ブログ

「成長」は、子どもためだけのものではない。

今日は、幼稚園での授業がありました。

 

授業が始まる前のちょっとした時間に、

年長さんのお子さまから、

「せんせい、何歳?」

と聞かれました。

 

こういう時、すぐに歳を答えるわけでもなく、

かといって、「いくつに見える?」などと野暮なことを聞くでもなく、

算数的な質問をして考えてもらう、ということをよく行います。

 

たとえば、30歳の時は、6歳のお子さまに対して、

「〇〇くんの5倍だよ。」

などと答えてみたりしていました。

(答えられることを意図していませんから、ちょっと、人が悪いですね。)

 

子どもたちは、それでも「20歳!」とか「46歳!」とか、

ときには「90歳!」などと、おふざけ半分で答えてくれたりもしますので、

「そしたら、藤田先生はおじいちゃんだね」などと言って、楽しくお話をしています。

 

 

今日は、この「せんせい何歳?」に対して、

「お父さんは何歳か知ってる?」と逆に質問をしてみました。

 

いくつか答えが返ってきたので、

「じゃあ、先生は、お父さんよりは年下だね。」という話をしたところ、

 

ひとりの女の子が、

「なんで先生はお父さんより年下なのに、そんなに背が高いの?」

と、聞いてきました。

 

 

「それはね、」とお話をしようと思いましたが、

ちょうどお勉強の時間が始まるところだったので、お話はそれまでになってしまいました。

 

 

年々、というよりむしろ日に日に成長していっている子どもの視点からすると、

「年齢が高いほど、背も高くなるもの」

という感覚もあるのだろうな、と感じました。

 

1年、2年という期間、お子さまと関わらせていただいていると、

身体も心も、どんどん成長していく様子に、立ち会うことができます。

 

 

昨日より今日、

今日より明日、

 

そんな、成長をしていくイメージを持ちながら、日々の活動をしていける幼少期は、

そのイメージ通り、どんどんと、成長をしていくことができる時期でもあります。

 

 

大人になると、身体的な成長は、ほとんどストップしてしまいます。

ですが、そんな中でも、

内面的には、年々、成長を重ねている実感を持てるように、

学びを積み重ねていきたいものです。

 

 

常に、発展途上であり続け、学びや成長に関して「現役」であり続けることが、

めざましい成長をとげているお子さまたちと向き合っていく上での、「責任」かなとも感じています。

 

 

お子さまたちと、楽しく学ぶ時間の作り方について、

その「極み」は無いのでしょうが、

少しでも、子どもたちの心に残る授業、学びが身に付く授業の時間をお届けできるように、

私自信、学び続け、成長していきます。

 

 

定期教室のお子さまと一緒に

また、お父さま、お母さまとも一緒に、

受験本番がくるその時まで、「たくさん成長できたな」と感じられるような日々を、過ごしていけたら嬉しいな、と思っています。

 

 

 

年中さん・年少さん向けの定期教室の詳細はこちらから。

 
 
体験レッスン受付中
対象:年中・年少
料金:3,000円
特典:図形センスを磨く「紙パズル」をプレゼントします!
 
 

体験レッスンの申込は
こちらです。←←

 

関連記事

  1. 年の終わりに寄せて
  2. 明日10/12より、お茶の水女子大学附属小学校の対策講座のお申し…
  3. 7月12日の行動観察・運動講座の詳細が決定いたしました。
  4. 「姿勢を整える」ために必要な力の身につけ方
  5. 国立小学校の受験で出題されるペーパー課題「積み木の計数」の解き方…
  6. 国立小受験 運動課題の対策において、忘れがちだけど重要なこと。
  7. 今年の定期教室、「授業納め」でした。
  8. 東京学芸大学附属大泉小学校・小金井小学校・世田谷小学校の説明会に…

新着記事

PAGE TOP