ブログ

どれだけ、情勢が変わっても、「変わらないもの」があります。

連日の、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連での情報がメディアをにぎわせていて、

先も見えない日々が続いています。

 

皆様も、落ち着かない日々をお過ごしかもしれません。

 

状況が、日々めまぐるしく更新されていく中で、

「予定」が予定にならず、ころころと変わっていってしまうこと、

また、そうせざるをえないことを、たいへん心苦しく思っております

 

 

来週末11日と、4月25日、5月2日に予定している「春の特別講習」ですが、

先日から変わらず、現時点では、開講のスタンスを貫くつもりです。

 

そんな中、

会場となっていた高田馬場のお教室が5/10まで閉館となってしまいました。

 

度重なる変更となってしまうのをお伝えすることとなり、申し訳ない限りです。

上記、3つの特別講座については、

会場を

そろばんToz四ツ谷(旧・木原珠算学校)

〒160-0008 新宿区三栄町25

に変更して、お届けいたします。

 

 

最初に、ご参加のお申し込みをいただいた時から、

スケジュールが変わったり、

会場が変わったりと、

講座の詳細について変更が生じております。

 

講座に申し込みをしたものの、

「社会情勢的を鑑みて参加を見送る」という選択肢も、あると思います。

 

状況が状況ですので、

講座のキャンセルの際は、ご遠慮なくご連絡ください。

 

 

小学校受験に向けた「学び」の取り組みは、「短距離走」ではありません。

 

ましてや、小学生以降の学習や、さらには生涯学習までを見据えていけば、

今回のコロナ騒動が言うところの「長期戦」とは、比べ物にならない時間をかけて取り組んでいくことになります。

 

小学校受験協会としても、そうですが、

むしろ、私、藤田個人としても、

そんな、長きにわたる学びのステップに向けた、力になることこそ本望です。

 

 

通っている園によっては、

ゴールデンウィークまでの休園が決まった方もいらっしゃるでしょう。

 

「日常」が普通でない日々が、もうしばらく続く方もいらっしゃるでしょうが、

だからこそ、お教室くらいは、可能な限りの「日常」を追求します。

 

 

 

「感染症に対する捉え方」も、「なぜ受験するか?」と同じです。

 

今回の感染症に関連して、

いろいろな「イレギュラー」が起こっており、

 

ご家族の皆様の1日のスケジュールにも、さまざまな変更を余儀なくされていることかと思います。

 

この「非日常」に対しする、捉え方や対応の違いに端を発して、

ご家庭の中で、いさかいが発生することも、ひょっとしたら、あるかもしれません。

 

そんなことがあっても、

忘れてはならないことがあります。

 

それは、

意見や、価値観の違いがあるとき、

そこには、けっして「悪者」は存在しない、ということです。

 

意見や価値観の違いが存在することは、

相手が瓜二つの人間ではない以上、あって当然なことです。

 

 

長年、関わってきていると、

知らず知らずのうちに、基本的な価値観がすりあわさっていますから、

「違い」に対して敏感になってしまうかもしれません。

 

 

ですが、「違い」があるのが、基本です。

 

たとえ、いかなる違いが存在したとしても、

「より良いあり方を追求しよう」という基本的な姿勢、この1点においてさえ一致をしていたら、

お互いの意見に耳を傾けていく姿勢さえ放棄しなければ、

全ては、時間の経過とともに、よくなっていくはずです。

 

 

そうした対話や価値観のすり合わせは、

「今、自宅でどう過ごすか。」といった問いに対しても、

「なぜ、小学校受験をするのか。」といったテーマに対しても、

同じことであるように思います。

 

 

感染症に対する対応と、「受験をするか、どうか」という判断は全くの無関係ですが、

どちらも、お子さまや、ご家族のための「理想の未来」に向けて

納得をしながら、進めていけたらいいな、と思っています。

 

 

 

私たちの基本的な価値観は、「学びを楽しく積み重ねる」ことにあります。

 

現在のような社会情勢であるという事実があり、

それでも、受験本番は期限がある目標である、という事実もある中で、

 

「今は、できる限り自宅で過ごしたい。」というご意見もあれば、

 

「変わらずお教室が開かれて欲しい。」というご意見もあるでしょう。

 

 

どちらのご意見も、あってしかるべき、ですし、

 

私としては、そのどちらのご意見にも、こたえうるようなお教室でありたい、と思っております。

 

なぜなら、

「お子さまの学びの基礎を作る」という共通の目的からすれば、

今回の感染症に対する対応や考え方については、

「正しい」も「間違い」も無い、

と、思っているからです。

 

 

もちろん、「感染症対策の要・不要」を論じるつもりもありません。

 

たとえ一人でも、

「お教室でお勉強したい」という方がいるかぎりは、

禁じられない限りは、お教室は開けたいと思っていますし、

 

お教室を開ける限りは、

考えうる限りの感染症対策を徹底してお教室に臨みます。

 

 

そして、

「お教室に来られない」という方に対しても、

できうる限りの学びの機会・環境を、お届けしていけるように準備をしてまいります。

 

 

イレギュラー続きの中で、教室をオープンすることで、これまでとは違う緊張感のなかで、週末を迎えようとしています。

 

ですが、そのたびに、

何度も繰り返してきているこの言葉を、

繰り返しくりかえし、繰り返します。

 

 

「できる限りのことをやる。」

 

 

大切な試験の時も、

はじめて、お教室でお子さまたちを前にした時から、

授業の前には、いつだって、

 

変わらない、その決意と覚悟を持って、

 

今週末も、お教室で皆様をお待ちしています。

 

 

 

新年長さんに向けた春の特別講習として3本立ての講習会を開催いたします。

 

春の特別講習①「行動観察講座」

 2020春期・行動観察講座

 日 時:2020年3月28日(土) 10:00〜11:30

     2020年5月2日(土) 10:00~11:30 に延期いたします

 会 場:日本児童教育専門学校 

     そろばんToz四ツ谷(旧:木原珠算学校)に変更いたします 
     〒160-0008 新宿区三栄町25

 対 象:新年長のみなさま

 講習費:8,000円(税込)

 

春の特別講習②「口頭試問&個別課題運動講座」

 2020春期・口頭試問&個別課題運動講座

 日 時:2020年4月11日(土) 10:00〜11:30

 会 場:日本児童教育専門学校 

     そろばんToz四ツ谷(旧:木原珠算学校)に変更いたします 
     〒160-0008 新宿区三栄町25

 対 象:新年長のみなさま

 講習費:8,000円(税込)

 

春の特別講座③「制作講座」

 2020春期・制作講座

 日 時:2020年4月25日(土) 10:00〜11:30

 会 場:日本児童教育専門学校 

     そろばんToz四ツ谷(旧:木原珠算学校)に変更いたします 
     〒160-0008 新宿区三栄町25

 対 象:新年長のみなさま

 講習費:8,000円(税込)

 

春の特別講習 お申し込みは

 

講習のお申し込みは、3講座とも

ホームページ上で受付中です。

 

お申し込み専用ページは、こちらす。

 

 

テーマを絞った特別講習で、

皆様と一緒にお勉強ができるのを、楽しみにしています。

 

 

新年長さん・新年中さん向けの定期教室の詳細はこちらから。

 
 
体験レッスン受付中
対象:新年長・新年中
料金:3,000円
特典:図形センスを磨く「紙パズル」をプレゼントします!
 
 

体験レッスンの申込は
こちらです。←←

関連記事

  1. 国立小受験の「○○比較」の課題に取り組む際に意識するポイント
  2. 今だからこそ、できる、「レベルアップ」のための時間を過ごします。…
  3. あなたは「失敗」にどのような意味づけをしていますか?
  4. 本日も、国立小学校受験 専門 定期教室にご参加いただき、ありがと…
  5. 夏の特別講習のお申し込みURLを修正しました。
  6. 今から整えておけば安心!「基本的な生活習慣」
  7. 国立小受験の口頭試問で「声が小さい」を克服するためにはどうすれば…
  8. 東京学芸大附属大泉小学校の調査に向けた直前講習を開催いたします。…

新着記事

PAGE TOP