ブログ

お話の内容理解で満点を取る方法Ⅰ

今年も必ず出題される「お話の内容理解」

 

【国立で出題されてきた10のカテゴリー】

 

国立小での「お話の内容理解」における、

過去に出題された質問事項を、

大まかに分けると、

以下の10の分野に分けられます。

 

登場人物

登場人物の行為

順序

季節

表情

天気

マナー、常識

もの、場所、場面

 

そして、東京都の国立6校の特徴 を順不同に下記に列記します。

【各校の特徴】

 

○小金井、大泉の「お話の内容理解」は、

文章が短い。

 

○筑波の「お話の内容理解」は、

A、B、Cといったグループに関係なく、

全て長い。

 

○世田谷の「お話の内容理解」は、

何回かに話が切断されることがある。

その度毎に質問が繰り返される。

 

○小金井、大泉の「お話の内容理解」での

質問数(問題数)は、とても少ない。

 

○筑波の「お話の内容理解」での

質問数(問題数)は、とても多い。

 

○筑波では,

「数の課題」の出題がないと言われるが、

「お話の内容理解」の中では、

数について問われることがある。

 

○世田谷の「お話の内容理解」では、

動物が話すセリフを通して、

「マナー」を問われることが多い。

 

○筑波では、

登場人物の「感情」が、

どのような「表情」にあたるのかを問われる。

 

○筑波では、

お話の中に出てきた「色」を、

実際に答案用紙の中で塗らせることがある。

 

○筑波では、

お話の中に出てきた内容に即した

常識が問われることが多い。

 

これらが全てではないものの、

概略は、お分かりいただけたかと思います。

 

 

【普段の学習に

どのように落とし込むべきか?】

 

特徴を掴んだら、

普段の「お話の内容理解」の学習に

活かす必要があります。

 

例えば、

筑波志望の方でしたら

 

今使っている問題集の設問に、

「色」や「数」、「表情」、「季節」が

なかったとしても、

 

文章の中にそれらが出ていたら、

敢えてお子様に質問する必要があります。

(文章の中にその内容がないときは、   

無理やり創作します)

 

週ごとに分けて、

問題集に本来ある設問の他に、

 

今週は、

⑥の「色」の質問を行う。

(質問の数は一つでいい)   

   ↓

次の週は、

③の「数」の質問を行う。

(やはりここも一つ)

 

といった具合に

週ごとに行っていくことが大切です。

 

2週続けたら、

3週目は

ノーマルなやり方に戻すことも大切です。

 

 

【どこに、どのように

意識を集中させるべきか?】

 

お話を聞いているときに

お子さまに「何を意識させるか」は、

とても大切です。

 

意識させたいポイントがあったら、

そのことについて、

質問をするのです。

 

 

しかし、

それと同時に、

ものごとには、「ほどほどに」とか、

「ちょうど良い」という感覚も

大切です。

 

バランスですね。 

 

なので、

数を聞くときも   

色を聞くときも 、

「なんとなく」聞く、必要があります。

 

ここすごく重要です。

 

なんとなくなのです。

 

 

【なにげなく、なんとなく、聞く】 

 

一番に意識してもらいたいポイント

週を通して、意識させたいポイント

印象に残したいポイント

 

それらは、絶対に  力を入れた聞き方をしてはいけません。

 

こここそが、“なんとなく”です。

 

いつも通りに「お話の内容理解」を行い、

そして終える瞬間

まさに、その瞬間に、

さりげなく、そして、なんとなく聞きます。

 

「そう言えば、

タロウくんの帽子の色って何色だったっけ?」

 

「そう言えば、

幼稚園のバスの色って何色だったっけ?」

 

このような具合に、

「色」なら「色」を、

さりげなく「そう言えば」の聞き方で、

一週間聞き続けるのです。

 

 

【3週間で1クール】

 

3週間をひとまとめにして、

行うことをお勧めします。

 

1クール

1週目「色」

→2週目「数」

→3週目「ノーマルなやり方」

 

2クルー

1週目「登場人物」

→2週目「天気」

3週目「ノーマルなやり方」

 

と言った具合にです。

 

 

【原点に戻ることをお忘れなく】

 

でも、

時々原点に戻ることも

忘れないでください。

 

お話って楽しいなぁ!

 

ここが原点です。

 

お話の内容を行うたびに、

お子さまは 、

たくさんの質問を浴びせられます。

 

「どこで?」

「なにを?」

「いくつ?」

「きせつは?」

といった具合にです。

 

「聞き逃してはいけないもの」

「聞いたことを覚えること」が、

「お話を聞くこと」だと、

いつしか思ってしまいます。

 

しかし、そうなってしまうと、

逆効果になってしまうことがあります。

 

「おぼえなきゃ」

「忘れないように」

それらが、頭の中の大半を占めてしまうと、

 

「ストーリーを無視」したお話の聞き方に、

徐々になっていってしまいます。

 

「なんだか思い当たるなぁ」

そう思ったら、原点に立ち返りましょう。

 

お話を、思い切り、感情をこめて、

読みましょう。

 

 表情もしぐさもつけてみてはいかがでしょうか?

 

そして、今日くらいは、

質問を抜きにしてもいいかもしれません。

 

お話って楽しいなぁ!!

 

いつでも

おこさまが

原点に戻れるようにしてあげてください。

12-718x487

関連記事

  1. 合格の決め手「行動観察」
  2. 図形はセンス? 断じて否である!!
  3. 100均で見つけた!! 国立小合格に必要なあるもの!!
  4. 皆さま、ありがとうございました!今朝、とても嬉しいことがありまし…
  5. 子育てに自信がなくなったときは
  6. 受験日当日までに大切にすべき生活習慣
  7. 口頭試問勉強会 おかげさまです。無事終了いたしました。
  8. ペーパー学習だけでは国立小合格は難しい「問題集を閉じよ、公園へ行…

新着記事

PAGE TOP