ブログ

「かぞえる」問題に正答するためのステップ③

今日は、国立小学校受験 定期教室でした。

回を追うごとに、「お話を聞く」姿勢が、どんどんとステキになってきていたり、

素晴らしい「はい」のお返事ができていたりと、たくさん、成長を実感しました。

 

お教室に来るたびに、どんどん成長していくお子さまたちと、楽しいお勉強の時間をご一緒できることに、心から、感謝しております。

 

 

さて、今回も、前回に引き続き、「かぞえる(計数)」問題に正答するためのステップについてご紹介します。

 

設問の意味を聞いて、正しく理解して、

描かれているものの数を、もれなく、重複なく数えられた、

その次のステップが、今日のテーマです。

 

計数問題のステップ③:かぞえた数と同じだけの○を書く。

 

計数の問題では、絵のものを数えた後に、「その数だけ、下のお部屋に○をかく」といった作業があります。

(○以外にも、△や×をかく場合や、マス目やおはじきの絵に○をつける場合もあるでしょう。)

 

絵に描かれているものの数を、正しく数えられていたようなのに、

お部屋に○をかく段階で、

「○○○○○○……」と、延々と○を書き続けてしまう

といった現象を、目の当たりにしたことがあるかもしれません。

 

この原因として考えられるのは、

「設問を、正しく理解できていなかった(あるいは、忘れてしまった)」という可能性と

「かぞえた数が、いくつだったか忘れてしまった」という可能性の、

大きく2つがあります。

 

前者については、ステップ①で確認した、「問題の内容を説明してもらう」方法で、確認と対策ができるので、

今回は、後者の「かぞえた数を忘れてしまう」という場合について、考えていきたいと思います。

 

 

「かぞえた数を忘れてしまう」という場合の対処法

せっかく、いくつあるかを数えたはずなのに、その数を忘れてしまったら、

何回かぞえても、答えまでたどり着かない、ということになります。

 

かぞえた数の分だけ、正確に○をかくことができるようにするためには、反対に、

「かぞえた数を、一時的に記憶にとどめる」ことができている必要があるのです。

 

かぞえた数を、記憶しておく(意識を高める)ためには、日常の「かぞえる」お勉強の中で、ちょっとした工夫が必要です。

かぞえた数を記憶に止めるための工夫を、2つ、ご紹介します。

 

 

「かぞえた数を、一時的に記憶にとどめる」ための工夫①かぞえた数を「いくつだった?」と聞くときに、少し時間をあける

 

ペーパーでも、具体物でも構いません。

例えば、「りんごはいくつありますか?」と問題を出して、4つのリンゴを、かぞえてもらったとします。

 

かぞえ終わったときに、間髪いれずに、「いくつだった?」と聞くと(あるいは、聞いていなくても)、

「1、2、3、4、4つ!」といったリズムで、お返事が返ってきます。

これでは、数を、一時的に記憶にとどめるためのトレーニングにはなりません。

 

「いくつあるか、後で聞くから、かぞえてもまだ言わないでね」と前置きをしておいて、

「1、2、3、4」とかぞえてもらった後、

「じゃあ、いくつあったか聞くから教えてね。(少しの間)りんごは、いくつでしたか?」と聞くようにします。

 

こうすることで、

お子さまは、かぞえた「4つ」を、答えるまでの間、覚えておこう、とします。

 

かぞえてから、「いくつ」を答えるまでは、5〜10秒くらいの間があれば十分です。

答えるまで、少し時間をあけて答えてもらうことで、かぞえた数を覚えておく意識は、どんどん向上していきます

 

 

「かぞえた数を、一時的に記憶にとどめる」ための工夫②かぞえ直せないものについて数える

 

数を、しっかり記憶する意識を高めるための方法、ふたつめは、

「目の前に、かぞえるものが残らないものを数える」という方法です。

 

ペーパーに描かれている絵であったり、目の前にある具体物だと、

「いくつだったか分からなくなってしまった」としても、もう一度、数えなおすことが可能です。

 

ですが、「もう一度、かぞえ直すことができない」ようなものもあります。

 

具体例をあげたほうがわかりやすいですね。

それは例えば、

・手を叩いた音

・目の前を通り過ぎるもの(例えば、道路を走る車や、電車の車両など)

といったものです。

 

これらは、数えたそばから消えてしまうので、「一回で、しっかりと数えて、数を覚えてないといけない」という意識が、より強く働きます。

 

 

上記の①と②を組み合わせたトレーニングとして

「音の計数」という方法があります。

 

「何回、手を叩いたか数えて、答えてください。」

(パン・パン・パン・パン・パン、少しの間)「いくつ叩きましたか?」

といったように、数える問題をゲーム感覚でおこなうことで、

ペーパー問題とは違った角度から、「数える」力を身につけることができていきます。

 

 

「数える(計数)」問題について、3つのステップに分けて「つまずきポイント」をご紹介しました。

1日で、全てをマスターすることはできなくても、つまずいているポイントを意識しながら演習を繰り返すことで、より、スムーズに学びを身につけることができるはずです。

 

ぜひ、「どこでつまずいているか」についても確認しながら、

ご家庭での学習も、無理なく進めていってください。

関連記事

  1. 「かぞえる」問題に正答するためのステップ②
  2. 思考力を高めるための習慣
  3. 「お手伝い」のススメ。〜お子さまの成長を加速させるために〜
  4. 子どもと一緒に、成長する
  5. 完璧主義は身を滅ぼす
  6. 幸せな「受験」を企画するために。
  7. ご自宅でもやってみましょう!「説明するお勉強」
  8. ペーパーを前にしなくても、学習はできる

新着記事

PAGE TOP