ブログ

国立小学校受験 受験1か月前 運動課題 本番でやってはいけない気を付けるべき5つのこと

国立小学校受験 受験1か月前 運動練習で気を付けるべき5つのこと

本日は、国立小学校受験の運動講座でした。

「両足跳び(幅跳び)」、「ケンパー」、「平均台わたり」の3種目を1時間半行ってきました。

3種目とも国立小学校受験の運動課題の最頻出課題です。

その中でも、本日は「両足跳び」についてアドバイスをさせていただきます。

ジャンプ力という点では、春先と違い、体も一回り大きくなっているので、格段に進歩していました。

100cmを超える子が続出したのです。

「凄い!!こんなに跳べるようになったんだ!!」とびっくりしてしまいました。

でも、反面、「もったいないなあ…」と思う点もいくつかありました。

「本番までに何とかしなければ、合格はいただけないなぁ」と少し心配になっってしまった場面がいくつかあったのです。

それでは、私が気が付いた、5つの「もったいないな…」を説明します。

(1)スタートラインを越えている。(又は踏んでいる)

「今年はお約束やルールを守れない子は合格にしませんでした。なぜならば、ルールを守れない子、お約束を守れない子は、入学後に伸びないからです。」

これは、ある年、ある国立小学校の、ある担任の先生からの、入学後第1回目の保護者会での第一声だったそうです。

私の経験から言いますと、「ルールを意識的に破る子」や「お約束をわざと破る子」は、あまりいないと思います。

しかし、「お話をしっかりと聞いていなかった」がゆえに、「聞き取りの理解が十分でなかった」がゆえに、さらに、「普段の練習で意識していない」がゆえに、結果的にルールやお約束を守れなかった子たちは多数いると思います。

本日も、スタートラインをみんなで確認したうえで、「線を踏みません」、「線を越えません」といった二つのお約束をしました。

しかし…

3分の1の子たちが、線を踏んでいます。

線を越えています。

中には、2度目も3度目も、注意をしても、アドバイスをしても、毎回線を越えてしまう子がいました。

「きっと本番でも同じようなことが起きているのだな」と、私は感じました。

「指示をしっかりと聞く」

「指示を聞いたら、理解するまで頭の中で反芻する」

「普段の練習でも、ルールやお約束を意識する」

この3つが必要です。

特に、3つめの「普段の練習でも意識する」は大切です。

「ただ遠くまで跳べればよし!」の練習法からの脱却を今すぐ図りましょう。

(2)スタートの合図の後に足を動かす。

スタート合図は、笛であったり、声であったりします。

そのスタートの合図の後に、両足跳びは、「1、2の3」と手を振って跳びます。

手を振ったら、即、ジャンプです。

ところが、「1,2」と手を振った後に1,2歩前に出て、「3」で跳んでしまうケースがあります。

これも原因は、やはり「練習の方法」にあります。

普段の練習から、このやり方の通りに跳んでしまっています。

しかし、これはよくよく気をつけなければいけません。

「わざとやっている」、「意識的に行っている」と取られかねないからです。

遠くに跳びたいがためにわざと、1、2歩前に出ていると思われてしまったら、これは印象がよくありませんね。

練習の時に見るべきポイントは、「1,2の3」の「2」の時です。

手が後ろに伸びている時です。

膝を曲げ、腰を落としている時です。

ここで足を動かさないようにしましょう。

足が揃っている状態で、そのままジャンプしましょう。

(3)待機中にそっぽを向いている

国立小学校の運動課題中における待機時のシチュエーションは、3つ考えられます。

1つ目は、体操座りで競技者を見る。

2つ目は、椅子に座って競技者を見る

3つ目は、列に並びながら立った状態(または体操座り)で競技者を見る

(この場合、「列を詰める」という行為も必要になってきます)

以上3つです。

いずれの場合でも、待機中にそっぽを向いていてはいけません。

しかも、このそっぽを向く行為は、相当目立ちます。

競技者を見ることの重要性を、今一度、お子さまにお伝えください。

(4)始まりと終わりがだらしない

始まりは、スタートラインでの「きをつけ」の姿勢であることがほとんどです。

ここで、すでに差がついていることはご存知ですか?

「おっ!!」っと思わせる「きをつけ」と、だらだらとした「きをつけ」では、印象が大きく違ってきます。

「きをつけ」の姿勢を取っていない子すらいます!!

手をぶらぶら横に振ったり、首を傾け、足をだらりと横に広げています。

これらは、今すぐ直すべきです。

当たり前ですが、国立小学校受験における立っている時の姿勢は、「きをつけ」です。

これしかありません。

立っている時は、必ず「きをつけ」なのです。

それなのに、「きをつけ」の練習をしている方はごくわずかです。

どうか、1日、15秒でいいです。

「きをつけ」の練習をしてください。

必ずです。

必ず残り一か月、毎日行ってください。

この積み重ねが大きな違いへと導かれていきます。

(5)手をつく、しりもちをつく

距離が十分なのに、しりもちをついてしまう、手をついてしまうといったケースもありました。

「手をつかないように」、「しりもちをつかないように」といった具合に明らかに条件を提示してから、「両足跳び」を行う学校もあります。

 

ぐっと、踏ん張ることも練習の中に取り入れましょう。

グラグラしても、倒れそうになっても、最後は「きをつけ」の姿勢に戻るようにします。

そうです。

やはり、最後は「きおつけ」に戻るのです。

ここを意識できるようになると、グラグラしても、しりもちはつきません。手もつきません。

「きをつけ」を意識することって大切なのですね。

本日は、運動についてアドバイスをさせていただきました。

本当は、直接お会いして、目の前で、動作を見てもらいながらアドバイスがしたいですね。

今後は、そのような機会も作っていくように頑張ります。

授業後、お母さまが私に質問をしている時に、椅子に座って読書をしている女の子がいました。

凄いです。

受験関係者が、あのような場面を目の当りにしたら、誰でも、「この子にはうちに来てほしい」と思うはずです。

跳びぬけた才能を評価することなく、「待つことができる」といった行為にも十分な評価を与えてあげたいですね。        神山眞

関連記事

  1. 小学校受験 合格に欠かすことのできない図鑑はこれ!!
  2. 国立小学校受験 思わぬ落とし穴
  3. 筑波小の魅力 こんな先生に教わりたい! 著書からわかる高い指導力…
  4. 「楽しくすごせる」は成功者の資質
  5. 電車の中では、なぜ、大きな声を出したり走り回ったりしてはいけない…
  6. 国立小学校合格 結果を出す人 出さない人 何が違うの?
  7. 国立小学校を目指すのなら「オセロゲーム」をやりなさい!!
  8. 似て非なるもの 大きめのカバンと大きすぎるカバン

新着記事

  1. 謝罪文

PAGE TOP