■費用:7,000円 (事前振込)

詳しくはこちらから

 

お申込は、

今すぐです。

こちらのお申し込みフォームに、必要事項を入力してお申し込みください。

 

11月に入ってからも、

国立小学校受験「集中講習」を開催します。


今までの学習の総仕上げをしたい方、苦手分野を克服したい方、
最後の追い込みをかけたい方、いつもと違う環境で取組みたい方、
仕上がりに不安が残る方、

ぜひご参加ください。
試験本番でお子さまが自信をもって100%の力をだしきれる
ように全力でサポートいたします。    

 

オールインワン
■日程:11/9(土)10:00~11:30
■会場:日本児童教育専門学校     
    〒169-0075 新宿区高田馬場1-32-15
■内容:国立小全般(各回異なる内容・単発申込可能
■費用:7,000円 (事前振込)

学芸大附属小金井小学校対策
■日程:11/17(日)13:00~14:30 
■会場:そろばんToz四ツ谷(旧:木原珠算学校)
    〒160-0008 新宿区三栄町25
■内容:学芸大附属小金井小学校対策
■費用:7,000円 (事前振込)

 

詳しくはこちらから

 

お申込は、

今すぐです。

こちらのお申し込みフォームに、必要事項を入力してお申し込みください。

 

受付準備中の講座

筑波大学附属小学校重点指導
■日程:12/7(土)15:00~16:30 高田馬場
■会場:日本児童教育専門学校     
    〒169-0075 新宿区高田馬場1-32-15
■内容:筑波大学附属小学校重点指導 3名限定
■費用:9,000円 (事前振込)
■受付開始:11/11(月)10時より
 

 

これまでの学習の、最後の総仕上げとして!

皆様のお子さまとお会いできるのを、楽しみにしています。

 

 

年中さん向けの定期教室の詳細はこちらから。

体験レッスン受付中
対象:年中
料金:3,000円
特典:図形センスを磨く「紙パズル」をプレゼントします!

体験レッスンの申込は
こちらです。←←

関連記事

  1. 「成長」は、子どもためだけのものではない。
  2. 多くの学習の土台となる「右」「左」の理解
  3. 2020年の「授業初め」でした。
  4. 明日は、「国立小合格勉強会」です。
  5. 筑波大学附属小学校 重点講座
  6. ご自宅がマンションでも取り組める「運動課題の練習」5選
  7. 幸せな「受験」を企画するために。
  8. 切り替える。「動と静」「オンとオフ」

新着記事

PAGE TOP