心構え

小学校受験「口頭試問が苦手?」 悩んでいる、お父さま、お母さまへ!

太陽

(c)こどもイラスト図鑑

小学校受験「口頭試問が苦手?」悩んでいる、お父さま、お母さまへ!

【ペーパーも、製作もうまくいった。なのに、どうして…】

ペーパーで満点を取っても…

製作で作品を完成させても…

完璧にケンパーを行っても…

行動観察でどんなに楽しくお友だちと協力できても…

試験官が、「この子うちに来てくれないかなぁ」と思っても…

口頭試問の時に、何も話さなかったら、合格は遠のいてしまします。

姿勢が悪ければ、だらしのない印象を与えてしまいます。

声が小さすぎては、聞き取ってさえもらえないかもしれません。

【口頭試問が苦手?それって、チャンスですよ!!】

「うちの子、恥ずかしがり屋だし…。声も小さいから…口頭試問ダメなんですよ…」

この質問、何十回、いや、もしかすると100回を超えるくらい聞いてきたかもしれません。

「うちの子、落ち着きがないんです…。姿勢も悪いんですよ…だから、口頭試問は…」

この質問も、たくさん受けてきました。

でも…私の経験から言わせてもらうと…

「うちの子、口頭試問が苦手だな…」

そう思っている子は、それって、逆にチャンスですよ!!

苦手だなと思っている子が、それを克服すべく、頑張る姿は、必ずや試験官の胸を打ちます。

人の好みは、十人十色。

それぞれ違います。

しかし、一生懸命に頑張る姿だけは、なぜか、万人の気持ちや心を揺さぶります。

【あなたのお子さまに合った方法で行う】

口頭試問は、その子の性格を見極め、その子に合った、その子だけの方法で行えば、必ず上手にできるようになります。

(もちろん、即答法”、“セリフ発声法”、“イメージ想起法”といった基本練習をしたうえでです)

他の子を基準にしてはいけません。

あなたのお子さまを、他の誰かに、無理やり仕立て上げようとしてはいけません。

「声が○○ちゃんより小さい。○○ちゃんみたいにしなければ」

「表現力が不足している…○○くんのような言い方にしなければ」

というようなやり方で行っても上達はしません。

あなたのお子さまの良いところは、「外」に探そうとしても、決して見つかりません。

あなたのお子さまの良いところは、もうすでにあります。

「外」ではない、「内」にあります。

すでに備わっています。

「内」にある「良きところ」を見つけ出し、それを生かしたときに、「外」にあった「素敵に見えたもの」も引き寄せられてきます。

【試験官と、一対一で話すことができる唯一のチャンス、それが「口頭試問」です】

さあ、だいぶ、口頭試問に関する不安が解消されてきたのではないでしょうか?

口頭試問は、上手に行えば、自分の良さをアピールする良いチャンスとなります。

話す時の、

「声の大きさ」

「口の開け方」

「姿勢」

「視線の送り方」

「表情」

 

これらによって、印象は大きく違ってきます。

それぞれに、あなたのお子さまにしかできない、あなたのお子さまに合った、あなたのお子さまだけの方法があります。

もしも、お子さまのことが近すぎて見えなかったら、私たちにお任せください。

皆さまのお子さまの、「内」にある良きところを、私たちが引っ張り出します。

お任せください。

私たちの「口頭試問講座」にお越しください。

お知らせです!

 

4月16日(日)に、東京の中野で、「国立小学校合格 口頭試問講座」を開催します!

時間は、9時から10時半までの1時間半です。

 

詳細は、来週の火曜日に報告させていただきます。

 

神山が行う、「国立小学校合格」のための「口頭試問講座」です。

楽しみにしていてください!

 

関連記事

  1. 小学校受験 楽しくお勉強するために!“意味づけ”を、変えてみる!…
  2. ジャンクフード 子どもに食べさせていますか?
  3. 「セミナー」や「勉強会」に来て うまくいく人 いかない人
  4. 良いものを全て取り入れる、は間違い
  5. 国立小学校の運動課題は何を見ている? 技術? 体力? それともの…
  6. もう一度人生をやり直せるのなら
  7. 寄り添う
  8. 閑話休題 天才少年 その光と影

新着記事

  1. 言葉を添える

PAGE TOP