ブログ

ご自宅でもやってみましょう!「説明するお勉強」

本日は、国立小受験 定期教室でした。

 

今日のテーマは、「立体図形」「積み木の計数」

平面のペーパーに描かれた立体を、イメージするのは、思いのほか難しいです。

まずは、実際の立体を「見て」「触れて」考える時間を取りながら、ペーパー学習につなげていければと、思っています。

 

積み木の計数は「旗を立てる」方法を、ご紹介しました。

問題の解き方も、一つ一つ、覚えて、身につけていきましょう。

 

最初は、時間がかかっても大丈夫です。

繰り返し、繰り返し取り組むことで、明らかに力がついていくのを、実感するはずです。

 

 

そして今日は、

「説明するお勉強」にも、挑戦してみました。

 

学習した内容を、自分の言葉で説明することで、

より、深い理解を、することができるようになります。

 

そして、説明の機会を重ねることで、

説明すること自体も、どんどん、上手になっていきます。

 

ご家庭の学習の際にも、

ぜひ、お子さまに、「先生役」をお願いして、

小さな先生に、説明をしてもらう機会を、作ってみてください。

関連記事

  1. 幼児期の学習において「計算」は重要か?
  2. 思考力を高めるための習慣
  3. 国立小受験において出題されないことは、まったく学習する必要がない…
  4. 11/9オールインワン講座、募集終了しました。
  5. どんな時でも「姿勢を整えられる」ということ
  6. 好きこそ物の上手なれ。お勉強も「楽しく」が基本です。
  7. 子どもと一緒に、成長する
  8. 日々の学びに「ライブ感」を。

新着記事

PAGE TOP