学習方法

この課題を20秒で正確且つスピーディーに解くことはできますか?

設問:リンゴはいくつありますか。その数だけ下のおはじきに鉛筆で○をつけてください。(20秒)

このような課題を、分類計数といいます。

皆さまのお子さまは、この課題を20秒で解くことができますか?

今から、分類計数を確実に得点するための方法を公開します。

【確実に得点すべき課題=分類計数】

分類計数は、国立小学校受験における定番です。

基本課題に属します。

なので、確実に得点する必要があります。

しかし、

この課題、意外と侮れません。

模試などで、採点していると、意外と落とす人が多いのです。

【正解と不正解の境界線】

一つ目は、

ケアレスミス

二つ目は、

時間制限

この二つに気を付けなければいけません。

【ケアレスミスを防ぐ唯一無二の方法】

ケアレスミスを防ぐ方法。

それは、その子にとっての、「やり方」、「方法」の確立です。

これ以外にはありません。

「この問題が来たら→こうやって解くんだ!!」ぐらいの、確固たる方法を確立するのです。

そこに、迷いがあってはいけません。

この「方法の確立」こそが、ケアレスミスをなくすのです。

さらに、後述の「時間制限をクリアする」ための、唯一無二の対応策ともなります。

問題が出るたびに、

「これはどうやって解くべきか?」

「うーん。どのやり方でやろうかな?」

という具合に迷っていたら、いつまでたっても、ケアレスミスの不安からは解放されません。

さあ、明日は、ケアレスミスを防ぐための具体的な方法と、スピードアップ法についてお話します。

楽しみにしていてください。

感謝しています     神山眞

関連記事

  1. 小学校受験 “必ず言えるようになる 3つのアプローチ” 口頭試問…
  2. お話の内容理解で満点を取る方法Ⅰ
  3. 国立小学校受験に欠かせぬ一冊 せいかつの図鑑
  4. 国立小受験ペーパー学習 「1度できた」は、「もうできた」に気をつ…
  5. 心臓が飛び出しそうになりました
  6. 国立小受験 避けては通れない課題 分類計数
  7. 残り2か月半、あれもこれも追い求めない。 絞る。徹底的に絞る。
  8. 残り3か月 これから先 国立小学校志望の人たちは何をすべきか?

新着記事

PAGE TOP