ブログ

国立小=たくさんの教育実習生 子どもの教育にプラス? それともマイナス?

(ア)生活習慣を身につけている子

(イ)自分で考えて行動する子

(ウ)作業を丁寧に行う子

(エ)豊かに発想する子

(オ)人の話をしっかりと聞く子   

となっています。

繰り返しになりますが、国立小は教育研究を目的としています。

なので、学校側が、研究対象としてふさわしいお子さまと保護の方を入学させているとしても不思議でも何でもありません。

そういった意味では、落ち着きがない子、けじめのない子、人の話が聞けない子などは、研究対象としてふさわしくないのかもしれません。

でも

だからと言って…

だからと言って、今たとえ落ち着きがなくたって話が聞けなくたって、諦めないでください。      

必ずそれらのことはできるようになります。

国立小を一度目指したなら、とことんお子さまを信じてあげてください。                  

そして、より一層国立小を理解し、国立小入学を理想とするのなら、是非とも一緒に国立小合格に向けて歩みましょう。

あくまでも個人的な意見ですが、国立小は、その在り方ややり方に賛同して入ったのなら、決して裏切ることのない学校だと思います。入学したお父様やお母様から聞く話を聞けば聞くほど、そのように思います。

目の前に起こる現象が、仮に同じであっても、肯定的に見るか、あるいは否定的に見るかで、全く逆のものに見えてしまうことってありますよね。

神山眞

関連記事

  1. 小学校受験「口頭試問が苦手?」 悩んでいる、お父さま、お母さまへ…
  2. 国立小合格者が共通して取り組む夏休みに行うべき○○とは
  3. 書評「算数遊び60」
  4. 国立小へ行こう 天才の作り方2
  5. 「国立小学校」ってどんなところ? ホームページを覗いてみよう!
  6. ペーパー学習だけでは国立小合格は難しい「問題集を閉じよ、公園へ行…
  7. こんなにいるのですね! 素晴らしき、保護者の方々!
  8. 小学校受験 “必ず言えるようになる 3つのアプローチ” 口頭試問…

新着記事

  1. つられる

  2. 謝罪文

PAGE TOP