ブログ

小学校受験 運動課題 「ケンパー」 誰もが上達する魔法の言葉!

体育の教科書

小学校受験 運動課題 「ケンパー」 誰もが上達する魔法の言葉!

【指導の壁】

ずいぶん前に、ケンパーを指導していると、どうしてもうまく指導しきれない場面に出くわすことがありました。

子どもたちの、ケンパー時の姿勢が、どうしても 「猫背の状態」になってしまうのです。

「猫背」ゆえに、「リズミカルさ」とは程遠い跳び方になってしまいます。

「ピョンピョン」ではなく、「ドタドタ」といった感じです。

【自信を失いました】

幼稚園や保育園で、上手に跳べているであろう子どもたちが、私が指導したことで、下手になってしまう。

これは、本来あってはいけないことでした。

なぜだろう?

「輪をしっかり見るように」

「輪の中にきちんと足を入れるように」

言うべきことはきちんと言いながら指導しています。

決して、間違ったことは言っていません。

なのに、なぜ?

練習しているのに、指導しているのに、

「うまくなっていない!!」

これが、これこそが、事実だったのです。

私は、当時、「ケンパー」の指導に自信を失いかけていました。

【原因は声掛けにあった】

そんな時に出会ったのがこの本でした。

実業之日本社の「体育の教科書」

なんと!東京学芸大学附属大泉小学校体育部監修です!

写真が見やすいです。

その上、丁寧な技術解説がついています。

その解説の中に、「子どもたちに掛けるべき声掛けのコツ」が書いてあるではないですか。

その名も、“魔法の声掛け”です。

ケンパーにおける、“魔法の声掛け”は、こうです。

「下を見ずに、少し先を、一歩前を見てごらん」です。

この“魔法の声掛け”が、私をスランプという長いトンネルから救い出してくれました。

ものの見事に、「猫背現象」は消え失せ、「ドタドタ感」もなくなり、「リズム感」ももどってきました。

【根性も大事だけど、“コツ”を伝えることはもっと大事】

上手くいかないと、「回数を増やす」、「時間を長くする」といった、根性論で行ってしまうことが往々にしてあると思います。

「もう1回!!さあ、もう1回!!」

「やるぞ!!まだまだやるぞ!!」

しかし、疲れている時は、たいていフォームが崩れている時です。

そんな時に、繰り返してしまっては、悪癖(悪いフォーム)が身についてしまいます。

休憩を取り、コツをつかませるための上手な声掛けで再開する方が効果的ですね。

これって、運動だけじゃなくて、ペーパーにもどんなことにも当てはまりそうです。

-おしらせ-

コツコツ神山塾!! 「コツをつかんで、ごうかくをつかむ 誰も教えなかったペーパー学習法 勉強会」開催のお知らせ!!

4月に開催します。

教室の授業は、「わかった」までです。

はっきり言います。

そこまでです。

「わかった」まででは、「合格レベル」には到達しません。

「できる」のレベルに到達して、はじめて「合格レベル」に到達します。

教室の授業が、「合格」に導いてくれる。

そんな幻想は今すぐ捨て去る必要があります。

家庭での学習の中に、家庭における生活の過ごし方にこそ、「合格の芽」があります。

教室に頼りきっていてはいけません。

家庭学習中心でも、十分に合格はできます。

「常識を覆す コツコツ 神山塾」

詳細の発表は、3月6日です!!

関連記事

  1. 国立小受験 こんなに出る課題はない 分類計数3
  2. たしかに1,000円ではありますが
  3. 残り3か月 国立小受験 お話の内容理解 100%出題される課題に…
  4. 筑波小の魅力 こんな先生に教わりたい! 著書からわかる高い指導力…
  5. あなたの心に 一条の光明がさすとき
  6. お待たせしました。明日、夏期講座の日程と場所の発表です!
  7. 「失敗」、「不安」、「孤独」、「挫折」という名の4人の友だち
  8. 国立小へ行こう  天才の作り方1

新着記事

  1. 謝罪文

PAGE TOP