ブログ

小学校受験に取り組んでいるご家庭の視点、「遊び」をどのように解釈するか。

本日より、レギュラークラスにご参加のご家庭の皆様に、面談のお時間をいただいております。

 

本日、お話をうかがっていて感じたのは、

日常生活の中で、無理なく「お勉強」の時間を織り込めているということです。

 

日々の生活の中に、自然と、学習を組み込むことができている、ということ。

これは、小学校に進学した後にも、明らかな「土台」として機能していくはずです。

(実際に、お教室の「卒業生」のお母さまからは、「就学前の学習が、今に活きている」というお声を、複数いただいています。)

 

 

幼児期の、1日の中での「お勉強」の時間は、

1時間もあれば、「充分」だと言えるでしょう。

 

そして、「お勉強」然としていない、「その他の時間」こそが、

実は、小学校受験の視点からしても、非常に重要な時間なのです。

 

 

たとえば、よくある「ごっこ遊び」を、小学校受験の視点で捉えたら、どうなるでしょうか。

 

男の子のご家庭でも、女の子のご家庭でも、

お家で遊ぶ時に、「ごっこ遊び」をすることがあるかもしれません。

(あるいは、「おままごと」「お人形あそび」のようなものも同じでしょう。)

 

何かになりきって

あるいは、手近にあるものを何かに見立てて遊ぶ、というのは、

幼児期の発育の上でも、ごく自然なことです。

 

受験について一切考えていないお子さまであっても、自然に取り組んでいるのがこれらの遊びですから、

逆に、こと「受験だから」と考えて、「ごっこ遊び」をするわけでも、ないはずです。

 

一般的にもありふれている「ごっこ遊び」ですが、

それすらも、「小学校受験」につながる要素が、いくつも含まれているのです。

 

 

「ごっこ遊び」からも養える「小学校受験」の土台。

 

たとえば、その遊びの中に、何名かの「登場人物」が現れたとしましょう。

 

そして、それらの登場人物の間で、何かやりとりがなされたり、

何かしらの出来事が展開していくかもしれません。

 

登場人物のやりとりに、ストーリー性を持たせることができたり、

お子さまみずから、創造性を持ってやりとりを展開させることができたら、

それは、すなわち、お茶の水小の個別課題などで課されうる「お話づくり」の力につながっています。

 

また、登場人物のやり取りの中で、

「喜怒哀楽」の感情を織り交ぜていくことをしてみたら、どうでしょうか。

 

これは、筑波小のお話の内容理解の「表情」の設問に通じることであったり、

世田谷小などをはじめとした口頭試問での「(絵を見せて)この子はどうして泣いているのですか」と言った設問にも通じるでしょう。

 

また、ごっこ遊びの中で、ペーパー学習などで学んだ課題を入れ込んでみながら遊べたら

それは、まさしく隠れた学習時間になりますし、

そればかりでなく、この形式が、「お話の内容理解」のなかで数の課題や地図上の移動が折り込まれている、筑波形のペーパー課題の形式にも通じるものでもあります。

 

「ごっこ遊び」が、誰か(何か)の真似をする、ということになれば、

お茶の水小や大泉小の「模倣」につながるものでもありますし、

身体を動かしながらの遊びとなれば、それは「模倣運動」との関連も見えてきます。

 

 

「おままごと」などから、

大泉小の生活課題に通じる理解を深めることも可能でしょうし、

 

ルールを決めた遊びに発展したら、

小金井小の、複数のお約束を覚えながら取り組む運動課題にも似通ってきます。

 

 

さらには、「ごっこ遊び」に限らないですが、

何かしらのおもちゃを使って遊んだ時に「お片付け」をすることを重視して習慣化させることができたら、

竹早小の「自由遊び」の際にも、お約束を守って楽しく遊ぶことが可能になるはずです。

 

 

さて、これらの課題に適応できる能力は、

果たして、ペーパー学習だけで身につけることができるでしょうか。

 

国立小学校が、「過度の受験対策を憂慮します。」といったメッセージを(学校によっては実際に)発しているのは、

そういった側面も、あるのではないかな、と思います。

 

 

もちろん、ご家庭でのお勉強として、ペーパー学習はぜひ組み込んでいきたいところですが、

それにも増して、幼児期の「遊び」は、受験を考えても「必修科目」であると考えています。

 

 

大切なのは、その遊びを「解釈」する視点でもあります。

 

「じゃあ、ただ遊ばせておくだけでも、受験の対策になるということですか。」

というご質問があったとしたら、

 

それは、半分以上は「その通り」とはなるのでしょうが、

かと言って「満点」というわけではない、というのが個人的な見解です。

 

 

せっかく、「小学校受験」を目指し、

そこに向けてのお勉強や対策をしているのであれば、

 

日常のお勉強や、対策で取り組んでいるようなことを、

「さりげなく」まぜこんでいくことも、できてしまうはずです。

 

遊びの最中は、

基本的に、お子さまが中心となって、その遊びを「創って」いくことになるでしょうが、

その中で、「これはできるようになってきてるな」とか、「こんなことは、できたりするかな?」と言ったことを、こっそり確認していくことで、

(お子さまが)知らず知らずのうちに、受験にも通じる力が養われていった、というのが理想です。

 

普段から、親子で一緒にお勉強にも取り組んでいるからこそ、

そういった「見方」も、可能になるはずです。

 

 

お子さまの「あそび」の中に含まれている、

「まなび」の要素を、発見していくことは、とても有益なことです。

 

そうすることによって、

「わが子は遊んでばかりだけど、こんなことで良いのかしら。」と言った焦りを感じることはなくなり

「いいぞいいぞ、今日もたくさん遊びながら学んでるな」と感じられるようになるはずです。

 

 

そして、「お勉強」の中では、難しくて取り組みきれなかったことも、

「できる」を要求しない「遊び」の空気感や軽いトーンのなかで、自然と触れていくことも、できるようになるはずです。

 

 

もちろん、受験本番は、

緊迫感もある中で、課題に取り組むことができるようになる必要があるでしょうが、

今は、まだ受験本番の日ではありません

 

「お勉強している」とすら思わない空気感の中で、

たくさん、楽しく学びを(こっそり)積み重ねていってください

 

 

もちろん、遊びの時間の際は、

「楽しく」がポイントで、「まなび」は二の次です。

 

それでも、勝手に学びは積み重なっていきますから、

 

楽しいお勉強の時間に加えて、

ぜひ、楽しく遊べる時間も、過ごしていっていただけたら、と思っております。

 

 

2020オールインワン講座part1

1日で、国立小受験の5つの課題「全部のせ」の、

オールインワン講座を開催いたします。

 

国立小受験の本番を意識した、普段のお教室よりテスト形式に近い課題に取り組みます。

 

狙いは「春までの総復習」です。

少し緊張感のある空間でも、これまでのお勉強で培った力を発揮できるか、に挑戦していくことを目指します。

 

日程:6/7(日)

時間:午前 9:00~11:00
   午後 13:00~15:00
(2回とも同じ内容です)

受講料:12,000円

定員:各9名

会場:新宿区四谷三栄町

(参加申込をされた皆様に、詳細の住所をお伝えしています。)

内容:本番を意識した実践的な内容

お申し込み:今すぐです。

専用のお申し込みページから、必要事項をご入力の上、お申し込みください。

 

春の特別講習分のエネルギーを、この1日に一点集中で、お届けします。

お勉強が大好きな皆様と、一緒に学びの時間を共有させていただけるのを、楽しみにしております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

 

 

 

年長・年中さん向けの定期教室の詳細はこちらから。

体験レッスン受付中
対象:年長・年中
料金:3,000円
特典:図形センスを磨く「紙パズル」をプレゼントします!

 

体験レッスンの申込は
こちらです。←←

関連記事

  1. 国立小受験を考えての、ゴールデンウィークの発展学習に「ちょっと待…
  2. 「はやい」と「きれい」、どっちが大事?
  3. 時には、「過去」をふりかえる。
  4. 明日は、「国立小合格勉強会」です。
  5. 日々の学びに「ライブ感」を。
  6. 小学校受験をする上で、直前期まで変わらず大切な習慣
  7. 「数の問題」で必要な考え方
  8. 2019年も、始まっています。

新着記事

PAGE TOP