ブログ

小学校受験のペーパー学習の際から意識していきたい「鉛筆の持ち方」

今回は、小学校受験のペーパー学習や制作の際などに鉛筆やクーピーを使う際の、

「鉛筆の持ち方」について、触れていきます。

 

ペーパー学習の際の、鉛筆(クーピー)の正しい持ち方

鉛筆の正しい持ち方は、下の写真の形です。

親指、人差し指の2本に中指をそえて、鉛筆を持ちます。

 

正しい持ち方で鉛筆を持つメリット

なぜ、鉛筆の持ち方を身につけた方が良いかというと、

小学校に入学した後の学習において、以下のメリットがあるからです。

 

 ①手首をうまく動かして線をかくことができる。

その結果として、きれいな字を書くことが可能となります。

 

②手に負担が少ない。

無理なく字を書くことが可能となりますので、たくさんの字を書いても、手が疲れづらくなります

 

③見た目にも美しい。

これは、学習面とは少し違うのでそこまで重要ではないかもしれませんが、大人になってから、鉛筆の持ち方で損をしません。

大人になってからも、人前で「書く」というシーンは、時々あります。(仕事によっては、毎日のようにあるかもしれません。)

「別に、鉛筆の持ち方なんて気にならない」という人も多いかもしれませんが、正しい鉛筆の持ち方を身につけておくことで、損をすることはありません。

 

 

小学校受験のペーパー課題の際に、

「鉛筆(クーピー)の持ち方がチェックされている」かどうかは、定かではないですが、

 

たとえ、筆記具の持ち方が合否に関係なかったとしても、

小学校受験の学習をする上で、

無理なく○が書けたり、色をぬれたりする方が、

疲れもなく、スムーズにお勉強に取り組むことができるでしょう。

 

 

鉛筆の持ち方 NG例

鉛筆の持ち方で、直すとよい例について紹介していきます。

鉛筆の先が長すぎる。

 

逆に、先を持ちすぎている。

 

鉛筆を、握り込むようにして持っている。

(鉛筆の先が見えない中で、字を書くことになります。また手首ではなく、指先の力で鉛筆を動かすことになります。)

 

人差し指、中指の2本が上になっている。

 

こちらは、薬指も含めた3本で握っています。

 

 

正しい鉛筆の持ち方は、親指と人差し指の「腹」と、中指の側面で握る方法です。

このように見ると、鉛筆が六角形の形をしているのも、「なるほど」とうなずけます。

 

 

鉛筆の握り方を覚えましょう。

 

鉛筆の握り方の手順は、以下の通りです。

 

①親指と人差し指で「ピストル」の形を作る。 

「バキューン!」などと言ったりします。

 

②親指と人差し指で、鉛筆をつまむ。

写真のような要領でしょうか。

 

③最後に、中指を添えて、薬指、小指は軽く力を抜けば完成です。

 

手のひらの中には、卵1個ぶんが入るような隙間を、やさしく作るイメージです。

(手元に卵がなかったので、球の積み木を入れてみました。)

 

年長さんは、ペーパーに取り組む際など、鉛筆の握り方についても意識をしてみてください。

 

 

ただし、年齢(月齢)によっては、まだ鉛筆を正しく持つ力が発達していない可能性があります。

 

正しく鉛筆を持つことは大切ですが、

幼児期においては、正しい持ち方で鉛筆を扱うための指の力が、まだ身についていないことも、大いにあり得ます。

 

ですから、

上手に鉛筆が持てていない場合も、

無理に持ち方を矯正しようとするのではなく

「正しい持ち方」を知っておいてもらうに、とどめるのが良いでしょう。

 

力が入らない持ち方で鉛筆を使うことを、無理におこなうと、

お勉強そのものが「つらいもの」となってしまいかねません。

 

意識をしていれば、正しい持ち方で鉛筆を持つことも、必ずできるようになっていきます。

 

 

勉強の時以外で、「鉛筆を持つ力」を身につける。

 

お勉強のタイミング以外でも、鉛筆を持つための指の力や、

手首の使い方を練習していくことができます。

 

それは、いつかというと、

「食事のタイミング」です。

 

まだ、お箸を使って食事が難しいお子さまでも、

たとえば、スプーンの持ち方も、鉛筆と同じ持ち方で使えるように、練習してみましょう。

 

鉛筆と同じように持てていない場合は、

スプーンをグーで握るように持っていたり、

あるいは下の写真のように、親指を立ててスプーンを持っているかもしれません。

初めは、このような持ち方でスプーンを使っているでしょうが、

鉛筆の持ち方をトレーニングしていく際には、

あわせて、ぜひスプーンの持ち方も「鉛筆持ち」で練習してみてください。

 

 

 

年長さん・年中さん向けの定期教室の詳細はこちらから。

 
 
体験レッスン受付中
対象:年長・年中
料金:3,000円
特典:図形センスを磨く「紙パズル」をプレゼントします!
 
 

体験レッスンの申込は
こちらです。←←

関連記事

  1. 小学校受験対策、ペーパー学習の「学びはじめ」では、問題集の設問を…
  2. 国立小学校の受験課題は、全てが「指示行動」である。
  3. 年の終わりに寄せて
  4. 健康第一
  5. お勉強の集中力が続かない。そんな時は、
  6. 本日は、クリスマスイブですね
  7. 応用問題も、発展問題も、新傾向問題も、全ては、「基本」の2文字か…
  8. 図形学習の基礎も「遊び」感覚で

新着記事

PAGE TOP