ブログ

「数の問題」で必要な考え方

昨日は、定期教室、年長クラス第3回目の授業でした。

 

第3回のテーマは「求差」「数の多少」。

小学校で学習する「引き算」の土台となる考え方について、一緒に学習して行きました。

 

 

「6個のリンゴと、8個のミカン、どちらがいくつ多い?」

 

小学校受験は、先取り学習を前提としているものではありません

ですから授業の中でも、

「8−6=2」

という「引き算」の表現は、一度も使っていません。

 

引き算に限らず、「+,ー,×,÷」の四則演算をできるようにすることが、今の時期まだ必要とされていないからです。

むしろ、「計算問題」をバリバリとできるようにすることは、小学校受験において、回答する上での足かせになる可能性すらあります。

 

それだけではありません。

 

「計算力」だけを先行して身につけさせようとすると、

小学校受験に限らない就学前学習においても、

そして、小学校に上がった後の学習においても、

学習を積み重ねる上での、「大切なもの」を忘れてしまうことになるかもしれません。

 

 

今回の授業でも、

・「数のちがい」とは?

・「ミカンはリンゴより、2個おおいです。」ー意味を理解して表現できるか?

・ミカンとリンゴを1つずつ配ろうとした時に、「配れない2つのミカン」は何というの?

そういったことを、ひとつひとつ確認していきました。

 

大人の目からしたら、同じ「8−6」でも、

そこに含まれるたくさんの意味を理解して、お子さまと共有していくことが、のちの学習を定着させる、大きな基礎になります。

 

 

ゴールデンウィークも過ぎて、

教室の生徒の皆さんも、「話す」と「聞く」を、意識して区別することが、できるようになってきました。

 

積み重ねてきた、授業や講習、ご家庭での学習の成果が、

少しずつ、

でも着実に、

形になってきていて嬉しく思います。

 

お勉強をする上での「ルール」や「お約束」を意識しながら、

思いっきり、毎日のお勉強を楽しみ尽くしていってほしい!

 

そんな思いを胸に、次回の授業も企画をしてまいります。

関連記事

  1. 年の終わりに寄せて
  2. 新年、初の定期教室でした
  3. 2017年の講習、本日で終了いたしました。
  4. 小学校への、進学を控えている皆様へ
  5. 国立小学校合格勉強会(全2回)のご案内
  6. 勉強が楽しい!
  7. 今年度、受験を経験した皆さまへ
  8. 昨日は、国立小受験 定期教室の修了式でした

新着記事

PAGE TOP