ブログ

小学校受験の期間を、有意義に過ごす3つのポイント。

小学校受験も、年長さんは佳境です。

 

今は、将来のことまで考えることもなく、

目の前の日々を、1日1日、過ごしていっているかもしれません。

 

ですが、

1年後、3年後、5年後と、

振り返ってみた時に、

「ああ、あの時の経験があったから、今があるのだなあ。」

と、感じることが、きっとできるのではないか、と思っています。

 

 

振り返った時に、有意義なものとして思い出すことができるための、

小学校受験の期間の過ごし方があります。

 

気をつけていただくポイントは、大きく3つです。

 

①毎日、少しずつで良いので机に向かった学習を取り入れてみること。

ペーパー学習だけでなく、ぬり絵や製作課題などでも良いです。

 

「毎日、机に向かう」ということが習慣化することで、

小学校に進学した後に、「宿題やったの?」「勉強しなさい」などと言う機会が、格段に減るか、なくなるでしょう。

あるいは、「宿題しようね」の声かけも、すんなり受け止めてもらいやすくなるでしょう。

 

②「正解」「不正解」で褒めたり叱ったりはしない。必ず取り組み姿勢を評価すること。

ご自宅での学習や取り組みが、「できたら褒める」「間違えたら叱る」というパターンに陥っていませんか?

この場合、「褒められること」は、勉強することへのモチベーションには、それほどなりません。

それどころか、反対に、「叱られること」に対するネガティブな感情が与える影響の方が、はるかに大きくなります。

 

「お勉強をするたびに、お母さんから叱られる。」

こんな経験でしかない「お勉強」を、

(強制されているうちは、まだしも、)自発的に取り組みたくなる、というお子さまは、なかなかいないのではないでしょうか。

 

そしてもちろん、

「お勉強を見るたびに叱らなきゃいけない」ということを、

好んでやりたがるお母さまやお父さまも、そんなに多くはいらっしゃらないのではないでしょうか。

 

こういった学習スタイルをとっているご家庭が、小学校受験終了後に陥りがちなのが、

「もう、小学校受験が終わったのだから、こんなお勉強はもういいや。」

という状態です。

 

せっかく、習慣的に学習をしていたとしても、これで、全てが無に帰します

 

覚えておくと良いのは、

「人は、褒めることはおろそかにしがちで、叱る時ほど徹底的にしがちである」

ということです。

 

褒めるときこそ、ちょっと余分に。

叱るときは、少し控えめに。

そのくらいの意識で、ちょうど良くなるかもしれません。

 

毎日のお勉強の終わりには、必ず、「今日も、よくがんばったね」と認めて終われるようにするのがオススメです。

たとえ、それが、求めているよりも少ない学習量だったとしてもです。

 

 

③「子どもだけのお勉強の時間ではない」ことを肝に銘じること。

ご家庭で学習をする時に、

「子どもの勉強を見てあげている」という感覚になっていないでしょうか。

 

お父さま、お母さまが、お勉強を楽しむことができているでしょうか。

 

お父さま、お母さまにとって、

お子さまとの学習の時間が、苦痛に満ちた義務的なものとなっているようであれば、

すぐにでも、捉え方を変えるための工夫をしてみてください。

 

お父さま、お母さまがやっていて楽しくないことを、

お子さまが、一人だけ楽しめることは、なかなかありません。

 

お子さまにとって、その日の学習は、

「学習している単元を理解する」などという目的がありますが、

同時に、それをサポートしているお父さま、お母さまは、

「わが子の理解を深める方法を見つける」という、大きなテーマと向き合っているのです。

 

そういう視点からすると、

幼児期の学習に関わっているお父さま・お母さまは、

もはや、幼児教育について、専門的に実践をしている、とも言えるでしょう。

 

受験に向けた日々は、毎日が、学びの連続と、なることでしょう。

 

受験をやり通す過程で、

お子さまのめざましい成長を目の当たりにするとともに、

お父さま、お母さまご自身の成長も、実感していただくことができるのが、

「小学校受験」の世界です。

 

「受験」を通して、

ご家族が、さらに成長していくのです。

 

 

 

小学校受験の期間を有意義に過ごす3つのポイントは、

①毎日、少しずつで良いので机に向かった学習を取り入れてみること。

②「正解」「不正解」で褒めたり叱ったりはしない。必ず取り組み姿勢を評価すること。

③「子どもだけのお勉強の時間ではない」ことを肝に銘じること。

 

この3つのポイントを意識しながら、

日々の学習を企画してみてください。

 

思い通りに、うまくいかない日があっても、大丈夫です。

「うまくいかない時」こそ、「うまくいかなかった時の対処法」を学ぶ、絶好のチャンスです。

 

 

受験に向けて歩んでいく日々を、

ぜひ、親子で一緒に、楽しみ尽くしてください。

 

そうすれば、いつになっても、「よかった」と思えるほどに、

その後の学びに、大きな影響をのこせる、そんな受験期になるでしょう。

 

 

皆様の有意義な受験生活を、心から応援しています。

 

 

今週の日曜日は! 

学芸大附属大泉小学校対策
■日程:10/27(日)10:00~11:30 
■会場:EQUELチャイルドアカデミー
    石神井公園教室
    〒177-0041 練馬区石神井町2-13-17 
    龍英ビル202号 
■内容:学芸大附属大泉小学校対策 
■費用:7,000円 (事前振込)

詳しくはこちらから

 

お申込は、

今すぐです。

こちらのお申し込みフォームに、必要事項を入力してお申し込みください。

 

11月に入ってからも、

国立小学校受験「集中講習」を開催します。


今までの学習の総仕上げをしたい方、苦手分野を克服したい方、
最後の追い込みをかけたい方、いつもと違う環境で取組みたい方、
仕上がりに不安が残る方、

ぜひご参加ください。
試験本番でお子さまが自信をもって100%の力をだしきれる
ように全力でサポートいたします。    

 

オールインワン
■日程:11/9(土)10:00~11:30
■会場:日本児童教育専門学校     
    〒169-0075 新宿区高田馬場1-32-15
■内容:国立小全般(各回異なる内容・単発申込可能
■費用:7,000円 (事前振込)

学芸大附属小金井小学校対策
■日程:11/17(日)13:00~14:30 
■会場:そろばんToz四ツ谷(旧:木原珠算学校)
    〒160-0008 新宿区三栄町25
■内容:学芸大附属小金井小学校対策
■費用:7,000円 (事前振込)

 

詳しくはこちらから

 

お申込は、

今すぐです。

こちらのお申し込みフォームに、必要事項を入力してお申し込みください。

 

受付準備中の講座

筑波大学附属小学校重点指導
■日程:12/7(土)15:00~16:30 高田馬場
■会場:日本児童教育専門学校     
    〒169-0075 新宿区高田馬場1-32-15
■内容:筑波大学附属小学校重点指導 3名限定
■費用:9,000円 (事前振込)
■受付開始:11/11(月)10時より
 

 

これまでの学習の、最後の総仕上げとして!

皆様のお子さまとお会いできるのを、楽しみにしています。

 

 

年中さん向けの定期教室の詳細はこちらから。

体験レッスン受付中
対象:年中
料金:3,000円
特典:図形センスを磨く「紙パズル」をプレゼントします!

体験レッスンの申込は
こちらです。←←

関連記事

  1. 小学校受験に向けたお勉強を通して、お子さまが「勉強が好き」になる…
  2. 夏の特別講習 第1クール初日が終了しました。
  3. 「夏の特別講習」第2クールのお申し込みがスタートします。
  4. 国立小受験で必出、「順序だてた指示の理解(記憶)」のための日常の…
  5. イベントこそ、お子さまが成長する絶好の機会です。
  6. 国立小受験 定期教室「新年中クラス」「新年長クラス」ありがとうご…
  7. 今だからこそ、できる、「レベルアップ」のための時間を過ごします。…
  8. 国立小受験の「お話の内容理解」や「口頭試問」のレベルアップにも必…

新着記事

PAGE TOP