心構え

寄り添う

【寄り添う】

自らが悲しみを抱えても、
耐えることはできます。

しかし、近しい人が悲しみを抱えているのを見るのはつらいものです。

家族の誰かが悲しみを抱えたとき
守ってあげるために行動をおこしたことがあります。
慰めの言葉をかけたこともあります。

どちらもそれなりの効力は発揮しますが、やはり“それなり”であり、
悲しみの全てを癒すことはできませんでした。

悲しみは、たとえ、その瞬間、取り去ったかのように見えても、
やがて、思い出したかのように、
繰り返し繰り返し、その人のもとを訪れるます。

だから、何もできないのですが、
気持ちだけは、いつもいつも寄り添うようにしています。

子どもたちも、毎日同じ精神状態ではありません。
訳もなく感情が乱れる日もあります。
目覚めた瞬間に、理由なき悲しみに襲われることもあります。

それとは逆に、根拠のない自信に満ち満ちている時もあります。
はちきれんばかりの自然な笑顔の時もあります。

楽しい瞬間も

嬉しい瞬間も

悲しい時も

つらい時も

憂鬱な時も

迷っている時も

一人ぼっちの時も

いつも皆さまのお子さまに、気持ちだけは寄り添っていたいなと思います。

何もできませんが、それだけは、いつもいつも忘れないで授業をおこなわなければいけませんね。

感謝の意を込めまして    神山眞

関連記事

  1. プーさんが教えてくれる、「健康」と「幸福」を手に入れる方法
  2. 国立小へ行こう  天才の作り方1
  3. もう一度人生をやり直せるのなら
  4. どんなにお母さんのことを嫌っても、お母さんは○○ちゃんのことが大…
  5. 「失敗」、「不安」、「孤独」、「挫折」という名の4人の友だち
  6. 国立小合格のための ゴールドスタンダード28
  7. 穴が開くほど見ていますか?
  8. イライラの原因は、本当にあなたの子どもにありますか?

新着記事

  1. 言葉を添える

PAGE TOP