ブログ

先週末の国立小受験 専門 定期教室の課題まとめ

週末の定期教室も、ご参加ありがとうございます。

 

新たにスタートした土曜日クラスに加えて、昨日の日曜日クラスも、

お子さまたちが、真剣に学習に取り組む姿が印象的だった授業でした。

 

 

新年長クラスの第7回の授業のペーパー課題は「順対応」と「単位の考え方」について学習しました。

 

「順対応」は、「大きいもの(または、小さいもの)から順に」が鉄則です。

 

順対応のペーパー課題は、

「大きさ(長さ/量)がぴったりになるもの同士を線で結びましょう」という問題でしたので、

 

問題によっては、

「上と下で、ちょうどぴったりになる大きさ」を考えたら、正解できる問題もあるかもしれません。

(今回のペーパーでは、②⑨あたりの問題は、大きさがぴったりになるように問題ができています。)

 

ですが、

ただでさえ微妙な「大きさの違い」を、

上下で正しく対応するのは、

それはそれで難しいことです。

 

 

また、

純粋に「大きさがぴったりになるもの」同士を対応させるものでない場合、正答することが難しくなります。

(たとえば、①④の問題などは、上と下の絵が、そもそも「ぴったり重なる」タイプのものではありませんでした。)

 

 

順対応の課題で必要なのは、

まず、「1番大きいもの」と「1番大きいもの」

次に、「2番目に大きいもの」と「2番目に大きいもの」

そして、「3番目に大きいもの」と「3番目に大きいもの」

と、順番に対応させていくことが必要です。

 

 

その上で必要なのが、

やはり「○番目」という順序数の考え方を理解していることです。

 

 

ですから、

「順対応」の問題は、

 

「大小比較」「(量の)多少比較」「長短比較」

などの単元が明確に理解できていて、初めて取り組める問題です。

 

もし、今回の「順対応」の問題が難しい、という場合は、

ぜひ、上記の「比較の問題」に取り組んでみることをオススメします。

 

 

また、順対応の課題の解答の順番は

必ずしも、「左から順」とはならないのがポイントです。

 

これは、その他の「線結び」で対応づける課題でも共通していますが、

「左から順に解く」のではなく、

「答えがわかりやすいものから順に解く」ことで、

残りの選択肢が少なくなり、答えを選びやすくなります。

 

ちょっとした「テクニック」にはなりますが、

上手に答えを出すためには、「できるところからやる」というのもポイントです。

 

(ちなみに、上記はあくまでも「ひとつの解答欄のなかでの問題の解き方」についてです。

解答のお部屋が分かれている問題は、なるべく「上から順に」というていくようにした方が良いです。

「よく分からないから、次」という判断が早すぎても、うまく答えを出せないことが増えてしまうかもしれないからです。

分からない問題を「飛ばす」タイミングについては、ケースバイケースでもあり、また別の話になるので今回は割愛します。)

 

 

ファイルに厚紙を入れるのは「巧緻性」の課題でもありました。

 

また、今回のペーパー学習の前に導入で使った「opp袋に厚紙を入れる」という課題は、

手先の巧緻性を確かめる課題の練習でもありました。

 

過去、東京学芸大学附属世田谷小学校の調査本番において、

「厚紙を四つ折りにしてファイルに入れる」という課題が出されています。

 

これは、「紙を丁寧に四つ折りにできるか」が問われている課題でもありますが、

その後の、「紙をファイルに入れる」という作業も、慣れていないと、それなりに苦戦する作業かもしれません。

 

こういった作業ひとつも、

やはり「慣れ」は必要です。

 

「猛練習」をする必要まではないものの、

やはり「やったことがある」「上手にできた」という経験があるのとないのとで、

落ち着いて作業できるかどうかも、変わってくるはずです。

 

そんな意図があっての、「紙を袋に入れる課題」でした。

 

 

「単位の考え方」は「計数と記憶」の課題です。

 

ペーパー課題の後半の「単位の考え方」については、

大きさ、量、長さなどの比較の問題を「数を数える」ことによって答えを見つける問題でした。

 

基準となる「単位」があれば、大きさや長さも比べられる、という体験は、

小学校での単位の学習(つまり”m”や”L”、”g”などの理解)にもつながります。

 

 

そして、問題に答える際は、

 

複数のものの「数」を数えて

それぞれの「数」を記憶しておく必要があります。

 

数の数え方については、

「計数」の単元の学習に、繰り返し復習することが大切です。

 

授業中は、ペーパーに「チェック」をつけて、数えていることをわかりやすく示していますが、

慣れてきたら、ペーパーへの「チェック」をつけなくても、素早く正確に数えることができるでしょう。

 

声を出さず、

印もつけずに、

もれなく、重複なく数を数えていき、

数えた数を「一時的に記憶にとどめる」ことを、できるようにしていきましょう。

 

計数については、

過去ブログ

「かぞえる」問題に正答するためのステップ①

「かぞえる」問題に正答するためのステップ②

「かぞえる」問題に正答するためのステップ③

も、あわせてご参照ください。

 

 

行動観察課題としてポピュラーな「猛獣狩りに行こうよ」

 

また、今回の定期教室では、

行動観察課題として「猛獣狩りに行こうよ」の課題にも取り組みました。

 

お茶の水女子大学附属小学校などでも、実際に出題されたことがある「猛獣狩りに行こうよ」ですが、

 

大きく分けると、 

講師の動きを恥ずかしがらずに模倣できる「模倣運動」の側面と、

単語の「音の数」を考えて、お友達とグループを作ることができる「グループ課題」の側面の、

2つの側面があります。

 

恥ずかしがらずに、楽しみながら取り組む模倣運動については、

お家でも、「まねっこ体操」としてたくさん取り組んでみてください。

(特に、「ちょっと恥ずかしいな」という動きも含めて取り組んでみると良いかもしれません。)

 

また、「お友達とグループを作る」課題の中では、

「一緒に集まろう」

「4人だよ!」

などと、声をかけながら動けるとよいでしょう。

 

お友達に対しても、積極的に働きかけたり

お友達からの声かけに「いいよ」などと応じることができるとよいです。

 

反対に、

無言で立ちつくしてしまったり、

あるいは、(これも無言であることも多いのですが)お友達の手を強く引っ張ったり

反対に、人数以上のグループになってしまった時に、誰かを「追い出す」ようにも見える動きをしてしまうのは、

課題を解決する上では、「より良くすることができる」ポイントでもあります。

 

お友達と一緒に取り組む課題については、

「こんなふうに声かけできると、もっと素敵だね。」

などということを、親子でも考えつつ、

 

ご家庭の中で、似たようなシチュエーション(=親子で協力して何かに取り組む機会)があったときは、

ぜひ、「会話」をしながら取り組むことも、意識してみてください。

 

 

次回の定期教室は、3/20・21です。

 

2週間後も、また、元気な皆さまと一緒にお勉強ができるのを楽しみにしています

 

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

お申し込み受付中の講座

 

2021春期講習

 

3/22〜3/30までの計8日間で開講する春期講習について、

お申し込み受付がスタートしています。

 

春期講習の一覧はこちらから

 

なお、国立小受験対策の春期講習の詳細については、

以下のブログ記事もご覧ください。

①ペーパー対策講座

②制作講座

③運動・口頭試問講座

④オールインワン講座

 

 

春期講習のお申し込みは、

 

年長クラス(新年長の皆様)はこちらから

 

年中クラス(新年中の皆様)はこちらから

 

ご参加希望の講座にチェックを入れ、必要事項をご入力の上、お申し込みください。

 

レギュラークラスの皆様も、

お教室に通っていないお子様も、

どちらも、ご参加いただける講座となっております。

 

春休み、

新年度直前の区切りのタイミングに、

お教室で、一緒に「お勉強」をしていきましょう。

 

 

 

金生先生の行動観察講座

 

日時:2021年3月14日(日) ①9:00〜10:30 ②11:00〜12:30

   ※①②ともに、同じ内容の講座です。

会場:四ツ谷

受講料:10,000円(税込)

講師:金生先生

 

お申し込みは、

今すぐです。

専用のお申し込みページに、必要事項を入力の上、お申し込みください。

 

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

開講中のレギュラークラスについて

 

新年長(年中さん)向けの定期教室の詳細はこちらから。

体験レッスン受付中
対象:新年長(年中)
料金:3,000円
特典:図形センスを磨く「紙パズル」をプレゼントします!

 

体験レッスンの申込は
こちらです。←←

 

関連記事

  1. 公共交通機関でのマナーは、受験に関係なく守れるようにしていきたい…
  2. 勉強にも「持続可能性」を
  3. 国立小受験の「傾向と対策」の前にやっておきたいこと
  4. 時には、いつもとは違うことを
  5. 直前期の学習で気をつけること。
  6. 「お教室では、緊張してうまく話せない。」そんな時は。
  7. 国立小受験の口頭試問の練習をする際に気をつけるポイント
  8. 試験本番の髪型はどうしたら良いですか?

新着記事

PAGE TOP