イベント

「国立小学校」ってどんなところ? ホームページを覗いてみよう!

(c)こどもイラスト図鑑

「国立小学校」とは、どんなところであることかを知る

【学校のHPをお気に入りに入れる】

国立小は、積極的に情報を公開することはしません。

なので、いつも「ホームページ」を、確認する習慣を身につけておくことが大切です。

「学校説明会の日時」も、「考査の日程」も、全てが、「ホームページ」を通して発表されます。

不明な点があっても、災害等の緊急時であっても、電話での問い合わせには答えてくれません。

「説明会当日が、台風だったら、どうするべきか?」

「願書提出日が、台風だったら、どうすべきか?」

これらは、近年、実際にあったことです。

説明会は、1日後に延期されましたし、提出日は、決行されました。

いずれも、ホームページ上に、決定事項が掲載されました。

また、HP上には、事務的な連絡事項以外でも、各校の特色がよくわかる情報が満載です。

【各校のHPをのぞいてみると】

小金井小の「教育活動」が、書かれているものに目を通すと、「運動会」や、「合宿」の内容が、写真を通して掲載されていますから、「我が子も、いずれは、ここで、こんなふうに…」と、モチベーションも上がるというものです。

大泉小の「教育活動の紹介」には、「生活団活動」のことが掲載されています。

生活団とは、1年生から6年生まで、縦のつながりで構成されたグループです。

大泉小は、各種行事においても、この縦のつながりを大切にしています。

遠足も縦割り、運動会も縦割りです。

入学された方々からの、「評価」、「評判」が、ものすごく高い活動ですので、大泉志望の方々は、是非とも、見ておくことをお勧めします。

「歌にかこまれた学校」という箇所も素晴らしいですね。

世田谷小のHP上に記載されている「本校存在の意義」では、「教育内容については、公立学校と大きく変わるものではありません」という一文が入っているのが、印象的です。

竹早小には、「竹の子タイム」というものがあるそうです。

自分の好きなことに取り組む時間を、4年生以上に隔週で100分も取っています。                         活動は、一人で行ってもいいようです。

お茶の水小のホームページが、大変優れているのは、毎年行われている「学校説明会」での「質疑応答」を載せている点です。

質問されたほぼすべてのことが掲載されています。

試験で出る内容以外は、かなりきちんと真摯に答えてくれています。

筑波小は、かちっとしていて、確かに情報はのっているのだけれど、学校での生活がわかるような箇所がそんなにないのが残念です。

説明会自体もなく、考査日当日まで、ほとんどの情報が非公開に近い状態です。

いずれにしましても、「ホームページで常に確認」→「募集要項を手に入れ、1字1句逃さず、穴が開くほど見る、読む」、「学校説明会で、しっかりとメモを取る」が、国立における、情報入手の王道です。

<情報はよくよく吟味する>

紙媒体、或いはインターネット、そして何よりも噂やイメージなどの情報で気をつけるべきことがあります。

それは、情報は、鵜呑みにしてはいけないという事です。

何故でしょうか?

それは、国立小は年々、「変化している点」があるからです。

年度ごとの小金井小の募集要項をきちんと見ると、受験できる範囲が違っていることがあります。(増えていることがあります)

また、少し古い情報を引っ張ってきてしまいますと、竹早小の試験課題には、「親子課題」がないことになってしまいます。

さらに、お茶の水小の項目で、「ペーパーレス」という言葉だけを、取り上げてしまうと、あたかも、「ペーパー学習」はやる必要がないと、なってしまいます。

筑波小における、「行事やPTAへの参加比重が、公立や私立よりも高いらしい」というイメージ自体は、正解です。

しかし、筑波小の「PTAの役員の中で、取り仕切る立場の方々は、お母さまよりもお父さまの方が圧倒的に多い」という事実までは、あまり知られていません。

各校の諸経費でさえも、年によって違うことがあります。

募集定員だって、変わることもあります。

情報は、よくよく吟味します。

そして、情報は、「量」ではありません。

「質」です。

必要な情報だけを集めましょう。

情報を収集するという行為は、「受験に対する心理的不安」を、軽減するという側面も持ち合わせています。

ですが、情報が多くなりすぎ、どれが本当かわからなくなり、不安感が増すようになってしまったら、本末転倒です。

情報が多くなるにつれて、不安感が増すようなら、その収集の仕方は、間違っているのかもしれません。

必要な情報なのか、不必要な情報なのかがわからなくなってしまったら、必ず専門家に尋ねることをお勧めします。

国立小学校合格に特化した専門家が行う

「国立小学校合格勉強会」のお知らせ

-勉強会の日程-
3月21日(火)「東京学芸大学附属小金井小学校 合格勉強会」
4月2日(日) 「東京学芸大学附属世田谷小学校 合格勉強会」

4月中旬 「筑波大学附属小学校 合格勉強会」

4月中旬 「お茶の水女子大学附属小学校&東京学芸大学附属竹早小学校 合格勉強会」 

※お申し込み方法に関しましては、追ってブログにて発表させていただきます。

関連記事

  1. 電車の中では、なぜ、大きな声を出したり走り回ったりしてはいけない…
  2. ペーパー学習を始めるにあたって、知っておくべき5項目
  3. 不安な気持ちを感じた時の対処法
  4. 話は「目と耳で聞く」 すごい! 凄すぎる! 筑波大学附属小学校の…
  5. ありがとうございます! 3月6日 国立小学校合格勉強会 満席にな…
  6. 小さな工夫が、大きな結果の違いを生み出す 国立小学校受験 お話の…
  7. これは凄い!!東京学芸大学附属世田谷小学校の沼田晶弘先生
  8. マルチタスクを疑え!! 子どもの前で、敢えて、控えること

新着記事

  1. 謝罪文

PAGE TOP