ブログ

国立小受験の「お話の内容理解」や「口頭試問」のレベルアップにも必要な「助詞」に触れましょう。

小学校受験にて出題される「お話の内容理解」や「口頭試問」をレベルアップさせるために。

 

本日は、小学校受験で出題される「お話の内容理解」や「口頭試問」で、

さらに、ひとつ上のレベルに行くための「助詞の理解」について説明をします。

 

「助詞」は、小学校受験において、絶えず使われています。

 

たとえば、次の「お話の内容理解」の一節(例)を見てみましょう。

 

「クマくん、ウサギさん一緒、ニコニコ公園行って、すべり台遊びました。途中から、ネコくん、ゾウさん、タヌキくんやってきたので、みんな、かくれんぼすることなりました。じゃんけんして、ネコくん鬼になりました。ネコくん、タヌキくん、ゾウさん、クマくん見つけることできましたが、木の茂み隠れていたウサギさんこと、見つけることできませんでした。」

 

よくありそうな「公園で遊ぶ」シーンのお話を作ってみましたが、

今回、注目したいのはその内容ではなく、

お話の中に、たくさんの助詞(太字にした部分)が入っている、という点です。

 

 

「お話の中に助詞が入るのは、べつに普通なんじゃないの。」と感じるかもしれません。

 

ですが、子どもたちの生活を振り返って考えてみると、

意外と、日常の会話の中に、助詞が含まれていない場合があります。

 

ひょっとしたら、大人の私たちでも、助詞ぬきで会話をしているかもしれません。

 

たとえば、

「ごはん食べた?」

「お風呂入るよ。」

「パジャマ着なさい。」

 

こんなふうに、助詞がない会話をしていることは、ないでしょうか。

 

 

日常会話では、助詞が無くても、言いたいことは伝わります。

 

ですから、日常生活を送る上では、「助詞」がなかったところで、特に問題はないかもしれません。

 

ですが、こと「小学校受験」となると、

普段から助詞に触れていないことが、理解の妨げになりえるのです。

 

 

先ほどの「お話の内容理解」のお話の例をとっても、

たくさんの助詞が出てきますが、

 

それらの助詞が、お子さまにとって「謎の言葉」であると、

「いまの音は、どういう意味だったんだろう」と、

その都度、理解に滞りが生じてしまいかねません。

 

あるいは、そこまで直接的に疑問に思わないまでも、

「なんだか、聞き慣れない言い回しだなあ」と感じるかもしれません。

 

「お話の内容理解」を例に取りましたが、

小学校受験の課題の全てが「指示行動」であることを踏まえたら、

受験の本番の間ずっと、お子さまにとって馴染みのない(かもしれない)助詞の入った指示がどんどん出されていく、というふうに言えるかもしれません。

 

助詞が「馴染みのある言葉」になっていれば、

それらの指示の要点を、スムーズに理解しやすくなるでしょう。

 

 

また、口頭試問の際でも、

「です」「ます」をつけた丁寧な表現である他に、

正しい助詞が入った表現で受け答えができていると、

それだけでも、ぐっとお兄さん、お姉さんの印象になります。

 

 

「助詞」を理解して、助詞の入った言葉づかいができるようになるのが理想でしょう。

 

 

どうやって、お子さまの「助詞」の理解を進めていくか。

 

では、どのようにすれば、お子さまが「助詞」を理解していけるようにすることができるのでしょうか。

 

シンプルかつ強力な方法は、

 

「日常の会話の中から、助詞を含めた表現をすることを心がける」ことです。

 

先ほどの日常会話の例でいうと、

「ごはん食べた?」

「お風呂入るよ。」

「パジャマ着なさい。」

というふうに、助詞をつけた表現を、日常からしていくことを心がけます。

 

少し、堅苦しい印象になる気もしますが、

この、日常の積み重ねが、もっとも効果的です。

 

 

もちろん、お教室でも、

(ときに、助詞ぬきのくだけた表現をすることもありますが、)

基本的には、助詞をつけた「ですます調」での会話を心がけています。

 

ご家庭で、「ご飯は食べましたか。」とまでする必要はないと思いますが、

たとえば、「お勉強の時」だけなどでも、

言葉づかいを、少し意識していくことは、大切なことのように感じます。

 

 

基本は「楽しく」が前提ではありますが、

ぜひ、そんな「助詞」を使った指示や会話について、ご家庭でも取り組んでみてください。

 

 

新年長さんに向けた春の特別講習として3本立ての講習会を開催いたします。

 

春の特別講習①「行動観察講座」

 2020春期・行動観察講座

 日 時:2020年3月28日(土) 10:00〜11:30

 会 場:日本児童教育専門学校

     〒169-0075 新宿区高田馬場1-32-15

 対 象:新年長のみなさま

 講習費:8,000円(税込)

 

春の特別講習②「口頭試問&運動講座」

 2020春期・口頭試問&運動講座

 日 時:2020年4月11日(土) 10:00〜11:30

 会 場:日本児童教育専門学校

     〒169-0075 新宿区高田馬場1-32-15

 対 象:新年長のみなさま

 講習費:8,000円(税込)

 

春の特別講座③「制作講座」

 2020春期・制作講座

 日 時:2020年4月25日(土) 10:00〜11:30

 会 場:日本児童教育専門学校

     〒169-0075 新宿区高田馬場1-32-15

 対 象:新年長のみなさま

 講習費:8,000円(税込)

 

春の特別講習 お申し込みは

 

講習のお申し込みは、3講座とも

ホームページ上で受付中です。

 

お申し込み専用ページは、こちらす。

 

 

テーマを絞った特別講習で、

皆様と一緒にお勉強ができるのを、楽しみにしています。

 

 

年中さん・年少さん向けの定期教室の詳細はこちらから。

 
 
体験レッスン受付中
対象:年中・年少
料金:3,000円
特典:図形センスを磨く「紙パズル」をプレゼントします!
 
 

体験レッスンの申込は
こちらです。←←

 

関連記事

  1. 公共交通機関でのマナーは、受験に関係なく守れるようにしていきたい…
  2. スケジュールを「決めない」ことも、決める。
  3. 残された夏も、充実の時間をお過ごしください。
  4. 今年の定期教室、「授業納め」でした。
  5. 国立小受験で必出、「順序だてた指示の理解(記憶)」のための日常の…
  6. いよいよ明日、行動観察・運動講座です。
  7. 今週末、12日のオールインワン講座について
  8. 小学校受験期から、お子さまが「決める」ことも経験していきましょう…

新着記事

PAGE TOP