ブログ

お正月だからこそ、できること

年が明けて、2018年になりました。

 

1年の計は、もう立てられましたでしょうか?

今年1年を、より有意義に過ごすために、ぜひ、1年を通してやりぬくことを決めてみましょう。

ご家族で、一人ひとりが、目標を持っていくことで、「目指す」姿勢を共有することができます。

 

1年の計だけではなく、

1年に1度のお正月だからこそ、

今、できることがあります。

 

 

お正月だから、できること

 

①遠方の親戚の方々と会う機会を活かす

年末年始のお休みを使って、遠方のご実家に帰省をされたり、親戚まわりをされる方も、いらっしゃるでしょう。

親族とのつながりを深めることができる貴重な機会です。

 

普段、なかなかお会いすることのない方に、

ご挨拶をしたり、お話をすることは、

小学校受験を考えても、口頭試問のための、良い経験になります。

 

口頭試問に限らず、

なかなかお会いすることのない方や、初めてお会いする方とコミュニケーションを取る

慣れない環境の中で、落ち着いて振る舞うことができる、ということは、

経験によって、培われることが大きいでしょう。

 

 

ぜひ、普段お会いすることのない方々と、積極的にお話をしてみましょう。

 

 

②ご家族でできる遊び・ゲームに取り組む

普段より、ゆったりとした時間を過ごせるお正月。

ご家族や、親戚の方々も含めてできる遊びをしてみるのは、いかがでしょうか。

 

・すごろく

・オセロ

・五目並べ

などに似せた問題が、ペーパーで出されることもあります。

 

また、トランプゲームのルールを理解して遊ぶことは、

行動観察や運動課題などをはじめ、すべての「お約束」を理解することにもつながります。

 

トランプゲームで言えば、

神経衰弱などは、「覚える」練習にもなります。

 

 

また、お正月ならではの遊び

・凧上げ

・コマ回し

・福笑い

・羽子板

なども経験できると、

季節のイベントとしての「お正月」の知識が、リアルな経験になります。

 

 

遊びとして楽しく取り組みながら

知らず知らずのうちに、受験にも活かされる能力が身につきます。

 

「まなび」を、いかに「あそび」にするか、

「あそび」を、いかに「まなび」に繋げるか、

今年も、変わらず追求していく課題です。

 

 

お正月の、いつもとは少し違った時間を、有意義に活かして、

楽しいお正月から、2018年を気持ちよくスタートさせましょう。

関連記事

  1. 思考力を高めるための習慣
  2. 「かぞえる」問題に正答するためのステップ③
  3. ペーパー問題の「まちがい」に対して、どのように対処すべきか
  4. どんな時でも「姿勢を整えられる」ということ
  5. 「答えがわからない。」 そんな時こそ、学びのゴールデンタイムです…
  6. 「かぞえる」問題に正答するためのステップ②
  7. 2019年も、始まっています。
  8. 小学校への、進学を控えている皆様へ

新着記事

PAGE TOP