ブログ

子どもと一緒に、成長する

今日は、今年はじめての、幼稚園での授業でした。

 

年末年始と、少し期間があいての授業だったので、ちょっぴり緊張しましたが(授業の前は、いつも緊張します。)、

目を輝かせて、お勉強やクイズに取り組んでくれる子どもたちに救われ、

素晴らしい先生がたに支えられて、

おかげさまで、とても楽しい時間を過ごすことができました。

 

 

そして、

しばらくぶりに会うお子さまの、顔つきや、たたずまいが、ガラッと変わっていることに、気づかされました。

きっと、この数週間で、たくさんのことを経験し、ひとまわりも、ふたまわりも成長したんだろうなあ、と感じました。

 

 

子どもたちは、どんどんと、成長していきます。

成長していく子どもたちと、時間を共有させていただいている立場の人間として、

成長しないままでいるわけには、いきません

 

自分自身、現在が完成形ではありません。

むしろ、「今が完璧ではない」ことを、強く自覚しているくらいです。

 

だからこそ、「伸びしろ」で勝負をしていきたいと思いますし、

「教える」側としての視点だけではなく、「学ぶ」側としての姿勢を、空気感でお伝えしていけたら、と思っています。

 

 

「完璧主義」の話にも通じることだと思いますが、

「完璧ではない、ありのままの自分」を、肯定的に捉えるか、それとも否定的に捉えるかが、

実は、他者に与える影響を大きく左右するのではないかな、と考えています。

 

「完璧でないといけない」というスタンスだと、

基本的に、それは自己否定につながり、他者についても否定的な視点になってしまうでしょう。

どちらかというと、減点法の考え方です。

 

ですが、「完璧でなくても、ありのままで良い」と考えられれば、

自分を責める必要も無くなります。

自分を責めないわけですから、いきおい、他者を否定する必要もなくなります

 

自分自身、かつては、「大人がちゃんとしていないといけない。」という風に、思っていました。

ですが、そういう考えかたをすることが、結局、教える側の自己否定になってしまい、

結果的に、教える相手を否定することにも、つながってしまうのではないかということに、思いいたりました。

 

それは、ちょっと違うかもな、と思いました。

 

 

子どもの可能性を認める。

子どもの価値を認める。

 

といったことは、

導く側の大人が、自分の価値や、可能性を認めることから始まる。

 

ということを、今あらためて、感じています。

 

 

だから、子どもの成長に関わる立場として、

(それは、親であっても、教師であっても、それ以外の立場であったとしても)

「子どもと一緒に、成長する」

という姿勢で、日々を過ごしていければ、いいのではないかなと思います。

 

それが、自分自身の小さな前進に気がつき、それを自分で認めることにもつながるでしょうし、

ひいては、子どもにとっての、小さな成長に気がつき、認めることにもつながると、思っています。

 

 

子どもたちと、小さな成長を見つけて、一歩ずつ、前進していけるような、

そんな関わりかたを、心がけていけたらと、願っています。

 

関連記事

  1. 知育におけるトランプゲームの有能性
  2. 筑波大学附属小学校 重点講座
  3. 今週末の定期教室について
  4. 今年の定期教室、「授業納め」でした。
  5. 「まなび」は「あそび」から
  6. たいへん申し訳ございません。
  7. 「聞く姿勢」は、日常の会話から。
  8. 東京学芸大学附属世田谷小学校・大泉小学校の令和3年度の新1年生入…

新着記事

PAGE TOP