ブログ

まずは、受け止める。それから、

授業の中で、気をつけていることがあります。

それは、「可能な限り、生徒が発言する機会を持つようにする」ということです。

 

何かを「教えよう」「伝えよう」とすると、

どうしても、「話す」ことが多くなってしまいがちです。

 

ですが、学ぶ内容を理解して定着する度合いを考えると、「話して伝える」ということは、じつはあまり効果的ではないかもしれない、と思っています。

ためしに「お話の内容理解」の問題を聞いて取り組んでみれば、そのことを感覚的に経験できるかもしれません。

(ぜひ、お母さま、お父さまも、「お話の内容理解」の問題に取り組んでみてください。大人ですら、わずか数分のお話を「完全に覚えて理解する」ということに、非常に集中力を要することを実感できるはずです。)

 

たった数分の「お話の内容理解」ですら、正確に理解することは、なかなか困難です。

で、あれば、数十分にわたるお勉強で、何かを話して伝えきるのには、限界がある、というのは火を見るよりも明らかです。

 

理解の定着には、積極的なアウトプットから。

また、発言などのアウトプットの機会があるからこそ、より主体的に学習に取り組むことができるようにもなるでしょう。

 

そういった理由から、授業の中では、頻繁に「これ分かる人!」と、質問をさせていただいています。

 

 

たくさんのお子さまが、「はい!」と手を挙げるクラスは、とても活気があって、盛り上がります。

ときどき、講師が盛り上がりすぎて、教室がにぎやかになってしまうことも、ありますが……。

 

たくさんの意見が、出てきます。

中には、「おっ!」と思わされるような、素敵なお話をしてくれるお子さまもいます。

思ってもいなかった意見を言ってくれるお子さまもいて、驚くこともしばしばです。

 

 

勢いよく意見が飛び交う教室の中で、

気をつけたいなと、思っていることがあります。

 

それは、

「正解」とは、明らかに違うような意見を言ったお子さまや、

手を挙げたけど、答えを忘れてしまったお子さま、

言いたいことを、うまく言葉にすることができなかったお子さまに対して、どのように声をかけるか、についてです。

 

「違います。」「残念!」「ブブーッ!」などと、言うこともできるでしょう。

実際に、そういった返答で、リズムよく返答をすることもあります。(それは、「藤田先生は何人兄弟でしょう?」などといった、授業の本題とは関係ない他愛もない話をしたりする時です。)

 

ですが、お勉強の本題に取り組むときは、発言に対して、いきなり否定的なリアクションをすることは、ないようにと心がけています。

 

なぜなら、

その意見を言ったお子さまは、授業の中で初めて手を挙げたのかもしれませんし、

ちょっと自信がないけど、言ってみよう!と勇気を振りしぼって発言したのかもしれません。

あるいは、いざ当てられたら、緊張で頭が真っ白になってしまったのかもしれません。

それは、これまでのお勉強の中での、初めての経験だったかもしれないからです。

 

これは、たくさんの意見が飛び交う教室の中では忘れがちなことです。

 

それぞれのお子さまの「初めての経験」を、

「失敗」とするか「小さな成功」とするかは、

受け手の受け取り方に、よるところも大きいと思います。

 

 

私からしたら、

つたない説明をしてくれたお子さまも、

間違っていたけど発言してくれたお子さまも、

お話をすることができなくて、黙り込んでしまったお子さまも、

「意見を言ってくれてありがとう。」「意見を言おうとしてくれてありがとう。」と、思うばかりです。

 

ですから、どんな意見でも、まずは、言おうとしてくれたことを受け止めようと、思っています。

もし、私の理解力不足で、伝えたいことをうまく受け取り切ることができなかったとしても、せめて「伝えてくれてありがとう」の気持ちを、お伝えできるようにと、思っています。

 

それらが、どれだけ上手にできているかは、自信がないですが、その姿勢だけは貫こうと、思っています。

子どもたちの「真剣さ」や、「一所懸命さ」に触れたら、そうしないわけにはいかないです。

 

 

 

正解につながるサポートは「イエス」のあと。

 

お子さまの、真剣な取り組みは、正解、不正解に関わらず、いったんは「マル」として受け止めます。

ですが、それだけでは、学びを深めた、とは言えないかもしれません。

 

次のステップに進むためには、そのあとです。

お子さまのチャレンジに、「マル」をした後こそ、

さらによくなるための「プラスワン」のアドバイスをするベストタイミングです。

 

「よくできたね。今度は、ここをこうしてみたら、もっとよくなるよ。」

というような具合です。

できている部分への「マル」があるからこそ、次のアドバイスも受け取りやすくなります。

 

もし、「マル」がなかったら、どうでしょうか。

「ダメじゃない、ここをこうしないと、正解になりませんよ。」

 

こうした指摘を受け続けることで、

お子さまは、どう感じ、どう動こうとするようになるか、

それが、ご家庭やお教室でのお勉強そのものに対して、どのような影響をおよぼすかを考えてみると、

「マル」の大切さを、実感できるかもしれません。

 

 

 

「いつまで経っても、成長がない。」

 

できている部分を認めているのに、いつまで経っても変化がない

といった状況も、あるかもしれません。

 

「何度も伝えてるのに、うまくいかない。」

そういったときでも、「マル」は欠かしません

 

ただし、そのあとのプラスワンに重点を置いて、

何度も伝えていた内容の質問にしたり(「あとはどうしたら良いと思う?」)

次のステップへの自信をつけさせる声かけにしたり(「何回もやってきたから、そろそろ〇〇もできるようになる頃だね。」)

と、変化させていくことも大切だと、考えています。

 

 

もちろん、指導の仕方、声のかけ方に、「万能のパターン」があるわけでもないでしょうから、

ここに書いていることが、当てはまらないお子さまも、いらっしゃるかもしれません。

むしろ、生身のお子さま一人ひとり、ベストな声かけの仕方は、異なるかもしれません。

 

だからこそ、毎回のやり取りを通して、その「ベスト」を探っていきたいと、思っています。

 

その探求に、終わりはないはずですから、「より良いもの」を追求していけると思います。

 

お勉強を通して、お子さまたちと共に、指導者である大人の側も「学び」を深めていけているのだと、感じています。

 

一緒に学びの場を創ってくれる、皆様のお子さまに、心から、感謝をしています。

関連記事

  1. 今から整えておけば安心!「基本的な生活習慣」
  2. 思考力を高めるための習慣
  3. 第2回「国立小学校 合格勉強会」ご参加いただいたみなさま、本当に…
  4. どんな時でも「姿勢を整えられる」ということ
  5. 「はやい」と「きれい」、どっちが大事?
  6. ご自宅でもやってみましょう!「説明するお勉強」
  7. 効果的な声かけの方法とは
  8. ペーパーを前にしなくても、学習はできる

新着記事

PAGE TOP