ブログ

「世田谷式その場ケンケン&ケンパー」公開します!!

「世田谷式その場ケンケン&ケンパー」公開します!!

 

【意外と把握していない子どもの運動能力】

保護者の方々が思っているお子さまの運動能力と、実際のお子さまの運動能力とでは、大きな隔たりがある「運動課題」があります。

何だかわかりますか?

それは、「ケンケン&ケンパー」です。

 

【右足、左足、どちらの足でも「ケンケン」および「ケンパー」ができますか?】

小学校受験における「運動課題」には、実に様々なものがあります。

くまあるき、鉄棒、ボール突き、マット運動、かけっこなど、多種多様です。

それらの中で、私立と国立併せて1番出題頻度が高いもの。

何だかわかりますか?

これも「ケンケン&ケンパー」です。

「ケンケン&ケンパー」は、どうしても得意な方の足ばかりで練習をしてしまいますが、必ずどちらの足でも行えるようにしてください。

 

【ケンケン&ケンパーのコツ】

〇地面についている足

⇒つま先で行うことを意識します。

〇上げる方の足は

膝からあげるようにします。

 

〇背中が丸くならないようにすることも肝心。

〇視線は、真下を見てはいけません。少し前を見ます。                                 

 

 

【「運動」は⇒「やるしかありません」】

いくら頭でコツを理解しても、体で覚えなければ意味がありません。

コツはあくまでもコツ。

大事なのは、やっていく中で、だんだんとコツを掴んでいくことです。

ある一定の量を超えないと、決して上手にならない⇒それが運動です。

 

【晴れた休日は、公園に行こう!!】

晴れた日曜日は、公園にいきましょう。

まずは、直線を引いて、その上をケンケン&ケンパーです。右足の次は左足どちらもできるようになりましょう。

次に地面に○をかいてケンケン&ケンパーです。                           ○の間隔を変えて何度も行ってみましょう。

 

手拍子のリズムにあわせて跳ぶのもお勧めです。

 

【世田谷小で行われる=その場ケンケン、「その場でケンパー」】

先ほどの公園で行ったものは、お茶の水小、大泉小、小金井小で過去に何度も何度も出題されています。

世田谷小でも毎年「ケンケン、ケンパー」が出題されます。しかし、そのやり方はかなり変わっています。

 

その場でケンケンを行います。

その場でケンパーを行います。

前に進むことなく、上下の動きのみです。

ふらつくことなく、リズムを重視しながら行います。

【お勉強の合間に行ってみましょう】

「その場でケンケン」、「その場でケンパー」は、お部屋の中でできます。

お勉強の合間に行いましょう。

ここで、背中を丸めないことに注意したり、つま先で行うことを意識しましょう。

お母さまとお子さまが両手をつないで行う「グルグルケンケン」もお勧めです。

やらなければ何も始まりません。

まずは、やってみましょう。

その成果を、「運動講座」で試してみてはいかがでしょうか?

練習⇒講座⇒練習⇒講座のサイクルで本番に挑みましょう。

「世田谷式その場ケンケン」

「世田谷式その場ケンパー」

これらのやり方が学びたい方は、5月28日のスケジュールを今から開けておいてください。

三軒茶屋で、神山がお子さまに直接指導します。

お父さま、お母さまも、是非ともやり方をおぼえて帰ってください

詳細の発表は、今後のブログを通して行います。

神山眞

 

関連記事

  1. 国立小学校合格の決め手 それは、口頭試問と行動観察
  2. 「あー…また、叱ってしまった…」と、自己嫌悪に陥っているあなたへ…
  3. 最高の贈り物は静けさ
  4. 4月2日開催「東京学芸大学附属世田谷小合格勉強会」の残席が「4」…
  5. 国立小学校合格 結果を出す人 出さない人 何が違うの?
  6. 国立小学校の運動課題は何を見ている? 技術? 体力? それともの…
  7. ついに開催! 第一回 国立小学校合格勉強会 詳細発表
  8. お話の内容理解で満点を取る方法Ⅰ

新着記事

PAGE TOP