ブログ

お子さまが「やりたくない」と言ったとき、どうすればいいか。

今日、明日と週末ですね。

 

都内のお天気は明日にかけて下り坂のようですが、

お出かけの際は、ぜひ防寒対策もお気をつけください。

 

 

 

今回は、ご家庭でお勉強をするときに、

お子さまが「やりたくない」と言ったとき、どうすれば良いか

について、書いていきます。

 

 

お子さまが「やりたくない」と言ったとき、どうすれば良いか。

 

お子さまが、「やりたくない〜」と言ったときに、どうしたら良いか、

これには、次の2つの立場があるでしょう。

 

やめるべき? or 続けるべき?

それぞれの立場について、その論拠・理由をいくつか挙げてみることにします。

 

「やめるべき」派の意見

 ・子どもが「やりたくない」と言っているのにやらせるのは、かわいそう。

 ・無理やり続けさせようとしたら、子どもが勉強を嫌いになってしまうかもしれない。

 ・「やりたくない」わが子を勉強に向かわせること自体が、むずかしい。

 

「続けるべき」派の意見

 ・子どもの「やりたくない」と言う意見を聞いていたら、いつまで経っても勉強が進まない。

 ・その日の予定を途中で投げ出すと「あきらめグセ」がついて良くない。

 ・やっていたら、そのうち楽しくなるかもしれない。

 

どちらの意見も、「確かに」と思う理由があります。

 

もちろん、お子さまの「やりたくない」のトーンによって、対応を変える必要もあるでしょうが、

私のスタンスは、こうです。

 

今している学習を、可能な限り、早めに切り上げる。

「やりたくない」と言っていることを続けさせることの、メリットよりもデメリットが大きいからです。

お勉強そのものを嫌いになってしまっては、元も子もありませんから。

 

 

ただし、その学習を切り上げる上でも、条件があります。

 

ただし、中途半端に終わらせない。

 

必ず、「ここまでやる」と(短縮したゴールを)決めて、そこまでは、終わらせるようにします。

 

・「やりたくない」と言ったからやめられた。

・なんでも「嫌だ」と言えば言うことを聞いてくれる。

となってしまうのも、考えものです。

 

幼稚園や保育園には、ルールがあるでしょう。小学校でも、ルールがあります。

いくら「嫌だ」と言っても、守らなければならないこともあります。

ご家庭にだって、お母さまやお父さまが決めた、守るべきご家庭のルールがあって、差し支えないでしょう。

 

お子さまが「歯磨きするのが嫌だ」と言ったからといって、

「無理やりさせるのはちょっと」と、そのままにするわけにはいきません。

 

同じように、「やりたくない」と言ったとしても、

最低限、やっておいた方が良いお勉強というのは存在するでしょう。

 

私は、幼児期の歯磨きと、ちょっとした勉強の習慣は、同じくらいに重要だと考えています。

今回の話題にしているお勉強についても、この「歯磨き」と同じレベルの勉強(量)のことを言っている、と考えてください。

具体的には、5〜10分の机に向かう習慣です。

決して、1時間や2時間、毎日机にかじりつきなさい、と言いたいわけではありません。

 

効果的な「ひとつのお勉強の終わらせ方」

 

たとえば、

ペーパー学習を3枚やろうと思っていたところ、

お子さまが、やりたくない風だったとします。

 

それであれば、

「じゃあ、今日は1枚にして、代わりに、ぬり絵でもしようか。」

といった提案をしてみるのは、いかがでしょうか。

 

まったくペーパーに取り組まなかった、というのではなく、

少しだけでも、ペーパー問題に取り組んだ、という形をとることが重要です。

 

ペーパー問題の中には、

たとえば、1枚のイラストに対して複数の問題があるものもあります。

はじめから取り組む予定が1枚だけだったとしても、

その中の問題を、全部やらずに1問だけ取り組んで、終わるというのでも構いません。

(なぜなら、お子さまにとってはその問題が1問なのか3問なのかは分からないからです。)

 

ペーパー課題にせよ、制作の取り組みについても、口頭試問のお話練習にしても、

「途中でやめになった」と思われないようにすることがポイントです。

 

あたかも、「ここまでで終わりとはじめから決まっていた」かのように、終わらせていきましょう。

 

そうすれば、

「途中でやめた」「あきらめた」といった印象を、お子さまが持たないですみます。

 

終わらせた最後は、

必ず、「よくできたね!」と、○(まる)で終わらせるようにします。

 

問題に正解したかどうか、ではなく、

やり切った姿勢を、ほめることが大切です。

 

 

そもそも「やりたくない」と言った理由は、なぜ?

無事に、その日の学習を終えることができた後で、

ひとつだけ、考えておきたいことがあります。

 

それは、お子さまが「やりたくない」と言った原因を、検証してみることです。

 

お子さまの「やりたくない」には、いろいろな原因があるでしょう。

・体調が優れなかった

・お外で遊びすぎて疲れていた

・睡眠不足で朝まだ目が覚めていない

・お腹が空いて集中できない

・お勉強をして怒られるのが嫌になっている

・………

 

仮説で構いません。

「やりたくない」の原因を考えてみて、

じゃあ「やりたい」となるのはどのようにすれば良いのだろう。

と、日々の学習活動についても検証してみることが大切です。

 

そうすることで、ご家庭での学習環境が、より磨かれていきます

 

幼児期の学習は「スモールステップ」を特に意識する。

幼児期の学習において必要なことのひとつとして、

幼児期は特に、「ひとつのことに長時間集中」することが難しい、ということがあげられます。

 

ご家庭での学習の活動もそうですが、

理想としては、10分〜15分程度で、ひとつの活動を終えて、次の活動に進めて行くのが良いでしょう。

 

仮に、たくさんのペーパーに取り組もう、という日でも、

ペーパーだけを60分、と言った取り組み方ではなく、

 

ペーパーを15分やったら、「ちぎり」を1つやってみる。

15分やったら、おやつの時間にする。

15分やったら、折り紙を折ってみる。

といったように、ペーパーの時間を細切れに設定することが大切です。

 

そして、少しの段階で(極論、1問ごとに)、「できた!」の瞬間をを大切にしていってあげてください。

 

もちろん、上記の例は、あくまでも1例です。

もし、ペーパー60分を目指していても、途中で、疲れてしまったようであれば、程よいところで気持ちよく切り上げることを、実践してみてください。

 

 

定期教室の生徒のみなさま、

冬休み期間中もご家庭学習に取り組むことになるでしょうが、

学習の分量や、具体的なお困りごとがあれば、

いつでも、お気軽にご相談ください。

 

教室は年明けまでありませんが、

いつでも、応援しています。

 

年中さん・年少さん向けの定期教室の詳細はこちらから。

 
 
体験レッスン受付中
対象:年中・年少
料金:3,000円
特典:図形センスを磨く「紙パズル」をプレゼントします!
 
 

体験レッスンの申込は
こちらです。←←

 

関連記事

  1. 明日の大泉・小金井講習も、楽しみです。
  2. お子さまの「成長」を、間近で感じています。
  3. 「小学校受験」は、どこにでも。
  4. 国立小受験の本番、「スタート前の過ごし方」についても、考えておき…
  5. 国立小受験において使用する「上履き」について
  6. 子どもと一緒に、成長する
  7. 本日は、クリスマスイブですね
  8. 効果的な声かけの方法とは

新着記事

PAGE TOP