ブログ

小学校受験に向けたお勉強を通して、お子さまが「勉強が好き」になるために大切なこと。

今日は、冷たい雨の都内です。

 

雨と、雪では、

雪の方が、冷たいはずなのに、

冬の雨の方が、冷たく感じるような気がします。

 

おそらく心理的なものでしょうが、そんな気がするのは、私だけでしょうか。

 

 

冬場は、指先が「かじかんで」いると、指先に力が入りづらいです。

そうすると、「運筆」や「制作」などの手先の巧緻性の課題を、スムーズに行うことが難しいかもしれません。

 

「指先が冷たいと、なかなか動かすのが難しいんだね。」

といったことは、体感してみても良いかもしれませんが、

指先が冷たい時は、無理にこうした学習を進めようとせず、

指先が温まってから、取り組むようにしてみてください。

(代わりに、口頭試問対話形式の学習に取り組んでみてください。)

 

 

「お勉強が好き」の前に

 

お教室などで授業をしていると、

「お勉強が好き」というお子さまも、多く集まってくれます。

 

小学校時に入学する前に、どのような状態になっておくと良いか、を考えたとき、

まず第一には、「お勉強が好き」という状態になることを目指したいです。

 

「好き」であるからこそ、

それだけ、前向きにお勉強に向き合えて

それだけ、たくさんの学びを積み重ねていくことができるからです。

 

 

この「お勉強が好き」という状態は、

特に幼児期の場合、

「適切な教材を与えていれば、そうなる」といったものではないでしょう。

 

 

幼児期の「お勉強が好き」というのは、その前に、ある言葉が隠されています。

 

それは、

(お父さんとやる)お勉強が好き」

(お母さんとやる)お勉強が好き」

(○○先生とやる)お勉強が好き」

という言葉です。

 

好きな人と取り組むお勉強だからこそ、

楽しく、取り組むことができるのです。

 

たとえ、ひとりで自学自習型の教材に取り組めていたとしても、

そのあとの、丸つけの際のお母さんとの会話があるから、楽しく取り組むことができる、

といった側面があると言っても良いでしょう。

 

 

お子さまにとって、「お母さま」「お父さま」というのは「いちばん大好き」な存在のはずです。

 

大好きな、お父さん、お母さんと、お勉強をする時に、

大好きなお父さん、お母さんが楽しそうにしている姿が見られたら、

ますます、楽しくお勉強に取り組むことができるでしょう。

 

反対に、

お勉強の時だけ、大好きなはずのお父さんやお母さんが「怖く」なったりすると、

「お勉強なんて、なかったら良いのになあ。。」

などと、思うことになるかもしれません。

 

 

ですから、

大好きなお父さま、お母さまと、「楽しい時間」を共有できる時間として、

「お勉強」の時間を過ごしていただけたら嬉しいです。

 

 

「お勉強」の時間を楽しい時間にするポイント

 

では、どうすれば、

「お勉強」の時間を「楽しい」時間として過ごすことができるのでしょうか。

 

細かい方法論は、いくつもあるでしょうが、

 

いちばんの土台となるのは、

お父さま、お母さまの「勉強観」を、

「勉強=楽しい」というものにするということです。

 

例えば、

日々のお勉強の時間が、

「ノルマ」や「タスク」のようなものになっていないでしょうか。

 

お勉強に取り組む目的が、

かりに、「受験のため」であっても、

あるいは「小学校に入学するための準備のため」であっても、

「お勉強」を「やるべき」ものと捉えないような、考え方の工夫をすることが大切です。

 

そのためのコツとしては、

「お勉強」を、「ゲーム」のように捉えることが大切です。

 

あるいは、お子さまの学習内容について、

お母さま、お父さまご自身が、

「この課題を、子どもはどのように理解をしていくものなのだろう?」とか、

「どうやったら、わが子はこの問題に関心を持つものなのだろう?」といったように、

探究・研究をする感覚で、取り組んでみるのはいかがでしょうか。

 

これらの答えは、あっさり出るものばかりでは、ないかもしれませんが、

「難しいことや、すぐに答えが出ないものも、面白いよね。」といった感覚を、親子で共有していけると、

「学び」に向かう姿勢を、親子で共有することができると思います。

 

 

お子さまと勉強する際の「スタンス」を考える

 

子どもに対して「勉強を教える」という感覚になると、

どうしても、「教えてあげている」といった関係性になってしまいがちですし、

子どものために、〜している」という意識に、なってしまいがちです。

 

「してあげている」という感覚が強いと、

特にお子さまが思うように勉強に取り組めていないときに、

「なんで、こうまでして勉強をしなくちゃいけないんだろう」

などと思うことになるかもしれません。

 

そんな感覚を、

「子どもと、一緒に学ぶ」という捉え方にしてみると、

子どもと同じ目線で、一緒に「発見」の楽しさを味わっていくことができるかもしれません。

 

お子さまにとっての「お勉強」が、

お父さまや、お母さまにとっての「学びの機会」にもなれば、

お子さまと一緒に、学び、成長していく機会にできるはずです。

 

 

お勉強への意識を100%前向きに、というのは、

はっきり言ってしまえば理想論でしょう。

 

ですが、完璧である必要は、ないのです。

 

少しだけでも、「ポジティブな勉強観」を足してみて、

ほんの少しだけ、「楽しい」瞬間を増やしてみていただけたら、

 

「楽しいお勉強」が、少しずつ、続いていくと思います。 

 

 

ちなみに私はと言えば、

「三度の飯」と同じくらい、

いや、ひょっとしたら、それ以上に、

「お勉強」が好きです。

 

そんな私が、いつも楽しくお勉強をさせていただけているのは、

一緒にお勉強をしてくださっているお子さまたちや、

そのお父さま、お母さまがいてくださるからです。

 

いつも、一緒に楽しくお勉強させていただけていることに、

心から、感謝をしています。

 

そして、せっかく、一緒にお勉強をさせていただけるのなら、

ぜひ、一緒に、「お勉強を楽しみたい」と、思っています。

 

 

年中さん・年少さん向けの定期教室の詳細はこちらから。

 
 
体験レッスン受付中
対象:年中・年少
料金:3,000円
特典:図形センスを磨く「紙パズル」をプレゼントします!
 
 

体験レッスンの申込は
こちらです。←←

 

関連記事

  1. 年末年始の帰省中、移動の車内でもできる「知的ゲーム」6選
  2. 国立小学校受験の「本番」を想定して、「現状」に隠された「プラスの…
  3. 「かぞえる」問題に正答するためのステップ③
  4. 5月のお教室について
  5. オンライン講座へのご参加ありがとうございます。
  6. 【教室情報】4月、5月の定期教室の実施について
  7. 国立小受験を考えての、ゴールデンウィークの発展学習に「ちょっと待…
  8. お子さまが「自分で考え・判断する」力を育てる

新着記事

PAGE TOP