ブログ

お金や学歴はあった方がいい?

お金や学歴はあった方がいい?

お金や学歴はあった方がいいですか?

「お金がいくらあったって幸せとは限らない」

「学歴社会は、とっくの昔に崩壊した」

そんな感じで言う人たちもいます。

でも…どうなのでしょう?

質問の相手によるかもしれませんね。

もしも、自分の子どもに

「お父さん(お母さん)、お金ってあった方がいいの?」

「学歴ってあった方がいいの?」

こんなふうに聞かれたら、皆さんなら何と言って答えますか?

私だったら、「あったほうがいいかもね」と答えます。

「何かやりたい!!」って思ったときに、

「あー、お金ないから…ムリ」

とか、

「あ!!この仕事に就いてみたい!!」って思ったときに、

「でも、大学出てないしね…ムリ」

やりたいことがあったとしても、お金や学歴がないと、選択肢から外れてしまうことが、時としてあります。

「やりたいことがあっても、いつも諦めなくてはいけない人生」は、その人から、やがて“夢や希望”を奪い取ってしまいそうです。

それとは逆に「やりたいことを全部叶えていく人生」は、その人を、ちょっとずつ、疲れさせていくかもしれません。

そう考えると、「やりたいと思ったことに、チャレンジするかどうかの、選択肢が残されている人生」くらいが、割と素敵なような気がします。

ほとんどの人は、「お金と学歴」についてレクチャーされることなく、大人になることが多いです。

お金や学歴について教えてくれる学校はなかったような気がします。

そのような授業もありません。

小学生の頃に、社会科見学で、「職業を知る試み」が行われました。

しかし、そこは、消防署だったり、学校の近くの商店街のお店だったりで、非常に限られたものだった気がします。

しかも、小学校の先生は、大学を卒業してすぐに、先生になっていますから、そんなに世の中の仕事を知っているわけではありません。

お金と学歴について、がつがつ話すと、何だか「あさましい人」みたいに思われてしまうこともあります。

でも、もしかしたら、こんな多様化された世の中だからこそ、「お金と仕事の関係」や「学歴と仕事の関係」について教えてくれる人が、これからは必要になってくるのかもしれませんね。

本日は、お金と学歴について話をしてみました。

いつも最後まで読んでくださって、誠にありがとうございます。

神山眞

関連記事

  1. 国立小受験専門「定期教室」 開講しています!
  2. 公立小と国立小の求めるものの違い、それは○○の力
  3. この力からまずつけましょう。 聴覚的記憶=聞き取る力
  4. 閑話休題 天才少年 その光と影
  5. 国立小学校合格者は、みんな早寝早起き!?
  6. 小学校受験 運動課題 「ケンパー」 誰もが上達する魔法の言葉!
  7. どうしてもうまくいかない… そんな時こそお読みください お茶の水…
  8. お知らせが二つあります

新着記事

PAGE TOP