心構え

すべてのお勉強に共通する「土台」とは。

秋も、すっかり深まってきました。

 

今年度の、小学校受験も、いよいよ佳境に入ってきます。

 

本番に向けた、最後の仕上げの時期ですが、

あれもこれも、と沢山の学習に手をつけたくなる今だからこそ、気をつけたいことがあります。

 

それが、「健康管理」です。

 

 

本番を意識して、気持ちも高まってくる頃ですから、

日々のお勉強も、やる気十分!で進められるかもしれません。

ですが、そんな時こそ、蓄積する疲労に、気がつかないこともあるかもしれません。

 

直前期こそ、「あえて」休息や睡眠を、取ることを意識してください。

 

気づかないうちに、「もっともっと」と焦る意識が出てきがちな時期です。

なので、意図的に休もうとするくらいで、かえって丁度よい休息が取れます。

そのくらいの感覚でいると、気持ちの上でも、良いと思います。

 

 

「こんなに寝ちゃってて大丈夫かなぁ。」

と、心配になることも、あるかもしれません。

 

大丈夫です。

寝ているときにこそ、頭の中は整理整頓され、疲れは吹き飛び、気持ちもリセットされます。

疲れてるな、と感じた時は、なおのこと、

そうでない時も、「規則正しい睡眠」を、心がけてください。

 

ペーパー学習に限らず、体や心の健全な成長のためにも、睡眠は大切だと、考えています。

 

 

そして、

なかなか、難しいことでも、あるとは思いますが、

お父さま、お母さまご自身にも、意識的な「睡眠」を、心がけていただけると、なお良いことだと思っております。

 

十分な睡眠を取ることで、気持ちの上でも余裕を持って、取り組むことができるはずです。

 

 

私自身の話で恐縮ですが、

幼児期から学生時代を通して、一貫して十分すぎるくらいの睡眠をとってきました。

より正確に言えば、「時間の許す限り寝ていた」と言ったほうが良いかもしれません。

(ご参考までに、就学前の時期は20時には就寝して、6時台に起床していました。)

 

そんな生活をする中で、成長するにしたがい、

「自分は頑張れていないかもしれない。」

「睡眠時間を削れば、もっとたくさんのことが出来たかもしれない。」

という、思いも持っていました。

 

その「反省」から、

大学を卒業してから、1日3時間睡眠で頑張ろうとした時期もありました。

 

短時間睡眠で数年すごした経験もへて、

現在は、日付が変わる前には入眠している生活に切り替えています。

 

やりたいことがあっても、早くに就寝する。

それは、日々、子どもたちと向き合う時間をいただく中で、

最高のコンディションを作ることが、責務だと考えてもいるからです。

 

 

「楽しく学習を積み上げること」を考える上で、

「その日のコンディション」は、最も重要な要素のひとつだと考えています。

そしてそれは、子どもにも、大人にも、共通して言えることだと思います。

 

 

やることが山積みになりがちな時期ではありますが、

だからこそ、1日の「おしまい」の時間を決めて、それ以上は続けないようにしていきたいものです。

 

もし、その日に終わらなかったものがあった時は、翌朝に、取り組むようにしてください。

昨日のことが嘘のように、すっきり取り組むことができるかもしれません。

関連記事

  1. 年の終わりに寄せて
  2. 今年度、受験を経験した皆さまへ
  3. どんな時でも「姿勢を整えられる」ということ
  4. ペーパー問題の「まちがい」に対して、どのように対処すべきか

新着記事

PAGE TOP