ブログ

完璧主義は身を滅ぼす

先ほど、自宅の近くの踏切で、

遮断機の警報の音と、ランプの点滅が「8:6」であることを発見しました。

「カンカンカンカンカンカンカンカン」の間に、

「ピカピカピカピカピカピカ」

 

退屈なはずだった踏切の待ち時間が、ちょっぴり、楽しい時間になりました。

 

いくつになっても、新しい発見があることは嬉しいですね。

 

 

閑話休題

 

昨日、お会いした方から、

「藤田さんの人生の中で、影響を受けた出来事や、影響を受けた人は誰ですか?」

という質問をされました。

 

その時は、「いろいろな影響を受けてきただろうなぁ」と、ぼんやり思い返すだけでしたが、

後になって、「そういえば、」と、大切な教えをひとつ、思い出しました

 

 

高校時代の恩師のひとり、英語のN先生からの教えです。

 

N先生は、コワモテで授業も厳しい先生でした。

毎回、教科書の内容を「読んで訳せ」と生徒を次々と指名するので、気が気ではありません。

授業の予習を、真剣にするようになったのも、この英語の授業が初めてだったような気がします。

当時は、どちらかというと、「こわい先生」という印象でした。

 

 

そんなN先生が、授業中に一番熱が入ったのは、ほかでもない「雑談」の時間でした。

 

「授業は聞かなくてもいいから、雑談だけは聞け。雑談を聞かない奴は成功しないぞ。」

と、たびたびおっしゃっていたのを思い出します。

 

「先生の授業を聞かないでやり過ごす方が難しいけどな、」などと思ってもいましたが、あらためて振り返ってみると、この一言は、まさに金言、だと思わずにはいられません。

 

N先生がしてくださった雑談の、大半は記憶の彼方へと追いやられてしまっているのですが(先生、ごめんなさい)、

ただひとつだけ、今でも強烈に憶えている言葉があります。

 

それが、

「完璧主義は身を滅ぼす」

という教えです。

 

 

「完璧主義は身を滅ぼす」

N先生の言葉をお借りして、かいつまんでご紹介します。

 

100点を求めようとするな。

70点を80点にするのは簡単だけど、90点を100点にしようとするのは相当に苦しい。

 

コップいっぱいに水を入れて運ぶようなものだ。

それよりも、ほどほどに水を入れて、何回か運んだ方が、よっぽどたくさんの水を運べる。

 

100点を取らないと満足できない奴は、いずれどこかで100点を取れなくなった時に潰れてしまう

 

何事も、ほどほどにしろ。

完璧主義は身を滅ぼす。

 

高校1年生の時に、この教えに触れたおかげで、

各教科、まんべんなく受験勉強をして、それが志望校合格にもつながった、と感じているのですが、

それはまた、別の話。

 

 

それから時を経て、

学習者ではなく「教育者」の視点から、この教えを繰り返し、繰り返し振り返ってきました

 

 

「完璧主義」の原因とは

そうすると、「完璧」を求める子どもの奥には、

子どもと関わる大人に、その原点があるのではないかということを、考えるようになりました。

 

常に、「よくできること」を求められる。

お母さんに褒められて嬉しかったのは「ペーパーに正解するとき」。叱られたのは「ペーパーができなかったから」

そんなお話を、聞いたこともあります。

 

「満点をとって当たり前」で、親からテストで褒められたことはない

少しでも間違えると厳しく叱責された。

そんな経験から、学習が手につかなくなり、勉強が苦手になった。という経験を語ってくれた知人もいます。

 

「最良」を求めるから人は成長する、けれど

もちろん、

「より良いもの」を求めることは、プロとしての尊敬すべき姿勢だと思います。

「神は細部に宿る」とも言います。

 

ですが、完璧を求めすぎた結果、上手くいかなくなってしまうのであれば、

それは本末転倒です。

 

過ぎたるは、なお及ばざるが如し。

小学校受験を目指すお子さまにとっても、

現時点で、「できない」を「できる」に仕上げることに、こだわらないほうが、良いこともたくさんあります。

 

そもそも、

「ペーパーで満点を取ること」や

「制作課題を完成させること」が、

合格の必須条件であるとも、言い切れません

 

 

大切なのは、

「できる」「できない」よりも、日々の「取り組み方」ではないでしょうか。

 

日々、いかに楽しく、学びを積み重ねていくか。

それを追求していった先に、「できる」喜びや、成長を実感することが、増えていくのだと思います。

 

学ぶことに、ヤミツキになるような、

そんな「きっかけ」を、お届けしていけたらと思いますし、

ぜひ、親子でも楽しい学びを、楽しんでいただけたらなと、願っています。

関連記事

  1. 小学校への、進学を控えている皆様へ
  2. 子どもと一緒に、成長する
  3. ペーパーを前にしなくても、学習はできる
  4. 新年、初の定期教室でした
  5. 第2回「国立小学校 合格勉強会」ご参加いただいたみなさま、本当に…
  6. 今年度、受験を経験した皆さまへ
  7. 1日のスタートに必ず取り入れたいもの
  8. 年の終わりに寄せて

新着記事

PAGE TOP