ブログ

お正月に取り組んでほしい、「知育的あそび」

お正月も、2日目が終わろうとしています。

 

 

今日は、おせち料理に、お雑煮、お汁粉を食べて、

久しぶりに、河原で「たこあげ」もしてみました。

 

みなさまも、お正月ならではの遊びなどで、

ぜひ、お正月をたくさん感じてみてください。

 

 

さて、今回は、

そんな、お正月ならではの遊びの中でも、

特に、知育としてオススメの遊びをご紹介します

 

 

ぜひ、お正月に取り組んでみてほしい遊び

それは、

 

「すごろく」です。

 

 

なぜ、「すごろく」がオススメかというと、

小学校受験にもつながるような知育的な理解を、遊びながら深めることができるからです。

 

その理由を、以下にいくつか挙げていきます。

 

 

「すごろく」を通して身につく知育的な側面

 

①サイコロを使った、立方体の理解ができる。

 

サイコロの「目」の数に着目します

 

すると、

○が、1個の面から、6個の面、

合わせて、6つの面があることが分かるでしょう。

 

この知識が、

「立方体の面は6つ」という理解につながります。

 

 

②サイコロを使った「7の構成」の学習ができる。

 

サイコロをふった時にでた目の、「裏側の目」はいくつになっているでしょうか。

サイコロは、両側の面の目を合わせると、「7」になるようにできています。

 

その組み合わせは、

「1」と「6」

「2」と「5」

「3」と「4」

です。

 

「それって、どういう決まりがあるの?」などと質問をしてみることで、

「あわせて」といった算数ことばの表現なども使って考えるようになれば、さらに、理解が深まります。

 

「2」と「5」という数字だけで「7」のイメージができなくても、

両側の目を、「(オモテ)1、2」「(ウラ)3、4、5、6、7」というふうに数えていくことで、「7の構成」を理解していくことができます。

 

 

③「位置の移動」についての理解が深まる。

 

「すごろく」では、「サイコロをふって、出た目の数だけ進む」のがルールです。

 

また、止まったマスの中には、

「○つ進む」

「○つ戻る」

といった指示も含まれています。

 

位置の移動において、

いま、止まっている場所を「1」と数えてしまう場合がありますが、

すごろくで、遊びながら「○つ移動する」感覚をつかんでいけば

「止まっている場所は「0」だよ」といった、複雑な説明をする必要がなくなります。

 

言葉で説明を尽くすよりも、

実際に、移動を繰り返した方が、

理解はスムーズに深まるのです。

 

 

④行動観察に必要な、「ルールを守る」「待つ」練習にもなる

 

これは、「すごろく」に限ったことではないですが、

ゲームに取り組むことで、行動観察に必要な力が身についていきます。

 

それは、「決められたルールを守る」ことであったり、

「自分の順番が来るまで、待つ」ということでもあります。

 

とくに、

多くの人が集まることが多いお正月だからこそ、

普段は、なかなかお話しすることがない親戚の方など(大人の方のみならず、年齢の違う子ども同士も含めて)とも、

ゲームを通して関わることができると、良い経験になるでしょう。

 

 

 

「すごろく」に限りませんが、

ぜひ、このお正月の機会を生かして、

楽しみながら、学びにつながる力を深めてみてください。

 

 

年中さん・年少さん向けの定期教室の詳細はこちらから。

 
 
体験レッスン受付中
対象:年中・年少
料金:3,000円
特典:図形センスを磨く「紙パズル」をプレゼントします!
 
 

体験レッスンの申込は
こちらです。←←

 

関連記事

  1. オールインワン講座、制作課題のまとめ
  2. 国立小学校受験の「本番」を想定して、「現状」に隠された「プラスの…
  3. 2020年の「授業初め」でした。
  4. 小学校受験のための家庭学習で、お子さまの「間違い」に感情的になる…
  5. 「ここで差がつく」学習方法①〜知識の体系化〜
  6. 国立小受験における「ノンペーパー校」の受験対策では、「ペーパー学…
  7. 国立小受験に向けたお勉強での「間違い」「できない」に、どう対処し…
  8. 指示は「ひとつずつ」ではなく「まとめて」する。

新着記事

PAGE TOP