ブログ

「はやい」と「きれい」、どっちが大事?

学習を進めていく上での、「2つの基準」

 

ペーパー学習を進めていく上で、気をつけていきたい基準が、ふたつあります。

 

問題を解いていく「はやさ」と、

答えを書いていく「きれいさ」です。

 

これらの2つは、

「あっちが立てばこっちが立たない」、いわゆるトレードオフの関係にあります。

 

きれいさを追求したら、どうしても時間がかかって制限時間に間に合わない。

かといって、スピード重視だと、回答が雑で、間違いも多くなってしまう……。

小学校受験に限らず、学習をしていくと、必ずといってよいほど、このジレンマに直面します。

 

 

「はやさ」と「きれいさ(正確さ)」、どちらを重視していけば良いのでしょうか。

 

もちろん程度の問題もありますが、まず意識すべきなのは「きれいさ」です。

 

なぜなら、「遅いけど、きれい」のスピードを、後からあげていくことは可能ですが、

「早いけど、雑」というのは、なかなか、修正が難しいからです。

 

小中高と進んでも、試験での「ケアレスミス」に、大いに足を引っ張られるケースは、珍しくありません。

幼少期からの心がけが、今後も大きく活きてきます。

 

また、スピードを意識しすぎるあまりに、

「早く答えなきゃ!」と、回答が「当てっこゲーム」みたいになってしまっては、

理解や定着を積み上げていく、学習の本来の効果が、ほとんど失われてしまいます。

 

 

そして、

「きれいに作業をする」というのは、ペーパー試験だけでなく、

制作や行動観察など、他の課題にとっても、重要なチェックポイントです。

 

 

ですから、まずは、

「きれいにできる」ということに重きを置いていくと良いでしょう。

 

感覚的なことなので厳密に数値化することはできませんが、

「スピード」:「きれいさ」=3:7ないしは2:8、

くらいのイメージでしょうか。

 

 

もちろん、「時間なんて気にしなくていい」というわけでもないですから、

試験が近づいてくるにしたがって、徐々に、試験に照準を合わせた「制限時間」を意識しながら取り組む機会を、増やしていきます。

 

「スピードを上げていっても、落ち着いて回答できる」状態が、目指す理想形です。

 

まずは、「ていねいに回答できる」クセを、身につけていきましょう。

関連記事

  1. すべてのお勉強に共通する「土台」とは。
  2. あなたは「失敗」にどのような意味づけをしていますか?
  3. 「ここで差がつく」学習方法①〜知識の体系化〜
  4. 制作にもかかわる「ぬる」課題で気をつけること
  5. 繰り返しが、「当たり前」への最短ルート
  6. お正月だからこそ、できること
  7. 2019年も、始まっています。
  8. 「数の問題」で必要な考え方

新着記事

PAGE TOP