イベント

「いたずらをする子」、「悪さをする子」、「言うことを聞かない子」は宝

お知らせです

 

1週間後の8月9日(水)の、「ペーパー千本ノック講座」、キャンセルの方がいらっしゃいましたので、1席、ご希望の方にご用意できます。

「我こそは!!」という方がいましたら、地球丸のHP「お申込みフォーム」からお願いします。

はっきり言って、物凄くよい講座です。

私も見学させていただきました。

感想は、たったの一つ

「かなわない!!」です。

藤田先生の実力に脱帽です。

「是非とも、一度は受けていただきたい!!」

そんな授業です。

 

 

 

 

それでは、本題です。

 

 

「いたずらをする子」、「悪さをする子」、「言うことを聞かない子」は宝

悪戯をしてくれる我が子

悪さをしてくれる我が子

言うことを聞かない我が子

何度言ってもわかってくれない我が子

これらの子は、宝です

 

 

日々生活していると

自分の力だけではどうにもならないことに遭遇します

人によって、それは、

 

近しい人を失うことだったり

親の介護だったり

ご自分の体調だったり

対人関係だったり

仕事での行き詰まりだったりします

 

 

すると、たちまち

無力感に苛まされ

元気を失い

気分は沈み

思いは、現実からゆっくりと離れていき

ただ一点、心の内側にある悲しみだけに向かいます

そんな時に

そんな時なのに

そんな時でさえ

我が子が、いつも通りに、悪さをします

いつも通りの悪戯をします

要求を突き付けてきます

それに対して

「こんな時くらいちゃんとしてほしい」と思い

怒ります

叱ります

大声を張り上げます

すると…

意識が、悲しみから離れ

現実の世界へと戻っていきます

自分の中に元気が宿ります

失いかけていた気力が呼び起こされます

 

子どもたちは、いつでも、私たちの味方です

「悲しんでばかりもいられないな」

そう思わせてくれるからです

子どもたちは、親の悲しむ姿を見ると

「こんな時だからこそ」

「ちゃんとしないで」

「いつも通り」でいることの大切さを思い出させてくれます

そうやって

子どもたちは、いつでも、正しい道も進むべき道も教えてくれます

ストレートに教えてくれる子もいるし

婉曲的に、様々な形をとって教えてくれる子もいます

いずれにしても、ありがたいことですね

関連記事

  1. 不安な気持ちを感じた時の対処法
  2. 国立小学校合格 結果を出す人 出さない人 何が違うの?
  3. これは凄い!!東京学芸大学附属世田谷小学校の沼田晶弘先生
  4. ついに発表!「9月の日程」
  5. 国立小学校受験 思わぬ落とし穴
  6. ペーパー学習を始めるにあたって、知っておくべき5項目
  7. 離す
  8. 本日1時間後の10時からお申し込みの受け付けを開始します

新着記事

PAGE TOP