心構え

国立小学校合格者は、みんな早寝早起き!?

本日のテーマ 「早寝早起き」

睡眠と記憶の定着には密接な関係があります。

国立小学校合格者は、皆、早寝早起きだったのでしょうか?

【思い込みかもしれませんが】

聞けば聞くほど、

国立小学校合格者の、ほとんどが早寝早起きです。

これ、ものすごく大切です。

遅寝遅起き、ダメです。

遅寝早起き、これも絶対にダメ。

今すぐに、

早寝早起きにシフトチェンジすることをお勧めします。

【睡眠時間を削って勉強するは正しい?】

そうは言っても、早寝早起き、なかなか難しいです。

保育園に行っているお子さまの帰宅時間は、18時を過ぎることがほとんどです。

そこから、お風呂に入ったり、夕飯を食べたり、明日の準備をします。

すると、勉強開始時刻は、とうに21時を過ぎてしまうことがあるそうです。

そこから1時間半勉強をする。

勉強を終え、歯磨きをして寝支度を整える。

就寝時刻は23時近く。

これでは、大人顔負けです。

良いか悪いかでいうと、良くない気がします。

確かに、学習時間の確保は大切です。

しかし、それ以上に大切なことがいくつかあります。

【昼間の活動の質を上げるのは、夜の睡眠の質】

睡眠不足は、昼間の活動の質を低下させます。

大人でさえそうなのですから、幼児にとってはなおさらです。

睡眠不足の子は、どうしても、集中力に欠け、総じてケアレスミスの可能性が高くなります。

昼間の活動の質を上げるのは、夜の睡眠の質です。

夜の睡眠の質を上げるには、

(1)成長ホルモンが活発に分泌されると言われる22時には、深い眠りに入っている必要があります。(昼寝もとても良いのですが、成長ホルモンが分泌される量が多いのは、圧倒的に夜です)

(2)眠りに入る前に、気持ちを安らかにする必要があります。(絵本の読み聞かせが最適です)

(3)何よりも早起きする必要があります。(これに勝るものはありません)

 

【早起きは三文の徳】

眠い目をこすって、勉強を続けるのは得策とは言えません。

理由は二つあります。

一つ目は、やはり集中力が続かないことです。

集中力なき学習は、著しく能率を下げます。

時間をかけているのに、思ったより量がこなせないのは、集中力が低下している証拠です。

二つ目は、勉強が嫌いになってしまうことです。

幼児期の子どもには、意識や気分を正確に分析するだけの力はまだありません。

よって、「眠気と戦う=つらい」という意識が、いつの間にか、「勉強そのもの=つらい」という意識にすり替わってしまいます。

これは、よくよく気をつけなければなりません。

<睡眠を味方につける>

睡眠は、上手に味方に付ければ、その効力をいかんなく発揮してくれます。

成長ホルモンの分泌は、「背を伸ばす」、「骨を強くする」、「筋肉を増やす」などといったたくさんの恩恵を授けてくれます。

私は、睡眠と記憶の専門家ではありません。

なので、その関係を正確に或いは詳細に言い表すことは不可能です。

ですが、睡眠には、「必要なものを記憶にとどめ定着させる。嫌な記憶は消去する」という働きが確認されているのは周知の通りでもあります。

今一度、ご家庭で生活のリズムについて話し合ってみてはいかがでしょうか?

眠い目をこすって行う1時間半の学習よりも、すっきりと目覚めた朝の30分の学習の方が効果的かもしれませんね。

いずれにしましても、早寝早起きに関してはいいことだらけですから、共に頑張りましょう。

-お知らせです-

「家庭学習中心で国立小学校合格を目指す勉強会」ですが、以前に3月5日(日)と告知しました。

本当にすみません。

3月6日(月)の誤りです。

午前中に行います。

間違ったこと、反省しております。

お許しください。

その代わり、凄いのをやりますので、期待して待っていてください。

ここ7年ほど、4時起きを続けてきました。

雨の日も、風の日も、休みだろうが、正月だろうがです。

前の日、2時に寝てもです。(もう前の日ではなくなっています)

しかし、度重なる、集中力の欠如により、今年から改めました。

いい感じです。

ここまでのところ絶好調です。

能率が違います。

成長ホルモンも分泌されているはずです。

きっとそのうち、よりたくさんのよき報告ができそうです。

皆さまに読んでいただけることが何よりの恩恵かもしれません 神山眞

関連記事

  1. 「寝ないでやらないと終らない?」-幼児期の睡眠負債について考える…
  2. 穴が開くほど見ていますか?
  3. 「つられる」 行動観察中の出来事に関して
  4. 国立小学校の入学金や授業料はいくらくらい?
  5. もう一度人生をやり直せるのなら
  6. 「失敗」、「不安」、「孤独」、「挫折」という名の4人の友だち
  7. どうしてもうまくいかない… そんな時こそお読みください お茶の水…
  8. あなたの心に 一条の光明がさすとき

新着記事

  1. 言葉を添える

PAGE TOP