心構え

夫婦で価値観が違うのは、「いいこと?」or「よくないこと?」

夫婦で価値観が違うのは、「いいこと?」or「よくないこと?」

夫婦で価値観が違うということ

それは、

子どもにとって、

逃げ場があるということ

子どもにとって、

選択肢の幅が広がるということ

決して悪いことではありません。

価値観が違うと、

「子育てはうまくいかない」

という人もいます。

確かに、お互いを尊重しあわない、価値観の違いは、

子どもを迷わせるだけかもしれません。

パートナーの価値観を、

尊重することをお勧めします。

そして、

お互いの価値観の違いを、

悪いことだと思い込みすぎないことを切に願います。

大切なことなのでもう一回、

言います。

価値観が違うということは、

子どもの選択肢を、広げている可能性がある

どうか、

そのように認識してみてください。

今日は、暖かいですね。

“春の陽気”という言葉がぴったりです。

“外遊び”が、楽しめる季節でもありますね。

小学校受験を目指す子どもたちは、「受験生」です。

ですが、「受験生」である前に、「幼稚園児」であり「保育園児」です。

後から考えると、その時期にしかできないことって結構あるものです。

幼稚園児、保育園児であるからこそ、今、楽しめることを存分に家族で行ってください。

切に願います。

神山眞

関連記事

  1. 「寝ないでやらないと終らない?」-幼児期の睡眠負債について考える…
  2. これから年中になるお子さまをお持ちのお母さまへ 3つの大切なお話…
  3. お金や学歴はあった方がいい?
  4. “この人には絶対叶わない” そう思わせた一冊の本
  5. 運動課題は「親が先子どもは後」 家庭学習で国立小学校合格を目指し…
  6. 閑話休題 天才少年 その光と影
  7. イライラの原因は、本当にあなたの子どもにありますか?
  8. ジャンクフード 子どもに食べさせていますか?

新着記事

  1. 言葉を添える

PAGE TOP